ここから本文です
むらさんの人生の楽園
趣味を追求して,人生を楽園にしなきゃ。(^^ゞ

書庫山菜&きのこ採り

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

皆さん,こんばんは。




今シーズンのその後のきのこ採りの記録です。




こちらは,9/16(日)の「サクラシメジ」です。
イメージ 14

イメージ 15





こちらは,9/30(日)の「ハタケシメジ」です。
イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 23


毎年定番の「ハタケシメジご飯」
イメージ 21

こちらは「ハタケシメジの味噌汁」
イメージ 22

実は,9/24(月)にも同量くらいの収穫でしたので,

2回分を合わせれば昨年並みの量が収穫できました。




こちらは,10/4(木)に師匠にいただいた
「本シメジ」です。

師匠曰く「売り物にならないからあげる」って。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


即行で「本シメジのお吸い物」
イメージ 20




こちらは,10/14(日)の収穫の記録です。

これは,「クリタケ」です。
イメージ 1

イメージ 2


一部はご近所の方におすそ分けしましたので,

こちらの写真はその残りのものを洗った写真です。




自宅用の「クリタケ」です。

ざっと2㎏くらいはありそうです。
イメージ 4




こちらは「ナラタケ」です。

これも軽く1㎏以上は採れました。
イメージ 3



こちらは「なめこ」です。
イメージ 5



こちらは「ムキタケ」です。

どうみても3㎏以上はあります。
イメージ 6




お母さんに,さっそくキノコご飯にしてもらいました。

改めて言うまでもないのですが,超マイウ〜です。
イメージ 9




そして,こちらは秘密の写真です。( *´艸`)

この写真のところで,時機を逸してしまっている

「香茸」を2株,発見したんですよ〜。
イメージ 7

イメージ 8



この場所は,来年は9月下旬に出撃予定です。





まもなく天然なめこの本格シーズンに入ります。

1㎏単位で収穫できる予定です。





天然物のきのこは美味しいのであります。

もうすでに冷蔵庫のフリーザーは満員御礼状態。





また,お母さんに怒られそうな予感。

ではまた。(@^^)/~~~







皆さん,こんばんは。




9/16(日)の記録です。




な・な・なんと,ついにご対面しましたよ〜ん。

天然香茸(こうたけ)に。




うちのところでは,ススタケと呼んでいます。

この場所のナビゲーターの大師匠がまずは発見。

イメージ 1




で,この場所より右側10mのところで師匠が発見。
イメージ 2


師匠の握りこぶし3つ分の幅です。

デカッ。(≧▽≦)
イメージ 3



そこで,私も考えました。

この近辺にはもっとあるに違いないと。(笑)




そしたら・・・,

我ながらアッパレの,初香茸〜

見~ツケタ━━(゚∀゚)━━〜ッ!!
イメージ 4



ん〜っ,小っちゃいですが…

間違いなく「香茸」で〜す。





で,続けざまに,これは〜っと思ったこのきのこ。
イメージ 5

「捨てた方が良いよ〜っ」と師匠たち。

Σ(゚д゚lll)ガ〜ン。





話は飛びますが・・・

翌日,別な場所にて。

こちらは「ハタケシメジ」
イメージ 6

まだ早いようですので,一週間後の再会を約束して。(笑)




天然きのこの御三家である

天然舞茸に続き,天然香茸ですよ〜ん。





もしかしたら,この三連休にも,

松茸に遭遇の予感。




んなわけないですよね〜。(笑)




二週連続の奇跡のビギナーズ・ラック




今年は神っているような気分?




ではまた。(@^^)/~~~








皆さん,こんばんは。




9日(日)に「天然シロマイタケ」を

師匠から半分もいただいたばかりでしたが…。イメージ 8



10日(月)に私一人で標高の高い所へ出撃したんです。

標高の高い所の方にあるに違いないと思って。

あまり根拠のない勘ピューター的発想なんですが。




そしたら,衝撃的な出会いをしたんですよ。

こちらの写真をご覧くださいませ〜。!(^^)!

