twinbird0521のブログ

アジア、特にフィリピンの情報を主体に身近な出来事やニュースを発信します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
ホグワーツ城
イメージ 2
                                 ローブ
 
 
・ローブ:各13500円
・マフラー:各2280円
・ネクタイ:各3500円
・杖:各3500円
・箒型ボールペン:1800円
・百味ビーンズ:1500円
・カエルチョコ:1200円
・バタービール:1000円
・コースター:各500円
 
イメージ 3
1972年に就航した、大阪南港、広島出島港を繋ぐグリーンエース、グ
 
リーンアローの二隻で初航海を始め、1975年にグリーンアーチが加わり
 
三隻で航海しました。当時は、山陽高速道路も無く、混雑する二号線のバ
 
イパス航路として活躍しましたが、1982年4月に採算が取れず航路廃止
 
となりました。
 
この航路が今もあれば寝ている間に大阪に到着できるので便利でしたが
 
無い物強請りも仕方ないので、一番早い足の新幹線が時間節約で、
 
最良の選択肢です。
 
台風は本土直撃を免れましたが、影響で昨日から梅雨の様な雨模様が
 
一日中続いています。USJも今日は60%の降水確率だそうです。
 
息子は6月に友人二人と総勢3名でUSJの旅を計画し、ハリポッター入場
 
確約券付、ホテル新幹線往復チケットを取っていました。
 
しかし生憎の雨模様で楽しさも半減では無いかと危惧しております。
 
親として何らかの手助けを考え、一昨日、旅行用の服や着替えを購入し
 
ベッドの上に置いて仕事に出かけました。
 
ジーンズの膝上までの半ズボンが欲しかったらしく、スニーカーとジーンズ
 
を昨日自分で買って来ていました。
 
此処一年で自立心が芽生えバイトで得た報酬を自分の欲しい物に、
 
自分で勝手に決めるのではなく私に相談し、如何しても欲しい物は
 
購入を決めたり、金額が足りない部分は私が補足して購入しています。
 
確かに親離れを始め寂しい部分も有りますが、これが普通の歩みと
 
諦めムードの今日この頃です。
 
友人との初めての外泊旅行で精神的にも成長をして欲しいと祈ると共に
 
青春の一ページを楽しく過ごして欲しいと願っています。
 
二年前にも家族でUFJには訪問しましたが、中での飲食物の高い事に
 
(自販機ソフトドリンクが¥250だったような?)疲弊し、食事も余り量も無
 
く高かった記憶が残っています。
 
無事に帰宅するまでは心配ですが、エンジョイしてきてほしいです。

開く コメント(6)

昨日は、日曜で親子三人の休日が揃った事もあり、お盆前の墓参りと墓掃
 
除を兼ねて、私の故郷にある墓所まで100キロの車の旅をして来ました。
 
イメージ 1
 
墓掃除とお墓参りと言っても、手ぶらでは行けませんね。
 
それなりの準備をして9時に家を出発、途中私の叔父のお墓も立ち寄り
 
参って行く事にしました。叔母(母の姉)は未だ元気に過ごしており
 
今年で85歳になりますが、田舎暮らしが功を奏しているのか、元気一杯
 
でした。私と同い年一級年上の従兄弟が、退職して夫婦で同居しています
 
が数年前に大腸癌を手術し、自宅で療養しておりましたが、食事の味が
 
分からなくて喉を通らないらしく、痩せこけていました。
 
私と違い、地方公務員を早期退職しているので、年金生活も悠々自適
 
な生活を送っています。
 
イメージ 2
妻が生前に何度か墓参りした当家の墓所は、以前の都市開発で同じ地の
 
別の場所に移転し、車で霊園の前まで車で訪問出来る様になって、
 
非常に便利になっています。
 
昔の場所であれば細い登りの山道を登って行かなければならないので
 
頻繁にはお参りできる状況では有りませんでした。
 
もうかれこれ子供二人と私でお参りするのは16年にもなります。
 
妻と墓参りに通っていた時の流れがついこの前の様に感じられます。
 
当地ではお盆にイラストの様に盆灯篭を初盆の場合は白い物、その後は
 
カラーの灯篭を墓の傍に立てる風習がありました。以前は灯篭の中に
 
蝋燭に灯を灯し立てていましたが、火事の恐れがある為禁止になって
 
います。
 
春の彼岸前も訪れる事が出来なかったもやもやが晴れ清々しい気持ち
 
に僅かですがなった気がします。
 
先祖を大切にする気持ちは子から孫へと受け継がれ代々受け繋がれて
 
行かなければと新たに決意を心に訴えました。
 
私事で申し訳有りませんが、昨日の我が家の出来事です。
 
19日から21日まで世間では3連休で、高速道路も非常に混雑し、
 
疲れた一日でしたが、気持ちも新たに明日から頑張ると心に誓いました。

開く コメント(4)

