twinbird0521のブログ

アジア、特にフィリピンの情報を主体に身近な出来事やニュースを発信します。

全体表示

[ リスト ]

私のP妻は特に裕福でも無く貧困でも無い、多分普通の家庭環境に育った
 
一人娘で兄が3人、弟が一人の極普通の家庭だと感じていた。
 
フィリピンでの食事で最初にカルチャーショックを受けたのは、食材よりも
 
味付けであった。
 
当時は、東南アジアの生活に全く興味は無く、日本での温室生活で
 
何不自由なく暮らしていたので、知ろうともしないし、普通の暮らしを満喫
 
していた。
 
P妻と出会い、交際をし、結婚を決断して渡比しマニラの空港の到着口を
 
出て最初の洗礼を受けた。
 
フェンスの向こうには海外へので稼ぎから帰国する家族を迎える人で
 
ごった返し、騒乱の渦の中にでも居るような光景であった。
 
彼女の叔母とドライバーが一緒に迎えに来ていて早速、車に乗り込み
 
彼女の家(祖母のビレッジ)に向かった。
 
クバオからマルコスハイウェーを一一直線にアンティポロ方面に向かい
 
マリキナ方面に向かう交差点をもっと直進しやがて峠に差し掛かる
 
地域を左折し又上り坂を進むとコゲオというビレッジに到着。
 
此処の一角に彼女の家がある。
 
今はどうなっているか知る由も無いが、当時は小高い丘の上にある日本で
 
言う分譲地の様な土地に綺麗に整列して家が建ち並んでいたが、水道施
 
設が整備されて無く、家の敷地の隅に4〜5mの鉄塔を作りその上に
 
水のタンクを据え付けて有ったが、使われている様子は無く、毎日3〜4
 
ガロン入りそうなタンクで水を買っていた。
 
到着時は夜も更けていたので、直ぐに、ベッドルームに入り睡眠を取った。
 
マニラの空港を出た時に、ムッとする暑い空気を感じていたが、この家
 
は多少高地に有るためか扇風機を掛けると肌寒い感じであった。
 
話が自己の事にそれてしまったが、初めての家庭料理を彼女の家で
 
ご馳走になって初めてソルティー(塩辛い)味付けだと驚きを隠せなかった
 
鶏の空揚げ、ルンピア、バゴス(日本で言う処の鯵に開き)その他色々と
 
有ったのですが、フィリピン初心者の当時では名前すら覚えられなかった。
 
 
フィリピン人の食生活
 
比国の人は大変ご飯好きで、朝からたっぷりのご飯を食する人が多い。
 
貧富の差にも拠るが1〜2,3品のおかずをそれぞれ大きな皿に盛り
 
テーブルの真ん中に置き、皆で取り合って食べるのが比流です。
 
日本のように個人に取り分けて食べる習慣が無いので、ある意味合理的
 
かも知れないですね。
 
食事も基本的にフォークとスプーンでナイフは無い。
 
この風習はスペイン統治時代の名残らしい。詳細は割愛します。
 
(ナイフを持たすと危険だと感じたようである。)
 
未だに食生活のバランスが比国では良くないと感じている。
 
何故か〜?
 
