全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全487ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

気仙沼

ブログは、ゴールデンウィークに戻ります。

アカペラで東北復興支援を行う一般社団法人のAWS(Always With Smile)の活動に学生の頃から参加している長男が、何度も行っている気仙沼に家族を連れて行きたいと嬉しいことを言ってくれたので、全てお任せでついて行ってみた。

気仙沼に行くには、東北新幹線の一ノ関から大船渡線に乗換える。

E-M1 [M.ZUIKO ED 12-40mmF2.82017/5/3〜4(横写真は、拡大表示できます)
イメージ 1





車内に乗り込むと、運転席の横にワンマンバスのような料金支払い機が。
何ともほのぼのとした感じがいい。

イメージ 2





車窓からの風景がとても素晴らしかったが、うまく写真に撮ることができず、悲しいかなこの1枚だけ。その良さを伝えきれない。orz

イメージ 3






一ノ関から1時間ほどで気仙沼駅に到着。

イメージ 4





ここから先は、線路が津波で流されたため、ここからは、線路を道路に変えて運行されているBRTに乗って南気仙沼まで。

イメージ 5





レンタカーで気仙沼港へ。
震災から6年が過ぎているが、まだまだ土地のかさ上げ工事が広範囲に行われていた。

イメージ 6






道端には大きなセイヨウタンポポが咲いていた。

イメージ 7





津波で痛々しい姿になった気仙沼向洋高校の校舎。
3Fまで波に流されたように見える。

イメージ 8





岩井崎にある龍の形で残った1本の松。

イメージ 9





リアス・アーク美術館に震災当時の資料が展示されているというので連れて行ってもらった。

イメージ 10





かなりインパクトのある写真がずらりと並んでいる。
たまたま休暇を取って家にいて、TVから流れて来るリアルタイムの津波の映像を見て息を飲んでいた当日の自分を思い出してしまった。


イメージ 11






宿泊は、2年後、気仙沼大橋で陸続きになる長男オススメの気仙沼大島。フェリーで移動します。

イメージ 12





何人かがかっぱえびせんを投げている。
それを目当てにウミネコが追いかけて来る。

イメージ 13




長男もちゃっかりかっぱえびせんを持っている。^^;
長男からかっぱえびせんを1つもらい餌付け写真に挑戦。

イメージ 14



イメージ 15






宿泊先 石田屋さん。
海鮮料理がこれでもかというほど出て来て超満足な夕食。

イメージ 16




朝食も大きなホタテと牡蠣。
一泊2食付きで8千円というからビックリです。
気仙沼の人も大島は凄いというのが頷けます。

イメージ 17





観光協会で電動自転車を借りて気仙沼大島で一番高い亀山に。
好天に恵まれ、素晴らしい景色を満喫しました。

イメージ 21






イメージ 18





歩くとククと鳴ることからくぐなり浜と名付けられた砂浜へ。

イメージ 19





残念ながら砂浜は鳴ることはなく、渚ではカルガモが待っていました。

イメージ 20





コバルトブルーの海が印象的でした。

イメージ 22





気仙沼に戻って来て、安波山へ。
気仙沼港が一望でき、その先には気仙沼大橋も見えます。

イメージ 23





漫才マジシャンのマギー審司さんは、気仙沼の出身だそうです。
愛車は目立ちます。
カーナンバーも耳なんですね。^^)

イメージ 24




ひとまずここまで、続きはまた今度に。








この記事に

開く コメント(2)

信州遠征弟2弾

この土曜日もnaoggioさん、Sさんの3人で先週行ったギフポイントへ再チャレンジしてきました。
この日は、先週と打って変わって朝から雲ひとつない晴天。
ポイントに着いたらたくさん飛んでいるだろうと行きの車の中で盛り上がってましたが、そんなことはありませんでした。汗)

ただ、先週は全く姿を見せなかったサカハチチョウやルリシジミ、コツバメが出ていた。

サカハチチョウは久しぶりだったので、嬉しい。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/5/20(横写真は、拡大表示できます)
イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





先週と同じ個体だと思われるクジャクチョウも

イメージ 4




クモツキかと思ったら、ツマキチョウだった。
スミレサイシンで吸蜜。

イメージ 5





待って入ればギフが出てくるだろうと待っていると、ギフチョウらしき蝶が1頭飛んで来た。
よく見ると、それは産卵場所を探すヒメギフだった。

イメージ 6




擦れのない綺麗な♀。
この時期にまだこんなに綺麗なヒメギフがいることに驚きました。
残念ながら産卵シーンは、覗き見できない葉裏でした。

イメージ 7





産み付けられた卵は2つだった。

イメージ 13





このヒメギフがどこかへ飛び去ったあとは、何も出てこない。orz
手持ち無沙汰に待っていると、地面に写る蝶影。
見上げるとミヤマカラスアゲハが飛んでいた。

イメージ 8






見上げていたらカラスザンショに産卵を始めた。

イメージ 9





ヒメギフに続き、2種目の産卵シーンが撮れました。^^)
カラスザンショが大木のため、見上げる位置での産卵。
当然、卵を撮影することは不可能、表翅も見ることができませんでした。orz

