全体表示

[ リスト ]

波介川釣行


土佐道路店の武政です。


2019/4/21


今回はお客様にボートに載せて頂いて波介川へ



イメージ 1




代掻きの水もある程度落ち着いてきましたね



イメージ 2



水温も昼過ぎには約21℃


やっぱりこの水色は温まり易いですね








釣果はというと


イメージ 3




イメージ 4



イメージ 6



イメージ 7







お客様もハートテールで


イメージ 5





【釣りに集中しすぎて写真は少なめです、ご了承ください







この日は6:00〜14:00までの釣行で、2人で10本ほど


夕方までやりきっていれば、まだまだ釣れた感じでした


MAXで1200gほどとスーパービッグは出ませんでしたが、今年の波介川は絶好調の予感






フィールドの状況とすれば、代掻きも落ち着きバスの状態いろいろ


プリ・ポスト・アフターなどシャローを流せばネストも見える感じでした

(ちなみに今回釣ったのは全てブラインドなので、ネスト狙いではありません)





パターンはシャッドテールのデッドスロー巻き

早すぎると反応は無く、ゆっくり巻くのがキーワードでした

巻きの速さは一緒で、ウエイトによってレンジを変えていく感じでした



今回はノーシンカーと使い分けたくてガン玉でウエイト調整をしましたが、ウエイテッドフックで数タックル使い分けた方が効率良かったかもですね






イメージ 8



今回メインで使ったのは

スティーズCT SV TW




30φのスプールを搭載した2019年の新製品


私の個人的な感想を




まず際立つのはコンパクトさ

手の小さい私でもしっかり手の中に収まります

「ロッドのリールシート変わった」って思うほどパーミングし易い

打つ釣りに良いのは店頭で触っただけで分かりますが、今回巻きで使ってみても驚きのメリットでした

やっぱり安定感が違いました





次は巻きのなめらかさ

巻きの違和感で当たりが取れます

「シマノユーザーでも納得」って言えば怒られるかもしれませんが、ここ最近のダイワ製品の巻き心地の良さは本当に進化していると思います




そして最後は小さい力でしっかり飛ぶこと

今回の様にアルミボート2人乗りや、オカッパリなどキャストの時しっかりロッドを振れない事って結構多くないですか

ここぞってスポットでバックラッシュなんて多いですよね

前者はスペースの問題・後者は力んでしまうことによってしっかりロッドを振れてないんです

振れないから弱い力しか入力出来ない…。

しかしこのリールは、そのしっかり振れないことをカバーしてくれます

30φを採用し、弱い力でもスプールが回り易い

それによってミスキャストが圧倒的に減りました、キャストの下手な私でも(笑)







シーズンに向けてバス製品も大量入荷中の土佐道路店ですので、釣行前にお店を覗きに来てください

安全とマナーを心がけて、楽しく釣行しましょうね

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事