彼ら比国人は生野菜を含めて余り摂取しないのである。
 
小耳に挟んだ情報に拠ると野菜は貧乏人が食べるからと云う
 
独自の見栄によるところが有るらしいのですが、実話かどうかは分かりま
 
せん。
 
確かに比国産の野菜は貧弱だったり、硬い、不味いというのも
 
私も食してみて美味しくない物が多い気がしました。
 
不足の栄養素はタブレットで補う習性が有るように感じました。
 
ビタミン剤などは特に一般に浸透している。
 
その他野菜を獲らない不足分を南国特有のフルーツで補う事も
 
事実のようである。
 
初めて比料理を頂いた時に日本の様に、野菜などでディスプレイをしたり
 
栄養バランスを考えて付け合せの野菜を付ける習慣が少ない様に
 
感じたのです。
 
大衆レストランでの飾りつけも太いキュウリのスライスを2〜3枚乗りつけ
 
切り口をみると太い種が此方を見ているような様子、日本では規格品外
 
ぼ様なトマトのスライスも申し訳程度に一緒に飾られている。
 
時に野菜を調理の場合殆どが火に通す炒め物で、栄養素も壊れてしまう
 
でしょうね。
 
あるブロガーの方が、比国で野菜つくりの模索をされたり、農業指導され
 
てご苦労を惜しまず頑張っていらっしゃいますが、気候の違いや、土の
 
違いから日本と同じ様に作る事が難しい中諦めずに頑張ってる姿を見ると
 
販路拡大で比国でも流通する日が早く遣って来て欲しいと感じます。
 
在留邦人の方は日本と同じレベルの野菜を口にする事は中々難しいです
 
が、自分なりに工夫され独自の調理で少しでも美味しく頂ける涙ぐましい
 
努力をされています。
 
地産地消の日が来る事を首を長くして待っていらっしゃる方が多いと思い
 
ます。
 
確かにフィリピンの方も手先の器用な人が生活の為に色んな職業で
 
産業に携わっていますが、技術、品質の点で言えば
 
日本人の方が相当ランクが上なのですが、現地で生活されている方は、
 
一度はリタイアされた移住の方が多いので、今更現場のトップとして立つ
 
わけにもいかない事情があります。
 
郷に入れば郷に従うと云う諺が有りますが、何処の国でも快適に暮らす
 
為には、焦らず、急がず、ゆったりと、我流でいくのが好いですね。
 
ちょっと気になった比国での食生活を書き込みましたが、ご自身のアイデ
 
アなり、この様にすれば快適な生活が過ごせる様な知恵を御貸し頂ければ
 
皆さんの参考に役立つと思いますのでドンドンコメントを宜しくお願い致し
 
ます。
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(18)

顔アイコン

パナイ島アンティケで日本野菜をやっています。フィリピンでも良く育つ物と難しい物が、やっと分かってきたところです。野菜では何を栽培しても安くて、採算が合わず、今では自分用に細々とやっている状態です。この国で野菜で生活は難しいですね。

2012/11/18(日) 午後 5:54 [ makato ]

顔アイコン

上の方↑の仰るとおりで普通の野菜の栽培では商売になりませんね。
無農薬有機野菜を富裕層向けに、栽培なさってる邦人の方もいらっしゃいますが儲けがでているのか気になるところです。
フィリピン人も、最近では生野菜を中流家庭以上の人は食べていますね。そういう野菜はスーパーで結構な値段がついていますよ。
多くの中流以下の家庭ではTバードさんの記事の通り。
私の前妻の家では朝はトースト・ハムエッグ他・生野菜ジュースと
フルーツでした。財閥の端くれですから・・・

2012/11/18(日) 午後 10:00 [ mitsujirou ]

顔アイコン

makatoさん、今晩は〜♪野菜に関しては、需要と供給のバランスが伴っていないのでしょうね。貧困層が多数を占める比国では、生野菜を口にしない事から、多くの場合シニガンなどに入れるマメ科の植物の利用は多いでしょうが、サラダ等に使用するようなものは売れ筋商品にするには難しいですね。

2012/11/18(日) 午後 10:52 [ twinbird0521 ]

顔アイコン

蜜さん、今晩は〜♪比国で野菜を商売で栽培するのは難しそうですね。先のmakatoさんも仰っている様に採算が合わないとコメント頂いていますから……。比国は貧富の差が途轍もなく大きく富裕層はビックリする様な邸宅や会社を経営していたり、プライベートの航空機でリゾートに出かけたり、日本より凄いと思います。そして日本人など屁とも思わず相手にもして貰えませんね〜(汗)前妻の方が財閥の端くれなのに何故離婚を〜?人それぞれ理由があるので追求はしませんが勿体無いですね。今頃は悠々自適の暮らしを送っていたかも知れませんね〜(爆汗)人生山有り、谷有りですが、沈むと中々浮き上がれませんね〜!私などその典型です。潜水艦乗りのゲーリー大佐ですから……(沈)

2012/11/18(日) 午後 11:04 [ twinbird0521 ]

顔アイコン

フィリピンの野菜は、日本のものと味が違うので…煮物はちょっと抵抗がありますが、中華料理なんかは美味しく食べてますよ〜(^0^)
ホイコーローが一番かな(^0^)あっはっは。

2012/11/19(月) 午前 6:35 Shin

顔アイコン

Shinさん、お早う御座います〜♪炒める事で、美味しくですか〜!お浸しや和え物には向かないのでしょうね。大根も偶に見かけましたが、細くて如何にも辛そうな大根に見えました…。随分前のことですが(笑)

2012/11/19(月) 午前 9:52 [ twinbird0521 ]

顔アイコン

最初の渡比で比国料理は無理だと感じました。
皿の上に盛られたご飯のボロボロにも驚かされました。
最近のレストランは昔のようなご飯ではなく何とか食べられるようになったのは私が慣れたのかそれとも現地の品質が上がったのかは理論が分かれます。何故なら私が食べる比国のお米はグレードが広く日本米と遜色ない米も売られていますから・・・(笑
還暦を過ぎた現在炭水化物に拘る食事から遠ざかりましたが比国では日本産のカレーを作ると皆さんに好評です。
もし比国に移住になれば家庭菜園の出来る場所で自給自足をしたいです。従って田舎暮らしをしたいです・・・(笑
マンゴやパイナップルなどの果物でビタミン類を補給したいと思いますが、料理はどうしても日本産の調味料を主体とした料理が好みですから比国の材料で似非和食になると思います。
大都市には和食屋さんもありますが、単価もさることながら出かけて食べる経費も馬鹿になりませんから短期滞在だと苦にはなりませんが長期滞在だと一汁一菜で質素な生活になると思います・・・(苦笑
それより何より比国の水に慣れるのが先決です・・・(涙