イメージ 10





地面にはヤマキマダラヒカゲが。

イメージ 11





そしてようやくギフが飛び始めた。
比較的綺麗な♀。
産卵しようと、カンアオイを物色している。

イメージ 12





そして産卵シーンを見せてくれた。
この日、3種目の産卵。

イメージ 14





産み付けられた卵は8つ。

イメージ 15






産み終わるとゆっくり飛び立ち、太い杉の幹に止まった。

イメージ 16





一緒にいたKさんが、この木の根元にもう1頭止まっているというので、視線を下に移すと、なんとそこにはイエローバンドが止まっていた。

イメージ 17





ちょっとだらしない開翅姿で、前翅のバンドが細いが、間違いなくイエローバンド。
この瞬間、ここに来た目標を達成できました。^^)/
バンドは初見初撮だったので、感激でした。

イメージ 18





しばらくするとまた、何も飛ばない時間帯に。
それでも待つ以外に何もできません。

すると、近くで「ギャ〜」というカケスの鳴き声。
見上げると杉の枝に止まっていました。

イメージ 19





どうやら営巣している模様。
見ていたらすぐ近くの巣に入って行きました。

イメージ 20







そしてまた、ギフチョウタイム。

杉の葉止まりが撮れました。

イメージ 21





そしてヒメギフも。
珍しいことに、小枝に引っかかって上向きに咲いたカタクリで吸蜜してました。

イメージ 22





これが本来のカタクリ吸蜜
(右前翅が羽化不全)

イメージ 23





イメージ 24





イメージ 25





最後にSさんが2頭目のイエローバンドを見つけてくれました。

イメージ 26





最初の個体より前翅のバンドが太いので、明らかに別個体。

イメージ 27





イメージ 28




残念がら正面からの綺麗な開翅姿は撮れませんでしたが、大満足の成果になりました。
naoggioさん、Sさんに感謝です。



この記事に

開く コメント(4)

信州遠征

色々あって、この週末ブログ更新できず、ようやくの更新です。
気仙沼の写真もアップしたいところですが、信州遠征を先に。

naoggioさん、Sさんの3人で信州ギフ目当ての遠征です。
目的地到着時は、ギフのポイントは雲で日差しが遮られており、動く影は何もない。
別の場所にクモツキの様子を見に行っていたSさんが戻って来て、クモツキが飛んでいるという。急いでポイント移動。

例によって♂は止まらず通り過ぎるばかり。
遠目から望遠で証拠写真。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/5/14(横写真は、拡大表示できます)
イメージ 4





naoggioさんの足元に♀が止まった。
よく見ると羽化不全。
だが、久しぶりに見るクモツキに感激でした。

イメージ 1






フラフラと飛んでこごみの葉に。

イメージ 2





撮影角度を変えると、そこは絶好のポジションでした。(^^)
標準レンズを持って来ていなかったので、コンデジ撮影です。

TG-4
イメージ 3





各地で昨年不作だったクジャクチョウも飛んでいた。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII]
イメージ 5






ギフのポイントに戻る途中、岩場のスミレで吸蜜しているギフチョウ♀を見つけた。かなり綺麗な個体だ。

イメージ 6






サービスの良いこの個体は、しばらく間スミレ吸蜜を楽しませてくれた。

イメージ 7






イメージ 8





4枚合成です。全部同一個体。

イメージ 9





イメージ 10





2枚合成。

イメージ 11





スミレ吸蜜個体が岩場の上に消えたので、元のポイントへ。
しかし、そこにはギフの姿がない。

カタクリは綺麗に咲いているのに・・・

イメージ 12





仕方なくカタクリの花を観察していたら、変わった花を見つけた。

普通のカタクリは、一株から一輪の花が咲いているが、二輪咲いているものがある。

TG-4
イメージ 13





そして、普通のカタクリの花びらは6枚

イメージ 14





なのに、7枚ある花が。

イメージ 15





更に、8枚も。→naoggioさんの指摘通り10枚でした。

イメージ 16



7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 
イメージ 17





そうこうしている間に、ギフチョウが1頭飛んで来た。
この個体も綺麗な♀。しかも赤上がり。

イメージ 18





何故かカタクリには目もくれず、杉林の中に入っていく。
追いかけて行ったら、林の中で咲くフッキソウに止まり吸蜜姿を見せてくれた。

イメージ 19





ブルーの斑紋がとても綺麗だった。

イメージ 20






イメージ 21





naoggioさん、Sさん、新潟に続き、大変お世話になりました。

この記事に

開く コメント(8)

新潟ギフ リンベンジ

このゴールデンウィークは、新潟ギフのリベンジの後、東北 気仙沼に家族旅行に出かけたので、ブログ更新できませんでした。

あの大震災から6年が経ちましたが、気仙沼には未だに多くの津波の傷跡が残っており、まだまだ復興の途中なんだと実感させられました。
それでも地元の方々は明るく、温かい。
そして自然が美しく、魚介類がとても美味しい。
観光に訪れるだけでも、街を活気付かせ、微力ながら復興の手助けになるのではないかと思います。
そして、一人でも多くの人に訪れて欲しいと思います。

