ここから本文です
むらさんの人生の楽園
趣味を追求して,人生を楽園にしなきゃ。(^^ゞ

書庫山菜&きのこ採り

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

皆さん,こんばんは。



昨日,6/3(日)に,

山菜採りの師匠へ,1年越しにお願いしていた

笹筍(根曲り竹)を採りに連れて行ってもらえました。



午前7時に,とあるところで待ち合わせ。

ところが,師匠,現れず。

(;^_^A アレレレ・・・???



7:30頃にようやく師匠到着。

「ごめんごめん,寝坊した〜」

師匠,勘弁してくださいよ〜。(笑)



師匠は,頑固一徹。

いまだに,携帯電話を持っていないのであります。

だから,連絡の取りようがナッシィング。

途方に暮れてしまいましたが,助かりました。



で,一級スポット目指して車を走らせること1時間。

ようやく到着です。



どう見ても,

熊がどこから出てきても

不思議でないようなロケーション。(;^_^A



しかも,私は初体験なものですから,

どんな所にどのように出ているのかわかりません。



そしたら,師匠曰く。

「ほら,これだ」イメージ 2


いや〜っ,愛おしいというか,眩しいというか…。



で,途中は早送りしまして,大漁の収穫です。

ちなみにこれは,全収穫量の1/3です。
イメージ 1


新聞紙を広げたところに置いているのですが,

大きさが伝わりますでしょうか?
イメージ 3


10円玉も置いてみます。

イメージ 4


イメージ 11


では,さっそく実食です。

笹筍三昧でいきますよ〜ん。
イメージ 10


イメージ 5


まずは,天ぷらを塩でいきます。
イメージ 6


次は,我が家の定番の笹筍汁です。
イメージ 7


イメージ 8


そして,笹筍ごはん
イメージ 9


いや〜っ,笹筍(根曲り竹)バンザ〜イ。


マイウ〜にもほどがありますって。



ではまた。(@^^)/~~~








山菜採りに出撃!(^^)!