「天然マイタケ」
イメージ 1


私の手袋を脇に置いて落ち着いてワンショット。

でも,手袋の大きさが一般的ではありませんでした。
イメージ 2


お盆の上に載せて,もうワンショット。

メジャーを置くべきでした。(;^_^A
イメージ 3



で,こちら〜。

「天然シャカシメジ」
(別名:千本シメジ)イメージ 4




さっそく実食です。

イメージ 7



まずはこちら。

「天然舞茸ご飯」
イメージ 6



「天然ヒラタケのお吸い物」イメージ 5


いや〜,タマランチです。

冷蔵庫の中には在庫がたくさんありますので,

しばらくの間は楽しめそうです。




ビギナーズラックってあるんですね。

うんちく炸裂させて,お騒がせしました。




ではまた。(@^^)/~~~






皆さん,こんばんは。




9/9(日)の天然きのこ採りの記録です。




師匠からきのこ採りに連れて行ってもらえました。

「きのこが採れる場所は死んでも教えない」

と言われるのが普通なのですが,

ずっと拝み倒していた成果が出たようで,

ついに連れて行ってもらえたんですよ〜。




山菜採りは,名人にお習いしなければ,

絶対に覚えることは不可能だと思っているので,

これはラッキーです。




というわけで,蔵王山系に出撃しました。




この日の収穫をダイジェスト版で記録します。

では,メドレーで行きますよ〜ん。




こちらはサクラシメジ」

うちのところでは,「赤きのこ」と呼んでいます。

出始めたところを師匠が見つけました。
イメージ 4


イメージ 5



こちらは「ヒラタケ」

これも師匠が見つけたものを私も採らせていただきました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



こちらは「シャカシメジ」

「千本シメジ」とも呼ばれます。

これまた師匠が見つけたものを一緒に収穫。

もうどんだけ借りだらけなんでしょ。(;^_^A
イメージ 6

イメージ 7



写真を撮り忘れたのですが,

こちらは「ブナハリタケ」

これは,私が発見したものなんです。

で,「師匠もどうぞ」って

ようやく言うことができました。(笑)
イメージ 8



そしたら,師匠は会心の「シロマイタケ」を発見。

2年前にも採った場所でまた見つけたのだそうです。

私も,半分いただいてしまいました。

またまた借りができてしまいました。💦
イメージ 9



「サクラシメジ」
イメージ 10



「ヒラタケ」
イメージ 11



滝汗をかきながら,4時間弱の楽しい時間を過ごしました。

やはり,「先達はあらまほしきことなり」です。


そしたら,師匠曰く,

「今日のは,天然の高級キノコばかりだよ〜」って。

師匠,ありがとうございました。

自宅で採れた葡萄を持ってお礼したいと思います。




実は,続きがあるんですよ。

本日は自分1人で蔵王山系に出撃したんです。

昨日よりも標高の高い所へ。

なんだか予感がしたものですから。

土曜日に出勤だったので,本日は代休でしたし。

そしたら,ビギナーズ・ラックが炸裂したんですよ〜。




次回の記事で,うんちくを炸裂させてもいいでしょうか〜?

ちょっとためを作っている私。(爆)




ではまた。(@^^)/~~~






皆さん,こんばんは。




本日夕方,山菜採りの師匠から,

今シーズンの初きのこをいただきました〜。

これですよ,これ。

このきのこの名前がわかる人は,上級者です。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


名前,わかった人〜っ!(^^)!

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


答えは,
「オオイチョウタケ」




 「オオイチョウタケ」は成長が早く,

かなり大型になるキノコで,

傘の直径が10〜40cmにもなることもあります。




姿が相撲力士のマゲである大銀杏のように

見えることからこの名前が付けられたのだとか。





 肉は傘の部分は薄く,わずかに特有の匂いがあります。

 オオイチョウタケはコクのある良いダシが出る食用きのこです。




さっそく,お母さんから調理してもらいましたよ〜ん。




「オオイチョウタケご飯」
イメージ 9


イメージ 10


「オオイチョウタケのお吸い物」
イメージ 11



今年の夏は,乾季か?と思うほど雨が少なかったのですが,

きのこは例年通り,夏の終わりと共に行動開始しています。



「きのこシーズン2018」の幕開けですね。




師匠を見習って,今年も天然きのこを味わいたいと思います。




あっ,息子君に業務連絡。

息子君の分を確保していますので

いつでも取りに来るように。



ではまた。(@^^)/~~~






全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事