旅行の写真は後日として、まずは、全記事の続きです。



到着したポイントはまだ気温一桁台。
カタクリも凍えるような姿でした。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/4/30(横写真は、拡大表示できます)
イメージ 1





当然ギフチョウが飛び出す気温ではありません。
それでも時間が経つにつれて気温は上がる。
でもギフチョウはまだ・・・

ふと見るとSさんが屈んで何かを撮っている。
声をかけると、クマバチが寝ていると言う。
そこには、小さな木の枝の先にしがみつきじっとしてるクマバチがいた。

フラッシュを焚いて撮影したら、産毛についた夜露が白く光り、クマバチには見えない。

TG-4
イメージ 2





次に、ダンダラさんがモリアオガエルを見つけてくれた。
以前卵は見たことがあったが、カエルを見るのは初めて。
とても綺麗なカエルだった。

イメージ 3





そうこうしているうちにようやくギフチョウが飛び出してくれた。
まずは地べたで。

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 
イメージ 4





カタクリ吸蜜はあっという間なので、なかなか撮れないでいたら、1頭がショウジョウバカマに止まった。
と思ったら、どうやら花の手前の枝のよう。残念。orz

イメージ 5





ちょっと面白い枝止まりも。

イメージ 6





そのうち、全く止まらなくなってしまったので、naoggioさんダンダラさんは、広角飛翔撮影に切り替えていた。


ダンダラさんが水色のハンカチを囮に、ギフチョウを呼び寄せていたので、遠くから望遠で飛翔を狙って見た。
この時の写真は、ダンダラさんの小畔川日記で見ることができます。

イメージ 7






結局このポイントではカタクリ吸蜜を撮ることができず、ダンダラさんのポイントへ移動し、ようやく撮影することができた。

イメージ 8






喉が渇いたのでリュックに入れたペットボトルを撮ろうと手を伸ばしたら、目の前にギフチョウが止まっていて、危うくぶつかるところだった。どうやら羽化直のよう。
ひとまず下がって1枚。

イメージ 9






イメージ 10





イメージ 11





時刻も15:00を回り、吸蜜する個体が増えて来て、カタクリ吸蜜もそこそこ撮ることができ、大満足の遠征となった。
naoggioさん、ダンダラさん、Sさん、ありがとうございました。

イメージ 12






イメージ 13







イメージ 14

この記事に

開く コメント(6)

この週末、新潟ギフをリベンジし大成果を上げることができました。
詳細は後日にするとして、思いもよらぬ野鳥サプライズを先にアップします。

それは、naoggioさんの「あそこに止まってる鳥は何ですか?」の一言でした。

林道脇に立つ大きな木。
肉眼では、高い枝にヒヨドリ大の鳥が止まっているように見えた。
双眼鏡を覗いて見ると、ハクセキレイをグレーにしたような姿。
一目でサンショウクイであることがわかった。
ここまで来る間に遠くを鳴きながら飛んでいる姿を見ていたので、何としても撮りたいと思っていた鳥。
naoggioさんに感謝です。

しかも、ただ止まっているのではなく、木のこぶか何かに座っているように見える。
よく見ると、それは巣であることがわかった。
初撮が営巣だなんて、なんという幸運!

頭が黒いので巣に座っているのは恐らく♂。
♂♀の判別は、帰ってから調べました。^^;

7D MarkII [EF 300mmF2.8LII] 2017/4/30(横写真は、拡大表示できます)
イメージ 1






すぐに番いの♀がやって来た

イメージ 2





すると巣に座っていた♂が巣から飛び出す。

イメージ 3






イメージ 4






イメージ 5






この交代劇が短時間に何度も繰り返される。
抱卵にしては不自然。

何故だろうと思い、双眼鏡を覗いて観察していると、巣に座った個体はしきりに巣の周りを突つくような仕草をしている。
よく見ると2つ前の写真では、♀が何かを咥えている。

イメージ 6





どうやら巣作りの最中のよう。
1羽が近くに寄ってきた。

イメージ 7





餌探しかと思っていたら、後からわかったことだが、巣材の蜘蛛の巣を集めていたようだ。


イメージ 8






拡大表示すると、嘴と頭に絡みついた蜘蛛巣が分かります。

イメージ 9





子育てだけでなく、巣材探しも大変なんでしょうね。

イメージ 10





サンショウクイの他にもいくつか野鳥が撮れました。

大きなホウノキの蕾の先に白いお腹をのせて囀るオオルリ。
かなり遠い。

イメージ 11





イメージ 12






コサメビタキも遠くの枝に。

イメージ 13






頭上に現れたのはサシバ。

イメージ 14






お腹の後ろから黄色い脚が・・・
飛んでいる時は脚は隠すはずだが・・・

イメージ 15





何やら白いものが・・・

イメージ 16





ブルーインパルス?・・・でした。^^;

イメージ 17







証拠写真ですが、イカルも飛んでました。

イメージ 18

この記事に

開く コメント(4)

全487ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事