ここから本文です
好きだから、楽しく絵を描いて

書庫全体表示

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

会場取り

今日は来年2月分のデッサン会場の抽選申込日です。
合計7件(2会場に分けて、曜日も土・日を分けて)申し込みました。
抽選結果は25日に発表されます。
例年は3月から夏休みまでが抽選の申し込みが多くて会場が取れなくて苦戦するのですが、今年は11月まで中々取れなくて、午前中や、隣の区の会館を申し込んだりしました。
どうしても取れなければ、夜間も申し込もうか、と思ったほどでした。
抽選以前に会場を抑えている団体があるんですよね。
勝負になりません。

この記事に

売れっ子モデルさん

モデルさんによって売れる、中々声が掛からないと言う差は大きいようだ。
売れているモデルさんは、殆ど予定が入っていて、リクエストしても予定が合わないことが多い。
週末のモデルさんの場合がそうだ。
前回は2015年の春だった。
その間3回ほどリクエストしたが、予定が合わなかった。
特別美人でもない、スタイルが素敵という事でもない・・・いや素敵ではあるが。
小柄で、普通の方なのだが、描きやすいのかな。
イメージ 1

この記事に

中国のモデルさん

8日のモデルさんは中国内モンゴル自治区出身の方でした。
背の高い少し細身のモデルさんでしたが、「理科系の大学を出て、今はグラフィックデザインの勉強をしています。」人物デッサンもやっていますよ。
と気さくに話をしてくれるモデルさんでした。
ご主人は日本人で芸大の油絵科の学生さんだそうです。
イメージ 1

この記事に

クロッキー

実は、30日、1日と連続のお絵かきでした。

30日は裸婦固定、1日はクロッキーでした。
クロッキーは多分モデル紹介所の1〜2位を争うモデルさん、と勝手に評価している良いモデルさんでした。
日々ストレッチを繰り返されたしなやかな体から繰り出されるポーズの美しさ。
ため息が出るほどでした。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

一水会展

上野の一水会展に行ってきました。
流石に日本の画家が打ち込んで仕上げた作品が並んでいて、その努力の結果が一筆一筆と見えるようでした。
水彩などはもう紙も波打ち、毛羽立ち、修正と加筆の経過が手に取るように見えるようでした。

ただすこし嫌な気分が残ったのは
最後の部屋に入った時、明らかにランクの低い作品が多くて、と思っていたらどやどやとやってきた団体(どうやら東京の美術教室の先生と生徒らしい)先生は大きな声で「誰々だろう、Mだろう、Sだろう、・・・・、みんあにゅうせんしてるじゃない」6〜7人の名前を指さしながら自慢していました。
多分その先生の教え子なんでしょう。顔も名前もわかりませんでしたが、入選に影響力をお持ちの先生でしょうか。

嫌になりました。

まあ、私はこんなクロッキーで楽しんでいます。
イメージ 1

この記事に

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事