鶴羽衣鹿踊の出来事 (2010/08〜2013/02)

鶴羽衣鹿踊の出来事(2013/02〜) は「にょぶ」のブログで更新中です!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

祈りの気持ちで

忙しくて中々ブログが更新できませんでしたが、今日は2011年8月14日に行った山田町追悼供養公演について紹介したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
朝5時に集合し、装束や太鼓、水やおにぎりをバスに積み込み6時に稲瀬を出発
会長、佐々木先生、世話人1名、若手の踊り手9名、バスの運転手2名と最低限の人数での公演となりました。
バスの運転手は、石関獅子躍さんの中立さん(鹿踊マニアさん)と、餅田鹿踊さんの中立さんというなんとも頼もしい助っ人
 
遠野〜釜石〜大鎚経由で山田町に向かいましたが、釜石に入るととてもショックな光景が広がっていました。分かってはいましたが、やはり僕達の知っている沿岸の街はそこにはありませんでした・・・。
海に面している街はすっかり無くなっていて、家屋の残骸や車が山積みに・・・。
 
 
そして山田町の船越地区に到着しましたが、ここも船越湾と山田湾両方から津波に襲われた地区で被害もかなり大きかったと佐々木先生がお話ししていました。
佐々木先生がお勤めされている船越小学校も、1階部分は津波で流されてしまったのだとか。小学校が避難所に指定されていた為、避難して来られた方も何名か流されてしまったそうです。。。
 
 
装束の準備が出来そうな場所を見つけ、バスから降りました。そこはもともと民家がたくさん立ち並んでいた場所だったらしいのですが津波でほとんどさら地のようになっています。。。
 
 
装束を身に付け、道太鼓を叩きながら住宅街をぐるっと歩くとたくさんの人達が集まって来てくれました!
 
 
会長からの挨拶が終わり、海へ向かい供養の歌を歌います。イメージ 1
  死出の山
  はるばる登りて
  後見れば
  行く道あれど
  帰る道なし
イメージ 2
  極楽の
  前の榎に何がなる
  南無阿弥陀仏の
  六字なるもの
  六字なるもの
 
 
供養の歌の後は、被災地の復興を祈りながら「春駒」を踊りました。
 
 
 
 
 
 
 
次に向かったのは、海蔵寺という海辺のお寺です。
 
しかし、お寺なのにお堂がありません。
ここも津波でお堂そのものが流されていました。
 
それで今回は亡くなられた方々の名前が書かれたお札で囲まれた仮設のお堂で御回向をさせていただきました。
イメージ 3
 
イメージ 4
 
会長が手を合わせ、その後供養の歌を歌い、「荒金」を踊らせていただきました。
イメージ 5
画像の奥に写っているのは家屋等の残骸です。津波の凄まじさが伝わってきます。
親戚?知人?かわかりませんが、お互いに抱き合いながら涙ぐんでいる方々もここにはいらっしゃいました。
これは夢でも何でもなく、現実なんだと。。。それでも自分達が出来る精一杯の事、それは気持ちを込めて一生懸命に踊る事。それしかできなくても祈りの気持ちを込め、全員で一生懸命に踊りました。
 
 
踊り終えると、とても暖かい拍手が!
3箇所目では「入れ違い」。4箇所目では「案山子」。どの場所でも笑顔で迎えて頂き、そして暖かい拍手を頂きました。
元気を与えるはずが逆に元気をもらったような感覚になりました。
山田町の方々は、復興に向けしっかりと前を見ていました。その顔が印象深く、忘れられません。
 
 
 
山田町の方々からは
「家も何もなく、初盆をどう迎えていいのかわからなかったが、こうして初盆らしい初盆を迎えられて良かった。」
「良い弔いになった。勇壮で元気付けられた。」
等、暖かいお言葉まで頂くことができ、最初は不安でいっぱいでしたが、踊って来て本当に良かったと思うことが出来ました。
 
イメージ 6
僕達の海と言えば三陸の海です。もうひとつのふる里とも言えるこの三陸の街並みを知っているだけに、ショックはとても大きく、胸が締め付けられる気持ちでいっぱいでした。
こんな状況の中、鹿踊りは本当に歓迎されるのだろうか・・・。いやな顔をされたらどうすればよいのか・・・。
そんな不安でいっぱいでしたが、山田町の人達は暖かく迎えてくれて一生懸命踊ることができました。
僕達の踊りで少しでも元気になってもらえたなら幸いです
山田町にも虎舞という郷土芸能があるそうです。いつの日か山田町の虎舞が元気に舞い、活気に満ち溢れた街に戻れるよう、これからも同じ岩手に住むものとして、手と手を取り合いながら復興に協力したいと思っています
 
 
 
 
 
最後に、、、
公演を見に来てくださった山田町の皆様、江刺と山田のかけ橋になってくれました佐々木先生、お盆の忙しい中朝から晩まで協力してくださった鹿踊マニアさんと餅田の中立さん。(デジカメ撮影も鹿踊マニアさん
そのほかたくさんの方々に支えられて無事山田町追悼供養公演を終えることができました。
 
大変ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(4)

なんとか・・・

無事に14日の山田町追悼供養公演、16日の江刺夏祭り盂蘭盆まつりを終えることができました。
 
 
14日の山田町追悼公演は4箇所、江刺に帰ってきて門付け(初盆供養)を1箇所。
16日は藤原の郷で百鹿大群舞、2箇所で門付け、夜には百鹿大群舞を3箇所。。。と鹿踊り漬けのお盆でした。
 
 
しばらくは落ち着きそうですが、今月28日には藤原の郷定期公演があります!
 