皆さん,こんにちは。

1週間以上のご無沙汰です。

イメージ 20

ようやく私もGWに入りました。

昨日はお母さんが出勤だったので私だけが休み。



というわけで,山菜採りの師匠から,

1級スポットに連れて行ってもらいました。



今日の記事は,

山菜についてのこれまでの記録です。



そもそも山菜は,自宅で収穫できるようにしています。

こんな感じです。(5/2の朝)
イメージ 4


今年2度目の収穫。
イメージ 5


こちらはタラの芽。花カイドウも綺麗です。
イメージ 6

イメージ 7


こちらはぜんまい

門柱裏のデッドスペースで栽培。

収穫はしていません。(鑑賞用)
イメージ 8


三つ葉は生命力が半端ないですね。

ワラビと共存しています。
イメージ 19


昨年造成したなんちゃってアスパラガスゾーン。
イメージ 9


こちらはプランターでアスパラガスを栽培。
イメージ 10


こごみを移植してみました。
イメージ 11


自宅でこんなふうに遊んでいますので,

メジャーな山菜にはあまり興味はありません。



ここからが,昨日の山菜採りの話です。

師匠から珍しい山菜をたくさん習いました。



まずはこちら。

なんだかわかりますか?
イメージ 12

イメージ 13

答えは「葉わさび」



これはなんでしょうか?イメージ 14

イメージ 15

答えは「クレソン」



では,こちらは?
イメージ 16

答えは「根わさび」



こちらは?
イメージ 17

イメージ 18

答えは「しどけ」



それで,収穫したものについてですが…。

なんだかんだ言っても,大好きなこごみはキープ。イメージ 1


山のアスパラガスと言われている

しどけも試しに食べてみようかなと。
イメージ 2


葉わさびもちょっぴりだけお持ち帰り。
イメージ 3


他には,わらびを2㎏ほどお持ち帰り。



うど,たらの芽,あいこ,ハリキリ,

お持ち帰り以外のわらび,

その他の山菜は師匠に献上。



師匠はプロなので,出荷するのであります。

山菜の群生を目にすると心が躍ります。




少し心が健康になってきました。



あっ,そうそう。

葉わさびを自宅の山菜エリアに移植してみました。

5/2は楽しい1日でした。



みなさんのところへの訪問も

なかなかできずに恐縮しています。

ぼちぼちと訪問させていただきます。



ではまた。(@^^)/~~~







皆さん,こんばんは。



12/9(土)に,今年最後の最後の

きのこ採りに出撃できました〜。



高い所の木に寒だけ(ヒラタケ)を発見。

こういう時はどうするか?
イメージ 10

きのこ鎌を釣り用のたも網の柄に固定します。

こうすると,7mくらいの高さにも対応できます。
イメージ 11

美しい寒だけをまたまた発見。
イメージ 12

天然なめこも発見しましたよ〜ん。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

この日は予想を大きく裏切って,

次々にきのこが収穫できました。
イメージ 16

そして,この日のMVPの群生に出合います。
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 20


この日の天然なめこの計量は2.8㎏オーバー
イメージ 19


そして,本日の夕食は,

「天然きのこと牡蠣のみぞれ鍋」
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


では,いただきま〜す。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

1年ぶりに,このビールを飲みます。

私の大好きなプレモルのスパークリングゴールド
イメージ 8

続けて,熱燗も。
イメージ 9


今年のきのこ料理を締めくくる贅を尽くした逸品。

「天然きのこと牡蠣のみぞれ鍋」

ごちそうさまでした。



ではまた。(@^^)/~~~



皆さん,こんばんは。



冷蔵庫の中が天然きのこで過飽和状態になっているので,

超贅沢にドッカ〜ンときのこ鍋を作ってみました〜。

なめこ,クリタケ,ムキタケ,ヒラタケの4種の天然きのこを

ふんだんに投入したこんな感じのきのこ鍋です
イメージ 2


で,盛り付けてみました。

イメージ 1


こちらは同じく4種のきのこを大根おろしで。
イメージ 3


そして,2杯目はきのこ鍋の山かけ

これが想像以上にマイウ〜なんです。
イメージ 4


冷蔵庫の中の収納力が回復したので,またまた出撃です。

すると,こんな感じのときめく群生に出合うんですよねえ。
イメージ 6


ちょっぴりズームしてみると…。

この中央のひっかき跡は,もしかしたら熊のしわざ?
イメージ 5

イメージ 7

この日のなめこの収穫量は約3㎏です。

お正月までたっぷりと楽しめそうです。
イメージ 8


珍しいきのこと遭遇しました。

食べ頃は逸しましたが,これ何だかわかりますか?
イメージ 9


「ヤマブシタケ」と言います。

食べ頃の物は,こんな感じです。
イメージ 10
(ネットよりお借りしました)


来シーズンは,食べ頃の時に出撃しますよ〜ん。

このきのこは栽培でも作られていますので,

さほど珍しくもないのですが,

天然物は珍しいのであります。



思い立ったら吉日。

天然きのこ採りはハマります。

時間とお金がかからないところがいいのであります。

もう1回くらいは出撃できるかな?(笑)



ではまた。(@^^)/~~~


皆さん,こんばんは。



これは,仙南オーディオオフ会の翌日

11/20(月)の記録なんですが…。



11/18(土)が出勤だったのでこの日私は休日。

前日からの雪が気になったのでしたが,

雪をかぶったなめこは美味しいのであります。

というわけで「寒なめこ」採り出撃。



午後から,車で10分のいつものところに。

ここは多くのきのこファンの方が知っている一級スポット。

名人たちが見逃したところを攻めるしかないわけですが…。



週末からの南こうせつ(降雪)のせいで,

名人たち(お年寄りの意)は出撃していなかったようでした。

雪まみれになりながら,私を待っていてくれました。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

名人たちが見つけ残したものがちょっぴり。

たまにはこんなふうにドッカーンと残っています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


これはなんだかわかりますか?

季節外れの「ナラタケ」です。
イメージ 4

イメージ 5

まだ食べられそうでしたので確保です。



天然なめこだけで計量してみましたら,
イメージ 6

イメージ 7

素晴らしい色艶です。

他には,クリタケ1.6㎏,ムキタケ1.2㎏。



雪まみれの中を10回以上転びながら,

楽しい時間を過ごすことができました。



冷蔵庫の中がきのこまみれになってしまい,

お母さんからは,きのこ採り禁止令が発令されました。



でも,楽しい時間なんですよねえ。

いい運動にもなりますし。



ではまた。(@^^)/~~~


全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事