ここから本文です

書庫全体表示

キリシマを撮影した後、長野にある横浜のKiさんの別荘にお世話にった。
標高1200mほどの高地、朝5時半ごろ起きて外に出ると、少し冷んやりした空気の中、カッコー、キビタキ、アカハラなどの囀りが響渡ったている。
あいにくの曇り空だが、鳥好きとしては、とても気持ちいい朝。
Kiさんによるとコルリなども近くに飛んでくるという、私に撮っては夢のような場所。

出発前にほんの少しだけ近くを散策して見た。

遠くでカッコーの鳴き声、近くで「キョロンキョロン」という囀り、少し遠くの松の木のテッペンでアカハラが鳴いていた。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/7/23拡大表示できます)
イメージ 1




すると目の前の木の上から大音量の「カッコ〜〜〜」が・・・
見上げると、すぐそこに鳴き声の主が止まっていた。

イメージ 2




数回シャッターを押したところで飛ばれてしまった。
気がつかなかったが、そのすぐ後に別のカッコーが後を追って飛び出した。が、撮影できるわけもなく・・・orz

この日は、長野全体が早くから雨が降り出す予報。
せっかくこの地に泊まりながらも、雨ではどうすることもできない。
仕方なく目的地を富士山麓に変更。

すると、雲から出て来た富士山の山頂付近に大きな白鳥のような影が・・・

イメージ 3






山頂の残雪ですが、見事なまでに白い軌跡を描いて舞う白鳥に見える。

イメージ 4






麓では、ホオアカとウグイスが同じ木に止まり、鳴き合っていた。

イメージ 5






若鳥だろうか、色の薄いモズも「キィーキィー」と騒がしく鳴いていた。

イメージ 6

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事