全体表示

[ リスト ]

彼奴等がゆく

イメージ 1

Jpopの音ってどのフォーマットで聴いても同じように鳴るようになってるっていうかさ・・ようするに元ミックスの音質が間引きされてて薄い。(多分録音も悪い)・・とずっと思ってたんですよ。
別にいいんだけどね・・Jpopに高音質とかそんなのあんま求めてないしね。

ただ・・椎名さんだけは何故か過去音源も含め96kHz/24bit音声で結構色々出してるんですよね。
どうせもともとひどい音なのにねえ・・ってずっと無視してたの。
いや正確には一部持ってたけど違いがわからなかったんです。
何故か?・・それは再生環境の問題だった。
iMacが新しくなって光学デバイスが外付けになったんだけど、どうせならBDにってなるじゃないですか。
で、さらにどうせなら市販BDもMacで観たいぞってなるじゃないですか。

驚いたっすよ。まじ音すごいよ。96kHz/24bitはすごい。
まあ・・少なくとも椎名さんの気持ちはわかったような気がする。
過去作品のそれぞれの意図っていうのかな・・そういうのはこの音質でやっと分かる。ミックスのバランスはほとんどの曲で独特の主張があるし、結構詰め込んでるし・・従来のフォーマットでは微妙な部分がかなり潰れてたんだね。

と、ここまでは過去作品の96kHz/24bit版レビュー。
(ちなみに例のXTC4作品新ミックス96kHz/24bitは全て感涙ものです。素晴らし過ぎます!アンディ万歳!)

画像作品2枚組のライブセッション陰翳礼讃2016の方、これは椎名さんの集大成。最高傑作となると思います。
完璧なバランスでの音声収録。WOWOWのエンジニアの仕事なのかな・・多分そうです。WOWOWの音だもん。
96kHzじゃないけどこのバランスでなら必要ないかな。
とにかくこのメンツなら直球で生。それで充分の実力なんですよね。
特にベースの鳥越啓介さん。この人はいい!昔、源流jazzで観て実は一発でファンになってた人なんだけど、この人は浮雲さん同様絶対離しちゃいけない人材ですね。こういう人引っ張って来るところが椎名さんのすごいとこだわ。

最近の日本のROCK/POPの録音はかなり良くなってきてます。
そんな流れの中、一つの良質なお手本としてこのバランスは提唱したい。
そう思いました。

閉じる コメント(10)

椎名林檎さん、なかなか聴く機会がなかったので、これを機に見てみます。
視聴したらまた感想書きますね。

2017/6/17(土) 午後 7:24 妃穂 返信する

顔アイコン

おっと、それではちょっと解説を。
椎名さんはいわゆる一般的ヒーリング的要素は殆ど無いタイプのアーティストです。
独自の表現様式を確立していますが、いわゆる奥底からの魂の表現というのでもありません。
あくまで表現のための表現であって、その取捨選択で刺激の強い表現が採用されやすいタイプである自覚を持っている方ですね。
ですので自らをJpop 職人と称していたりもします。
僕は、個人的には椎名さんは歌手というよりはコンポーザーとして見ていますね。

・・ですが、スピリチュアルメッセージが程よく含まれた楽曲もありますのでお勧め出来ないということはないですよ。

2017/6/19(月) 午後 7:19 tuutan 返信する

陰翳礼讃の方は二回観ました。
ライブと違い、周りの演奏者との1つの作品として、何度でも観ていたいと思えるくらいに、それくらい美しさを感じました。

これが椎名林檎の世界なんだと。

彼女の容姿端麗な姿も、また彼女の美しさを増しているかな、とか思っちゃいました。声もとても素敵です。

あと、演奏者の皆さんがまた良いですね。
それぞれのパートで、力がこもっているのもあれば、柔らかさもあったりと、こういうの大好きです。

なんかうまいこと感想書けなくて申し訳ないです。でも、購入して全く損は無かったと満足してますよ。

2017/6/21(水) 午後 8:15 妃穂 返信する

顔アイコン

おお、そうですか。よかった。
普通は椎名さんくらいに露出してる存在だったら、皆さんなんらかの直感的ジャッジがあったりして作品評価的にはそこが微妙だったりするんじゃないかなんて思ったりしたんです。
偏見なく聴いてもらえてよかった。