日本外務省は17日、フィリピンとベトナム、インドネシアの国民に対する査
 
証(ビザ)緩和措置を行うと発表した。東京五輪の開催決定を弾みに、202
 
0年までに訪日外国人旅行者を年間2,000万人に引き上げることを目標と
 
する政府の観光立国推進の一環。具体的な運用開始時期や詳細につい
 
ては、現在検討中としている。
 フィリピンとベトナムの国民に対しては、現在発給している数次ビザの大
 
幅緩和を行うほか、指定の旅行会社経由で実質免除並みの一次観光ビ
 
ザの緩和を行う。
 
日本外務省は昨年7月、フィリピンとベトナムの国民に対し、3年の有効期
 
間内なら何度でも日本に入国できる数次ビザの発給を開始。1回の滞在
 
期間は最長15日間と定められている。
 日本政府観光局(JNTO)によると、今年1〜4月に日本を訪れたフィリピ
 
ン人旅行者は、前年同期比56.9%増の5万9,100人。4月単月では、前年
 
同月の2.3倍に相当する2万9,700人に達し、単月ベースで過去最高を記録
 
した。
 日比両国の航空各社による日本路線の新規就航や増便が相次いでお
 
り、数次ビザの大幅緩和により、フィリピン人訪日旅行者のさらなる増加が
 
見込まれる。
 
海外からの入国が容易くなるのは良い事ですが、何時までの処置なの
 
か?
 
2020年オリンピックが終了と同時に、元の方針に戻り、入国が難しく
 
なるのであれば、只の観光収入目的がミエミエですね〜!
 
