ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1


長い間、洗濯用のピンチハンガーやハンガーは、
洗濯機脇に置いたコジオルのLサイズのタッシェの中に入れていましたが
まとめて収納すると 絡まりやすいのがストレスで・・・
もっとハンガー類を使いやすくするために
収納方法を変更しました。



















イメージ 2


↑こちらがアフター写真。

洗濯機脇にハンガーがチラ見えしていますが、
どのように引っ掛けているかと言いますと・・・

















イメージ 3


洗濯機の側面にコチラのマグネットフックを付けただけです。


実は数ヶ月前に、他のメーカーの
「マグネット洗濯ハンガー収納ラック」という
ハンガーを収納するための商品を買って
しばらく使ってみたのですが、
その収納ラックは奥行きが8cmで、
枠内にハンガーを収納する仕組みでして・・・
枠があるせいでハンガーが出し入れしにくく
思っていたよりも使いにくかったので
写真のフックに変更したという経緯があります。








イメージ 4


このマグネットフックは、フック部分の長さが14cmもあるので
ハンガーが10本位 掛けられます!

ハンガーの出し入れも劇的にラクになりました。

でも注意点がひとつ。
耐荷重=1,5kgなので、我が家で愛用しているステンレスハンガーだと
重みでフックごと下にずり落ちてきます(汗)
なので、マグネット部分に両面テープを貼って補強しました。
(プラスチック等の軽いハンガーなら、そのままで大丈夫だと思います)



















イメージ 5


ちなみに我が家では、
ボトムス用のピンチ付きハンガーは
こんな掛け方をしています。

この掛け方にした方が
ピンチ部分が絡まりにくい気がします。















イメージ 6


以前からトップスを干す時には、
肩の部分が出っ張らないように
IKEAのハンガー用ショルダーシェイパーを愛用しているのですが


ショルダーシェイパーは
コチラのマグネット付きケースに収納しています。

わかりやすくするために
洗濯機の前側にくっつけて撮影しましたが・・・

















イメージ 7


実際はハンガーの奥に収納しています。


マグネットフックやマグネットケースは、『TUULIのROOM』のコレクション
『我が家のDIYに使った物』で紹介しています。















イメージ 8


洗濯物を干す時の目線で見ると こんな感じ。
ハンガーもショルダーカバーも
全てが出し入れしやすくなりました。
(写真がブレまくっててすみません)














イメージ 9


ちなみに小物干し用のピンチハンガーはココが定位置。

毎日洗濯して、浴室乾燥機で干しているので
ここにハンガーが引っかかっている時間は
とても少ないのですが・・・
















イメージ 10


洗濯洗剤は洗濯機上の棚。

棚下に引っ掛けている容器には
mon・o・toneのソックスハンガー、洗濯ネット、シミ抜きが入っています。












イメージ 11


洗濯に必要な物が全てワンアクションで出し入れできて
見た目も比較的スッキリ。

ゆううつな梅雨時のお洗濯も
快適にできるようになりました。

















イメージ 12


⚫TUULIが企画・デザインを担当しているショップです。
『mon・o・tone』




イメージ 13


⚫愛用品や気になる物を『ROOM』で紹介中。
『TUULIのROOM』




イメージ 14


⚫Instagramはブログの予告や日常の一コマをアップしてます。
『TUULIのインスタ』




イメージ 15


⚫RoomClipもやってます。
『TUULIのRoomClip』


どちらもお気軽にフォローしていただけたら嬉しいです(^▽^)

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事