2012/11/19(月) 午前 10:04 [ Yamachang ]

顔アイコン

Yamachangさん、お早う御座います〜♪仰る通り比国の食事は慣れると言うよりも、我慢が必要なことが多々ありますね〜(汗)私も短期滞在での比国での食事は問題無く食べる事ができますが、長期となると矢張り在住邦人の方の多くが日本の味を求める様に、恋しくなるでしょうね。Y
amachangさんであれば、意思の融通も問題ないので、田舎での暮らしは問題無いでしょうし、物価もマニラや各都市より安価で、暮らしやすいですね。水に慣れる事は必須ですね。豆腐を食べると水に馴染めると聞いたことがありますが事実確認しておりません……。

2012/11/19(月) 午前 11:14 [ twinbird0521 ]

顔アイコン

おかずよりご飯のほうが安いので、ご飯がたくさん、おかずは少しというスタイルだと妻は言います。味付けは私もフィリピン流はダメです。

2012/11/19(月) 午後 4:29 [ お笑い芸人たーちゃん ]

顔アイコン

ジョイフルさん、今晩は〜♪返コメ遅くなって済みません〜!確かに米が多くおかずは種類少なく一品の量が多いパターンが食卓に乗っている家庭が多いですね。男女隔たり無くご飯を朝から食す人が多いのもうなずけます。

2012/11/21(水) 午後 6:57 [ twinbird0521 ]

おはようございます(^^)。

この国の料理にも野菜が使われてますし我々も使います(^^)。
味付けは調味料で随分と変ります、日本人には醤油の文化が有ります、それを上手に利用すれば美味しく頂けます。
我々はリタイアだから適当にこちらの料理も楽しみながら工夫しながら暮らしてます。

のんびり・ゆっくりがこの国です、焦らず共生しながら楽しく暮らして行くのがコツでしょうね。
この国の料理も大好きですよ!(笑)。

美味しい物は美味しいのです、世界共通だと思います(^^)。

2012/11/23(金) 午前 10:07 mamamiyuki

顔アイコン

miyukiさん、今晩は〜♪返コメ遅くなって御免なさいね〜!日本人に基本的に合う料理が多いですね。長い間のスペイン統治やいろんな国からの文化が伝承され、比国で新たにあれんじされたものも沢山ありまね。個人差で合う合わないはあると思いますが、日本人にはなじみやすい気がします。

2012/11/23(金) 午後 4:39 [ twinbird0521 ]

顔アイコン

こんばんは

自分はフィリピンライスがあまり好きではないので

食べる時にお湯をかけてお茶ずけみたいに食べてます

将来、永住を考えているのでフィリピンライスに

慣れるようにガンバッテいます

2012/11/24(土) 午後 11:06 [ カレン ]

顔アイコン

カレンさん、お早う御座います〜♪インディカ米(細長い米粒タイプ)は、でんぷん質が少なくパサパサしていて日本の米に慣れていると馴染めないですね。ピラフなどには最適なのですが〜(汗)
比国の米は、炊飯した出来立ての時は、案外美味しく頂けるので試して下さい。

2012/11/25(日) 午前 7:23 [ twinbird0521 ]

僕は食べ物には全く拘りがないと思ってましたが
流石に最近は日本食が恋しくなってきました(笑
出来もしない料理をするのもその為です
でも美味しくない アハハ
涙が出るくらい不味いです(爆
これじゃフィリピン料理食べてたがましなのかも・・・・・

2012/12/1(土) 午後 11:38 勝

顔アイコン

勝さん、こんにちは〜♪丼物は如何ですか〜?丼のタレ作りのレシピ。基本編です。醤油2:味醂2:水4と砂糖は好みで適量、出汁素適量で沸騰する迄に煮騰し冷ませて冷蔵庫に保管。調理はタレを適量いれたまねぎのスライスを入れ親子丼なら鶏肉細切れを入れる沸騰して鶏肉に火が入ったら溶き卵をのを書く様に流し入れ好みの硬さに卵が固まる時点で、ご飯の上にかけて出来上がりです。上に乗せるのはとんかつでも良いし、葱があれば斜めにスライスして飾りに。

2012/12/2(日) 午後 0:02 [ twinbird0521 ]

顔アイコン

レシピ有難うございました
作る気持ちが湧いてきました
出来そうな気もしてます(笑
作ったらUpしたいと思います(^^)

2012/12/2(日) 午後 0:06 勝

顔アイコン

勝さん、早速の返コメ有難う御座います〜♪頑張って作って下さいね〜!

2012/12/2(日) 午後 0:12 [ twinbird0521 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事