全体表示

[ リスト ]

西信のゼフ

前々回にアップしたキマダラルリツバメの出待ち前のゼフです。

最初に出て来たのはウラミスジ。
意外と敏感で、下草に降りた場所に駆けつけ、撮影しようとすると飛び立つ。何度かそれを繰り返し、なんとか撮影することができました。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/7/8拡大表示できます)
イメージ 1




喉が渇いていたのか、葉っぱを舐め回すような姿が・・・

イメージ 2





柏の木から舞い降りた個体。
Sさんはハヤシではないかとのことだが、naoggioさんの最終判定はジョウザン。

イメージ 3




後翅の黄斑の分裂具合はハヤシのようであり、中室外側の帯斑がジョウザンのようであり、判定に悩むところです。

イメージ 4




どちらなんでしょうね。

イメージ 5




すぐ近くにいた別個体。
後翅の黄斑がU型なのでジョウザンのようだが、尾の短さはエゾよう。naoggioさんの判定は、エゾでした。

イメージ 6




これもどちらなんでしょうね。

イメージ 7




これは、1〜2枚目と同じ個体。

イメージ 8





少し離れた場所で、ジョウザンのテリ張りが始まりました。

イメージ 9





イメージ 10





イメージ 11





イメージ 12




ジョウザンの卍は初めて見ましたが、流れるのが早くファインダーに入れるのが一苦労。
もう少し同じ場所でクルクルしてくれればいいのにと思いながら、必死でレンズを向けながらマニュアルでピント合わせ。
ビシッとはいきませんが、連射のおかげで何枚か写ってました。

イメージ 13





イメージ 14




イメージ 15





イメージ 16




イメージ 17




これはハヤシ?それともジョウザン?

イメージ 18




ジョウザンのテリ張りが終わった後、同じ場所でエゾがテリ張りを始めた。
後翅の黄斑が繋がっており尾が短いので、間違いなくエゾでしょう。

イメージ 19




角度が悪くまともに撮れませんでした。orz

イメージ 20





ゼフ以外では、オオミスジが出て来てくれました。

イメージ 21




イメージ 22



そしてウラギンヒョウモン
羽化不全で、後翅オレンジ帯の下の方に小さな丸い穴が空いています。

OM-D EM-5 [LUMIX G FISHEYE 8mm]
イメージ 23





すぐ近くにカゲロウの仲間らしき昆虫も。

イメージ 24





naoggioさんの車に体長5mmほどの小さな蜂が付いていました。

TG-4
イメージ 25

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ミドリシジミの仲間
私には同定は全くできません><
なんかもう少し、一発で見分けられる特徴が
あれば良いですよね^^;
オオミスジ、しっとりとした雰囲気がいいですね!

2017/7/19(水) 午後 10:05 [ sip***** ] 返信する

Sippoさん
ミドリ系ゼフの判別は難しいですよね。
本当に一発で見分けられる印があるといいのにと思います。

2017/7/20(木) 午後 0:46 Akakokko 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事