ここから本文です

書庫全体表示

ミドリセイボウ2

先週、時間がとれたので近場のマイフィールドに2度目のミドリセイボウを撮りに行って来た。
前回撮影場所である古民家は、この日は解放されていないため、もう一箇所の東屋へ。

ほどなくして、太めの笹竹を結ぶ麻縄に止まってじっとしている1匹のミドリセイボウを見つけた。

OM-D EM-1 [MZUIKO ED 40-150mmF2.8] 2017/8/7拡大表示できます)
イメージ 1





イメージ 2




しばらくすると飛び立ち、反対側の同じ笹竹に止まった。

イメージ 3




少し上にもう1匹いることに気づいた。
ここには、ミドリセイボウを惹きつける理由がある。

イメージ 4





この笹竹に、ミドリセイボウにとっての宿主となるヤマトルリジガバチが営巣しているから。
ジガバチが飛び去るのを待って、寄生産卵しよう狙っています。
派手な躰なので、ジガバチに直ぐに見つかって追い払われそうな気もしますが、この距離ではジガバチも気づかないように見えました。

イメージ 5





この日は立秋。
近くで咲いていた夏と秋を代表する花をおまけとしてアップします。

イメージ 6





この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事