ここから本文です

書庫全体表示

東信遠征

今回は、いつものお二人(naoggioさんSさん)と東信へ。
千葉のNさんとの合流ポイントに着くと、あきる野のKさんと川崎のMさんも来られていた。
圏央道であきる野市を通り過ぎる時、ふとKさんはどこに出かけているのだろうとなんて思っていたので、びっくり。

さっそく5人でゼフポイントへ。
朝7時直前、青空に月が綺麗に輝いていた。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/7/15拡大表示できます)
イメージ 1





ゴイシシジミがたくさん飛んでいるが、コナラやミズナラをたたみるも、飛び出すゼフはなし。

イメージ 2





もしかしてフライング?なんて思っていたが、30分後、Mさんがアイノの卍を見つけてくれた。
ちらちらと輝くグリーンが期待を膨らませる。

イメージ 3




ところが、モニタで拡大表示して確認したアイノは、すでにボロボロだった。orz

イメージ 4




この卍が終わるとまたゴイシだけの世界に。orz
そこへ舞い降りて来たアカシジミは、まだピカピカの個体だった。

イメージ 5





するとすぐにアイノも現れた。
先の卍のスレた個体ではなく、そこそこ綺麗な個体。

イメージ 6




日が陰るといなくなり、陽射しとともに戻ってくるアイノ。

イメージ 7





イメージ 8





アイノがなかなか出て来なくなった時、Nさんがミヤマカラスアゲハを発見。それは、綺麗な♂だった。

イメージ 9




アイノが撮れたので、コヒョウモンモドキのポイントへ移動。
そこにカーコご夫妻浅間の煙さんがお見えになられた。

年々個体数の減少が危惧されるコヒョウモンモドキ。私としては、昨年は1頭も見つけることができなかったが、今回は♂ばかりだが、綺麗な個体をたくさん確認することができて嬉しかった。

イメージ 10




イメージ 11




そこそこ撮影して戻ってきたら、naoggioさんの車のタイヤにも止まっていた。

イメージ 12





同じ場所にいるコヒョウモン。
サイズも色もモドキと似ている。

イメージ 13





次のポイントへ行こうと車に乗り込んだ時、外からSさんが「ウラジャノメがいる」と教えてくれた。
ウラジャノメは久しぶりの撮影。
コヒョウモンモドキに続き、思わぬ美蝶の出現で、嬉しさ倍増。

イメージ 14




イメージ 16




ウラジャとテリ争いしていたのは、ヒメキマダラヒカゲ。

イメージ 15





次のポイントへ移動。
途中、これまた久しぶりのシータテハに遭遇。

イメージ 17





そして目的の高山蝶、ミヤマシロチョウも登場。
この蝶も美しい蝶ですね。

イメージ 18





イメージ 19




綺麗なフタスジチョウも飛んでいた。

イメージ 20





もう一つの高山蝶、ミヤマモンキを探そうと場所を移動している時、ボロボロだが元気な蝶を見つけた。
ヒメキマダラモドキだろうか?
妙にたくましさを感じてしまう。

イメージ 21




ミヤマモンキは、naoggioさんが見つけてくれた。
やっと止まったと思いファインダを向けたら、産卵するところだった。

イメージ 22




短い時間で卵を産み付け、すぐに飛び立つ。
マクロレンズを車に置いて来たので、卵はTG-4で撮影。

イメージ 23





その後、産卵に疲れたのか、休憩モードに入った。

イメージ 24




目的の蝶が撮影できたので3人でオオムラサキのポイントへ移動。

そこは、いかにもオオムラサキが集まりそうな大きなクヌギ林だが、林の中を進めど蝶影がない。
どうしたものかと思っていたら、naoggioさんがヒメジョオンにとまるミヤマカラスアゲハを見つけた。

イメージ 25




これも思いもよらぬ出会いであった。

イメージ 26




車に戻る途中、クヌギの木を旋回するオオムラサキを発見。
さっきは見過ごしたのか、よく見るとそこそこの数が飛んでいる。
なかなか下に降りて来ない。
一瞬だけ、下に来たところを連射して、なんとか証拠写真は撮ることができた。

イメージ 27





ゼフもいるだろうと、Sさんが林を叩いたらウラミスジが1頭飛び出した。

イメージ 28





後はウラナミアカシジミとミズイロオナガが1頭ずつ。
他には出て来なかったので、本日最後のポイントへ移動。

Sさん、naoggioさんによると、そこでは昨年は1頭しか確認なかったというアサマシジミのポイント。
Sさんの探索で♂♀数頭確認できた。
♂は撮影できなかったが、綺麗な♀は撮ることができた。

イメージ 29





イメージ 30





今回も大満足な遠征になりました。
Sさん、naoggioさん初め、みなさん 大変お世話になりました。

この記事に

  • 顔アイコン

    いやいやお疲れ様でした。また色々とお世話になりました。
    こうしてみると1日で本当に色々な蝶を撮影できていますね。
    しかも大関クラスがごろごろ。やはり面白いコースですね。
    ミヤマカラスシジミがとても綺麗に撮れていてびっくりしました。
    ダイセンもけっこう綺麗な個体だったんですね。早く駆けつければ良かったです(笑)。
    キマダラモドキが見られなかったのはちょっと心配です。 削除

    [ naoggio ]

    2017/7/18(火) 午前 4:38

    返信する
  • 顔アイコン

    素晴らしい遠征になりましたね。このルートは、毎年行きたく
    なりますよね(*^_^*)。クリソ“アイノ”、この向き堪りませんね。
    モドキ・ミヤマシロ・モンキと、絶滅危惧種だらけですね。こりゃ、
    興奮しますね。とりが、アサマシジミとは...贅沢ツアーでした、ね(*^_^*)!! 削除

    [ midori ]

    2017/7/18(火) 午後 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    naoggioさん
    いつもお世話になってます。
    この日は、本当に盛りだくさんで、成果の多い遠征でしたね。
    こんなに貴重な蝶を撮影できたのもnaoggioさんやSさんのお陰です。

    Akakokko

    2017/7/18(火) 午後 9:09

    返信する
  • 顔アイコン

    midoriさん
    今年は一緒に行けなくて残念。
    今回は成果が多くて大満足な東信遠征でした。
    特にモドキがピカピカで感激しました。

    Akakokko

    2017/7/18(火) 午後 9:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事