大変ですが鶴羽衣鹿踊一同頑張りたいと思います!
 
 
 
それと・・・14日の山田町追悼供養公演にNHKさんと、岩手日報さんが取材に来てくれました
 
当日の詳細は次回に載せたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(4)

 
 
 
8月14日(日)に、岩手県山田町にて3月11日の地震・津波で犠牲になられた方々の追悼供養を行うこととなりました。
 
 
 
 
 
 
 
1.趣旨
  鶴羽衣鹿踊の若手メンバーが、初盆の時期に鑑み、自分たちの踊りを通して、船越・田の浜地区で津波により犠牲になった方々の追悼供養を行う。
 
2.期日
  平成23年8月14日(日)
 
3.場所
  岩手県 山田町 船越 田の浜地区、船越地区
 
4.日程
  9:30 田の浜 第2分団屯所前にて 追悼供養公演
 
  10:30 海蔵寺にて 追悼供養公演
 
  11:30 船越 第1分団屯所前にて 追悼供養公演
 
  12:30 山の内 かわはら民宿駐車場にて 追悼供養公演
 
 
 
 
 
 
 
 僕達鶴羽衣鹿踊の若手の中には、地元江刺の稲瀬小学校の授業で鹿踊りを教わったメンバーがいます。
 
 当時、僕達に熱心に鹿踊りを教えてくれた恩師佐々木道雄先生は現在船越小学校の校長先生として勤務されています。本当に熱心な先生で、鹿踊の装束は小学生サイズしかないのに、その装束を着て一緒に運動会で踊ったりもしました。「袴、短っ!」と言って皆で笑いながら楽しく踊った事を今でも思い出します。
 
 
 
 2011年3月11日。宮城県沖を震源とする東日本大震災が発生。
 
 死者・行方不明者は2万人を超え、僕達の海と言えば三陸沿岸という僕達にとっても、もう一つのふるさと場所でもある沿岸の街が、津波により破壊されていく映像を見ながら何の成すすべもなく、ただただ無力感に打ちひしがれる日々が続きました。
 
 しかし、自分達にできることで何か力になれることはないのか?・・・と考え、佐々木道雄先生に相談をさせていただきました。
 そして、初盆を迎えるにあたり、鹿踊の本来の目的の一つである追悼供養を行うことが、一番ふさわしいことであるとの結論になり、地元の皆様のご理解のもと、山田町船越地区・田の浜地区にて追悼供養公演を行うことになりました。
 
 
 
 
 でも・・・。正直、本当に不安です。
 
鹿踊りは単なる歌舞音曲ではなく回向を行う民俗芸能・・・。解ってはいるんですけれどね。
 
 
  それでも、祈りの気持ちを込めて、一生懸命踊って来たいと思います!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(4)

8月7日の北上みちのく芸能まつり鹿踊大群舞に鶴羽衣鹿踊も参加してきました☆
天気予報では、夕方から雨が降る予報でしたが、なんとか雨が降る事なく踊ることができてホッ一安心です。
 
 
今年は駅側から3番目、行山流角懸鹿躍さんと金津流石関獅子躍さんの隣
角懸さんも石関さんも非常に人気のある踊り組ですので、身の引き締まる気持ちでした☆
 
 
イメージ 1
今年は例年より踊る時間が早かったため外はまだまだ明るく、ビデオやデジカメを持ったお客さんは撮影し易かったのではないかと思いますね♪
 
イメージ 2
演目は「春駒」。五穀豊穣を願う踊りで、震災後の復興を祈願しながら踊りました。
一生懸命踊りましたが、これまたいろいろと反省点の多い公演でした。。。
 
 
 
 
 
そして、北上みちのく芸能まつりの2日後、江刺中央体育館で百鹿大群舞の総合練習がありました。
 
県内外の鹿踊ファンが楽しみにしている8月16日の江刺盂蘭盆まつり。
江刺の鹿踊りの皆さんは「見ている方々に感動を与えよう!」と一生懸命練習しています!
ぜひ今月16日は少しでも多くの方々に奥州市江刺区にいらしていただきたいですね
鶴羽衣も最低限皆さんの足を引っ張る事のないよう練習しなければ!と僕は思います!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(9)

ピカピカ太鼓

修理に出していました太鼓が戻って来ました☆
 
しかもピッカピカ
イメージ 1
見た目は新品同様です!
胴の部分なんてまるでドラゴン○ールみたいに透き通っていて、向こう側が透けて見えます!←ウソ(笑)
 
これでやっと太鼓を付けて練習が出来ますね☆
 
それと・・・
 
イメージ 2
 
バチです!
 
こちらは新品です
中立のにょぶと僕から保存会へ寄付させていただきました
 
太鼓もバチもピカピカですよ。若手全員テンション上げて頑張りますよ〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(2)


.


みんなの更新記事