元曲スタジオ作品は当然椎名さんの楽曲で椎名さん主導の編曲。つまりは椎名さんの創作世界。それが不満だったわけじゃないんだけど、今回のホール一発録りは結果作品の質として各パートの主張が余すことなく立った総合芸術クオリティとして鑑賞できるものについになったと思いました。
もともとこういうテンションで演奏させることができる存在なんですよね。椎名さんって。
それが完全に証明されたのがよかった。
ミックスダウンって仕事はほんとに重要なんだな。

2017/6/23(金) 午前 0:39 tuutan 返信する

どうするんですか、すっかり椎名林檎にハマってしまったではありませんか(笑)

CDを買い聴いているうちに、彼女の良さがどんどん増してきてます。

何度も陰翳礼讃を観てしまっています。
観れば観るほど細かいところまで見えてくるから、とても引き込まれる感じがします。
椎名さん、いいなぁ。良い!

2017/6/24(土) 午後 8:02 妃穂 返信する

顔アイコン

いやあ、そうですか。よかったです。
妃穂さんの入り方は結構珍しいパターンだと思うけど、考えたらこなれて完成されたアンサンブルから入った方が楽曲自体の印象はいいし、そこから遡ってオリジナルCDって方がいいのかもな。

確かに椎名さんは音楽自体が視覚的って要素が強いですもんね。
それについてはパートナーに初期の頃から恵まれてますね、そういう刺激が音楽にフィードバックされてるとも思うし。
何しろ歌以上に収まる画に強い。ちなみに「ギブス」のPVはJ-pop史上不滅の出来です。これを超えるのは未だに僕は観たことないですね。

2017/6/25(日) 午後 2:19 tuutan 返信する

顔アイコン

え。そんなに音が違うのかー うーんどうしたものか‥


タンタンさんち大丈夫でしか。

2017/7/8(土) 午後 8:02 [ min*r_q*een ] 返信する

顔アイコン

あう!クインさん、今丁度オレンジ&レモンズ聴いてて気が付きました。
そう悩むよね・・僕は環境が揃って、さらに最近になって気がついて買いました。
じゃなかったら多分わからなかったと思います。具体的にはBD→PC→DAC→AMP→SPの構成で出力フォーマットを96kHz/24bitにしたら(ここが自動じゃないから忘れてた)まるでメガネの度が合った感じになってびっくりです。全部の楽器の音が単体でわかるしエフェクトの乗り加減もわかって納得です。
やっぱりアンディさんは完璧な仕事してましたよ。曲も演奏もよい。演奏のそれはアレンジのアイデアありきなんだなってしみじみです。
新ミックスはあったはずの音がなかったりの引き算系なんだけど、すっきりしてバランスは僕好みです。なにしろ音はこっちのほうが断然よいからなのかもだけど。

・・あ、うん大丈夫。ここらは実は普通の梅雨模様でした。何故かやばいやばいと言われても避けて通ることが多いんですよね。大変なことになってる所には申し訳ないんだけど。

2017/7/9(日) 午後 0:35 tuutan 返信する

顔アイコン

うふふ。完璧なアンディさん^^なんて心地よい(おほほ
ウチは今基本スマホサイズのウォークマンできいているのですが。違いがわかるものかしら‥
そういえば ブルーレイが読み込めなかった人がけっこういたみたいですがどういうことなのでしょう。おしえてタンタン先生!

2017/7/12(水) 午後 8:35 [ min*r_q*een ] 返信する

顔アイコン

心地よいです♪アンディさん完璧(再)

ええと。。このBDディスクからだとウオークマンがハイレゾ対応だとしてもリッピング出来ないからここで言う音質体験は無理かな。だけど、新ミックスのCDはついてるからそれは聴けるよ。ミックス違いはクインさんなら一発でわかると思います。
読み込めない問題は結構報告あるみたいですね。僕もちょっと心配だったけど4枚ともそれはなかったです。
ただ・・ノンサッチがイギリスから届いた時ね、新品なのに肝心のBDが入ってなかった(笑)
文句言ったらお金返してくれましたけど。で、しばらくしたらもう一回送ってくれて、それにはちゃんと入ってた。(それはタダ)なかなか良心的で関心しました。
でもさ、日本では考えられないような生産管理上のミス。そんなだからハズレのディスクがあったとしてもおかしくないのかな。

2017/7/13(木) 午後 7:25 tuutan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事