鶴羽衣鹿踊の出来事 (2010/08〜2013/02)

鶴羽衣鹿踊の出来事(2013/02〜) は「にょぶ」のブログで更新中です!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

23日は前沢郷土芸能祭にゲストとして出演して来ました☆
イメージ 1
 
イメージ 2
この日はとーってもきれいな晴れ空
にょぶも外で一服です。右の方に写っているのがそれです
 
 
 
イメージ 3
中では既に本番がスタートしていました☆
前沢は神楽が多いようです
前沢には鹿踊りはないのでしょうか…。昔々はあったんでしょうかね…
 
 
 
 
僕たちも控室に案内され、一通り準備が終わったところで口唱による練習をしました
その中でひと際緊張感を持って練習している人がっ
イメージ 4
そう。この日は、新人くんのデビュー公演なのです!
彼の名は「ポンコツESM」くんです!(なかなかややこしいニックネームですね笑)
ESMくんは梁川から引っ越してきたということで、この前のザ・ササラでも金津流梁川さんから声をかけられていました。お祖父さん?だったか伯父さん?が梁川さんで踊っていらしたとかで、彼には鹿踊りの血が流れています  …と言うと「やめてください!」とシャイな反応をします(笑)
 
とにかく思いっきり踊って楽しんでもらえば今日はいいんじゃないかなぁと僕は思っていました。
でも親方さん方は心配で心配で、もしかしたら本人より緊張していたのでは?と思ってしまいます
 
出番が近付いてきたので、装束を被り舞台裏で待機していると、出演団体の子供達が物珍しそうに「獅子舞だぁ〜!」と言いながら見ていました。まるで他県で踊るような気分です
 
 
 
 
イメージ 5
この日の演目は予定通り「荒金」です。
一狂の青海苔くんが一生懸命一人狂いをします!
 
イメージ 6
「荒金」は三人狂いの場面で3匹の鹿がササラを地面に叩きつけながらクルクル回る等、厄を払い清めるといった意味を持つ演目です。
 
 
イメージ 7
ESMくんは初めての公演とは思えない踊りで、皆ビックリしていました!僕も踊りながら「お!しっかり踊れてるじゃん!」とか思いながら踊っていました
親方も「これは近いうちに大物になるぞ!」と言っていましたし、師匠も御満悦☆ESMくんのコーチもホッと一安心です
 
 
 
 
無事公演も終わり、控え室に戻って着替えていると、にょぶが餅を持って入ってきました。イメージ 8
まさか餅まきに「うひょ〜!!」とか言いながら参加してきたのか!?と思ったら、三ヶ尻鹿踊さんの元踊り手の方からもらったとのこと。(一安心…)お褒めの言葉を頂いたとのことでとてもうれしく思います
 
 
 
この冬にESMくんも含めてしっかり練習して、春の江刺甚句まつりでは地元のみなさんにフレッシュな鶴羽衣鹿踊を披露出来ればイイなぁと思います♪
 
 
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事