全体表示

[ リスト ]

放射線ホルミシスの概要は下記が詳しい。一部を写し込みます。

放射線被曝と発ガン抑制のしくみ

イメージ 1

ホルミシスが生じる線量範囲

トーマス・D・ラッキーは自然放射線レベルから年間10Gyの間の全身照射であればホルミスは生じるとし、被曝線量の許容値としては保守的な値として年間1Gyを主張している[73]。

電中研の服部禎男は、「自然放射線の100 倍を自由に被ばくできる健康センター施設を全国につくりたい」とし、そのためにはリミットをトーマス・ラッキーの示した年間1Gyが適当であるとし[74]、放射線量率が毎時100mSvあるいは毎時1Sv以下では癌にならないとの学者の研究発表があると主張している[75]。

 2003年に米国DOEの低線量放射線研究プログラムによる支援等を受けて[76]、PNASに発表された論文によれば、人の癌リスクの増加の十分な証拠が存在するエックス線やガンマ線の最低線量は、疫学データに基づくと、瞬間的な被曝では、10-50mSv、長期被曝では50-100mSvであることが示唆されている[77][78]。さらに低線量における癌リスクを推定する最適な方法は、中間から極低線量まで線形外挿が最適な方法のようであるとしている[79]。

瞬間的な被曝の研究として原爆の被曝影響における調査では、5-125mSv(平均34mSv)で固形癌死亡率の有意な増加、5-100mSv(平均29mSv)で癌罹患率の有意な増加を示している[80]。




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事