何処の国から来日されるにしても、日本の法と秩序を守って頂けるなら
 
大歓迎〜!!!です。
 
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
 
軽免許が廃止されたのは、昭和43年、1968年、その後
 
軽免許が廃止になったとき、その免許の所有者は360cc限定条件のつい
 
た普通免許に移行しました。
免許自体は普通免許となりましたが、運転できるクルマは360cc以下で
 
変わりありません。
その免許で限定解除していなければ、今でも360cc以下のクルマしか運
 
転できません。
360ccのクルマは今は生産されてませんが、現存するスバル360やホン
 
ダのN360などは運転できます。
 
7年前、普通免許で乗れるトラックの未熟運転等で事故が多発を期に
 
普通免許と中型免許に分別され新たに取得した普通免は総重量5トン
 
未満までしか運転できなくなりました。
 
それ以前に取得した普通免許取得者は、総重量8トンまで限定の
 
中型免許を自動的に付随しました。
 
私が初めて車を運転したのは、小学校4年生の頃で、当時親父が、
 
小さいながら経営していた町工場(モータース屋)で車の修理と板金を
 
主に販売もしていた関係で、車に触れる機会が多く関心毎の一つでした。
 
ドライブに行った先での閉鎖された道路内で、車を良く運転させて貰ってい
 
た事で、車に関する興味深々が途轍もなく深まり、小5の時にはマツダの
 
R360トルクコンバーター(今のAT車)を自分用にプレゼントしてくれました
 
プレゼントと言えば大げさかもしれませんが、廃車する車を練習代わりに
 
運転するためにくれたのだと、今思えば察知出来ます…。
 
当時は広島駅の裏(新幹線口)の少し東方面に住んでいたのですが、
 
今の様に完全舗装では無く、簡易舗装が道路全体の一部分になされて
 
いるだけのお粗末な状況でしたが、道幅も広く道路を車庫代わりにしても
 
当局からのお咎めも無く、飲酒運転も現在ほど厳しく無かったのを
 
子供ながら記憶しております。
 
その頃の記憶としてマルシンのハンバーグがスーパーにお目見えした事
 
を鮮明に覚えています。こんなに美味しい物が有るのかと驚きを隠せませ
 
んでした。後、学校の帰り道、校門の前に試食のナポリタンスパゲッティ―
 
を配っていまして、貰って帰り調理した貰うととても美味しかったのも
 
覚えています。
 
今思えばこの頃から欧米の食文化も少しづつ浸透し始めたのではないで
 
しょうか。
 
マルシンハンバーグにしても、スパゲッティ―にしても当時からの値段は
 
そんなに値上がりした格差は無い様に思います。
 
今でもスパは¥50程度、ハンバーグは¥100程度で販売されています
 
企業として成り立つのか当方の方が心配になります。
 
今このハンバーグと食べ比べると感動は薄れてしまっており自分の食生
 
活の変貌が気になります。
 
色んなメーカーが牛肉の含有量を多くしたりトッピングにアイデアを導き出
 
し美味しいテイストに仕上げて、競争力を上げています。
 
話が横道に逸れましたが、昭和の良き思い出の一ページは人それぞれ
 
多種多様ですが、懐かしく思うのは皆さん同じでしょうね。
 
私の一歳上の人までで軽自動車の免許廃止になり私は16歳からの自動
 
車デビューは3年後に先送りとなりました。
 
この頃の車は今ほど技術的に向上していなくて、ボディーの防錆や、
 
各駆動系の部品もお粗末で雨が降ればグリスアップしないと振動の度に
 
キーコ、キーコと擦れる音が発生したり、ちょっとぶつければ其処から錆が
 
発生し、車の価値を下げていました。
 
6年も使えば査定0が基本の時代ですから今の革新技術は大したもので
 
す。現在は10年でも15年でも経過した車が市場で出回っており、海外へ
 
の中古車市場も旺盛ですね。
 
17歳の頃免許も無いのに、自分で上の写真にあるN360の中古車を
 
友人から譲ってモラッタ事が有りました。
 
そこそこポンコツでしたがちゃんと動くし、破格の¥5.000でした。
 
川沿いの道路に駐車し、時々乗り回していました。
 
16歳で自動2輪の免許を、試験場に三度受けに行って合格し、二輪生活
 
が、スタートしたのですが、CL50、次にCB350エキスポート最後にダック
 
ス70をごねて買って貰い、二輪生活は充実していました。
 
ツーリングに友人と出掛けたり、三原駅まで初めて会う同級の女性二人
 
に会う為に、友達と二人で愛車で迎えに行くと電話して、相手は車と
 
勘違いし、ミニスカートで登場し、バイクの後ろに横乗りにして因島の
 
高見山荘迄、国道二号線を走っていると白バイに停車させられシートに
 
跨いで乗らないと違反だと中止され、ミニスカートのすそをヒラヒラさせなが
 
ら目的地に向かったエピソードなど、話せばきりがない人生を小走りに
 
歩んできました。
 
ある時は、スキーに嵌り、一シーズンに20日以上通って、泊まり込みで
 
行く事も何度かありましたが、バッグにスキーウエア―を入れ忘れ
 
パジャマだけ入れて友人のニッカボッカを借りてスキーをした事など
 
今思えば笑ってすまされる事も幾度かありましたね……汗
 
皆さんの若かりし頃のエピソードをコメント下さい。
 
次回も昭和のエピソードを書きたいと思います。

開く コメント(6)

20(土曜日)、21日(日曜日)の二日間家族での温泉旅行は無事終了し帰
 
宅しました。
 
初日は、秋吉サファリパークに立ち寄り、JAF会員証を掲示で、大人一人
 
入場料¥2,400の所¥400の値引きで入場する事が出来ました〜喜
 
旅館には午後4時にチェックインの予約をしておいたのですが、午後三時
 
からチェックインできるので、少々早かったのですが、チェックインし部屋に
 
案内されゆっくりと寛ぐことにしました。未だ誰もチェックインしておらず、
 
早速一番風呂を頂く事に決め、家族で、風呂に入る事に早速1階の風呂
 
場に行くと、そんなに大きな湯船ではありませんが、室内とドアで仕切られ
 
た露店風呂があり、どちらも利用しました。
 
泉質は単純弱アルカリ性で、湯に入ると柔らかな感触で肌がスベスベし
 
湯温も熱くも温くもなく丁度いい感じの設定で素晴らしい温泉を堪能でき
 
ました。
 
もう何十年も湯田温泉には訪れていなかったのですが、何処の地方都市
 
も例に漏れず経験したであろう近代化の波に湯田温泉も変貌しており
 
昔の情緒の良さは無くなっておりました。唯一旅館の室内は昭和の名残を
 
感じさせる作りのままで、心も落ち着く気持ちにさせてくれました。
 
一夜明けて朝もゆっくりとチェックアウトし、平成3年に焼失した
 
ザビエル記念聖堂を訪れましたが、昔の重厚な雰囲気は無く、近所の
 
ミッション系の幼稚園の園児たちが多勢お祈りの為に訪れていたので、
 
聖堂内には立ち寄る事無く、この場を離れ、無計画の温泉旅行は
 
帰路に着かず、国道9号線を津和野方面へと向かう事になりました。
 
昨日の晴天と裏腹に今日は、にわかに春雨が降り注ぎ、津和野に到着後
 
イメージ 1
                              津和野のメイン通り
イメージ 2
                              津和野城址からの羨望
 
津和野城址には太鼓谷稲成神社の参道から更に神社の入り口側から津
 
山城跡に伸びる自然歩道で登る事も出来ますが、我々はリフトで登頂しま
 
した。これでも城址のてっぺんまでは歩いて15分程アップダウンの道のり
 
を修行者の様に登らないと辿り着けません。
 
石垣の一部が数年前の地震や豪雨で崩れて回り道をしないと頂上には
 
行けなかったです。
 
その他に観光した場所。
 
秋芳洞、パチンコV6此処では夕食後遊戯しましたが、私は諭吉をすられて
 
しまいました〜汗
 
秋芳洞もSDカード(無事故無違反の証明カード所持者は入場割引が有り
 
ます)
 
感想として久しぶりの息子二人との家族旅行は団欒の内に進み、
 
より一層の家族の絆を深めた旅になったと感じました。
 
皆様も家族愛を再発見する家族旅行を年に一度位は実施される事を
 
お勧め致します。
 
御報告まで……。

開く コメント(2)

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事