ここから本文です

書庫全体表示

妙高シジミ

naoggioさんと町田のSさんの3人で、俗に妙高シジミと言われるアサマシジミの撮影に出かけました。

各所で個体数が減少しており、絶滅が危惧される希少種。
長野県内の各所で採取が禁止されています。

鹿の食害や宅地開発などの環境変化に加え採集圧もあって急激に個体数が減ってしまうのだと思います。
採集禁止になったのは嬉しいことですが、環境改善も進んでほしいものです。


朝8時前にポイント到着。
ちらちらと飛んでいるのはヒメシジミ。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/6/24拡大表示できます)
イメージ 1





ほどなくSさんがアサマシジミを見つけてくれた。
かなり青い個体、少しスレているのが悔やまれます。

イメージ 2





この後、ヒメシジミ♀の隣に並ぶように止まったので、魚眼で撮影。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
イメージ 3





もう少し大きく撮りたかったので、標準ズームでも。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mmF2.8] 
イメージ 4





このタイミングでカーコとダンナのお出かけ写真のご夫妻がお見えになり、楽しい撮影会となりました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII]
イメージ 5





イメージ 6





イメージ 7





OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mmF2.8] 
イメージ 13





妙高にしては青が少ない個体が私のレンズに止まり、ストローを伸ばしている。
身近に止まってくれるのは嬉しいが、レンズに湿気が付いていることに気づかされた。帰ったらしっかり手入れしなければ・・・

イメージ 8





その後飛び立ち私の左手に。
フレンドリーな個体です。

TG-4
イメージ 9






イメージ 10





少し玉ボケを入れて。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mmF2.8] 
イメージ 11





折角なので、カーコさんバックで。

イメージ 12





7D MarkII [EF 300mmF2.8LII]
イメージ 14





ようやく食草のエビラフジで吸蜜を始めてくれた。

イメージ 15






イメージ 16





イメージ 17




青い部分は小さいが、かなり新鮮な個体。

イメージ 18







イメージ 19





ヒメシジミも新鮮個体はとても綺麗だ。

イメージ 20





ヒメシジミの後尾かと思ったら、♂頭がカヤの葉の裏表で休憩していた。そこに別の♂が接近するという面白い場面もあった。

イメージ 25





白帯の発達したヒメシジミ♀の裏翅もなかなかいいですね。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 12-40mmF2.8] 
イメージ 24





♀が3頭 エビラフジで吸蜜していた。
そのうちの1頭が、これぞ妙高という前翅のオレンジ帯が発達した見事な個体だった。

イメージ 21






イメージ 22





この綺麗なメスを撮影するnaoggioさんをバックに、その上で吸蜜している前翅オレンジ帯が小さい個体を魚眼で。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
イメージ 23





この記事に

  • 顔アイコン

    ヒメシジミもアサマシジミもきれいな個体で、撮影の時にはテンションが上がったのではないでしょうか。
    赤紋のきれいなアサマとそれほど強くはないアサマの位置関係がよくわかりました。
    何とも贅沢な撮影ですね。
    レンズに止まったアサマシジミも面白いですが、それでレンズの湿気を考えられるとは、私なら気にもしないところですが、機材を大切にされているのが伝わってきました。 削除

    [ ダンダラ ]

    2017/6/26(月) 午後 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    美麗アサマシジミ満喫、おめでとうございます。
    やはり、ヒメシジミとは一線を画しますね(*^_^*)。
    新鮮エビラフジとの組み合わせ、画になりますね...ウットリ〜!! 削除

    [ midori ]

    2017/6/26(月) 午後 8:47

    返信する
  • 顔アイコン

    この蝶は、切手になった蝶でしょうか?
    たしかに、採集圧対策も大切ですが
    環境保全の方が大事ですよね。
    オレンジの鮮やかさが目に飛び込みました。
    食草は、アサマシジミの食草に似ているんですね。

    [ sip***** ]

    2017/6/26(月) 午後 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    その節はお疲れ様でした。またいつもながら大変お世話になりました。
    この日はどういう訳か新鮮なオスに巡り会えませんでしたね。
    でもオレンジ斑大サービスのメスが撮影できただけでも行った甲斐がありました。
    3枚目の魚眼、なかなかいいですね。
    最近キャノン持ち歩いていないので使っていませんでしたがまた試してみたくなりました。 削除

    [ naojjio ]

    2017/6/27(火) 午後 8:35

    返信する
  • 顔アイコン

    ダンダラさん
    妙高シジミは5年ぶり、♂はちょっとスレてましたが、♀は素晴らしかったです。ギフもそうですが、場所場所で変化のあるアサマも面白いですね。

    Akakokko

    2017/6/28(水) 午後 10:15

    返信する
  • 顔アイコン

    midoriさん
    ヒメシジミも綺麗ですが、アサマの水色は違った美しさですよね。
    エビラフジ吸蜜は初撮だったので、嬉しかったです。

    Akakokko

    2017/6/28(水) 午後 10:16

    返信する
  • 顔アイコン

    Sippoさん
    昨年、ヤリガダケシジミが山の日の切手に採用されていたんですね。
    知りませんでした。
    一番青いと言われるヤリガダケも見て見たいです。

    Akakokko

    2017/6/28(水) 午後 10:19

    返信する
  • 顔アイコン

    naoggioさん
    毎度、お誘いありがとうございます。
    あの♀はすごかったですね。
    本当に行った甲斐がありました。
    おとなしい蝶なので魚眼も狙いやすいですね。
    今回持って行って正解でした。

    Akakokko

    2017/6/28(水) 午後 10:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事