twinbird0521のブログ

アジア、特にフィリピンの情報を主体に身近な出来事やニュースを発信します。

海外生活

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
マニラ首都圏開発庁(MMDA)は10日、首都圏で実施しているナンバーコーディング(ナンバープレートの末尾番号による曜日別の自動車使用規制)を強化する計画を明らかにした。11日付ビジネスワールドなどが伝えた。
 
MMDAは現在、月〜金曜日の午前7時〜午後7時にナンバーコーディングを実施している。対象は、月曜日が末尾番号1・2、火曜日が同3・4、水曜日が5・6、木曜日が7・8、金曜日が9・0の車両となっている。
 
トレンティノ長官は、規制対象となる車両の末尾番号を月曜日が1・2・3・4、火曜日が5・6・7・8などと設定し、規制期間を週2回とすると説明。末尾番号を現行の2つから4つに増やすことで、首都圏の交通量を40%削減することができるとの見方を示した。
 
既に、MMDAはナンバーコーディング導入の契機となった「総合通行量削減プログラム(UVVRP)」の変更に向け調査を開始。今月24日には、マニラ首都圏評議会(MMC)と協議する予定という。
 MMDAによると、首都圏では現在で230万台の車両が登録されており、そのうち自家用車が全体の75%を占めている。
 
形式的には、運用効果が有りそうですが、富裕層などの金持ちは番号に符合した別の車を購入し毎日乗り入れる事が出来そうですし、過去から現在でもそういう風なやり方で乗り切っていますね。
 
不公平感がありますし、何処までそのマナーを守るか不透明な処も感じます。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

中国では、最近デモや、暴動が年間、国内で20万件も発生している。
主な要因は国民の土地開発における地方農民の経済的格差が大きい事が挙げられる。
元々、農民は自分の土地を所有する事が許されておらず、土地を耕したり、使用する権利を与えられているに過ぎず、使用する権利を売却するしか出来ないのである。
 
権利を売却し数百万円のお金を農民が手にしても新しく地方政府が農民の為に立てた住居は高くて住めないのである。
 
土地の使用権利を売却してその地を離れても新たな職業に就くことは難しく無職で、親せきからの援助や近所からの施しによってしか生活を送る術がないのが現実で、困窮している農民が大半である。
 
地方政府が、中央政府(北京)に農民による陳情を訴えられると地方政府は、大きなリスクを負うことになり、監督不行き届きとして、
左遷されたり首切りとなって指導者としての資質を疑われ上級職への道が閉ざされる。
そのため中央に陳情に上京(北京)する農民を追いかけて上京、又中央の公安から連絡が入り隔離されてしまう事が度々あるようだ。
 
此処数年で民間による官民のこう言った問題に交渉人という職業が
 
作られ繁忙の域に達している様相である。
元々中国では共産主義により政府や、それに携わる公務員は絶対的な権力で住民の意見を説き伏せ、隔離したり、或は暴力に訴え大人しくさせていた。
民間の交渉人が最近、政府や人民からも慕われるような状況になってきている。
 
北京の郊外に事務所を構える周さんもそんな中の一人である。
 
彼の所に依頼が来ると早速問題の地域に訪問し官民両者の意見を聞きお互いが歩みいれる事の出来る状況に交渉を進めて行き解決へと持って行くのです。
そんなある日、国の幹部を養成する中央校から、交渉に関する資料の作成依頼がきて、自分の経験してきた実務の一部をレポートにして提出することにした。
 
何とも驚きの依頼である。
 
中国では旧態依然の権力や、暴力で人民を抑えつける方策しかなく
交渉というような実務的な要素を兼ね備えた資料が無いのである。
 
此処に中国4000年の歴史の強い者が弱い者を押さえつけ統治する人道的な要素の薄い歴史を物語っているのである。
経済発展により中国から海外旅行に出かかる富裕層以外の中間層などの失態が多くの観光地や、ホテルで見受けられるのも致し方ないのかもしれない。
 
躾という言葉はこの大きな大陸には皆無で、もめ事があると暴動を起こし或は瓦礫や、棒を持ち込み相手に威嚇、暴力に訴え交渉と言う術は持っていなかったのである。
 
しかし、この周さん様な人物が増え、官民にたいして教育していけば何年掛かるか分からないが、やがて法事国家の仲間入りする時が来るかもしれない。
周さんに期待をしたいものである。
 
 
「98年の時点で30万元(約450万円)の価値を持っていた住宅の価格は現在500万元(約7500万円)に達している。
98年当時、その住宅を30万元で販売していたわけで、利益は30万元だけだ。30万元が500万元に変わるのだから、これは巨大な利益だ。特に30万元の住宅を6万元(約90万円)の頭金で購入した人は、6万元が数十倍の500万元になったことになる」
 
一方、多くの非北京市戸籍所有者の收入の50〜70%は「家賃」に消えていると報道。家賃は上昇しても、給与は上がらず、市民の負担がますます重くなっており、生活の質が下降している。
 
中央政府と地方政府の関係
 
2008年3月25日午後7時半、4歳の息子が行方不明になった。ショップの前で遊んでいた息子から目を離した数分間の出来事だった。

彭さんは派出所に通報したが、条件を満たしていないと、事件として対応してもらえなかった。家族、親戚全員で周辺を捜索したが、有力な手がかりはない。近くに設置された監視カメラを調べようとしても、関係者は誰も応じてくれなかった。その日を境に彭さん一家の生活は一変した。

現状打開のために同様に子どもが行方不明になったほかの6人の親と共に、中央政府への陳情を試みたが、北京駅についた途端、待ち伏せしている地元警察に強制送還された。情報は事前に漏れたようだ。陳情は失敗に終わったものの、地元警察はやっと重い腰を上げて、監視カメラを調べるなど捜査に着手した。後に、自宅付近の監視カメラに息子が誘拐された場面が写っていたことが判明した。
 
この様に地方で事が起きて地方政府に訴えても相手にしてもらえず、中央政府に陳情に行こうとすると地方政府の監督不行き届きが発覚恐れ陳情者を逮捕又は隔離するのが今の政府のやり方です。
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

中国では「反日」機運が高まっているが、その一方で、中国人による「日本買い」が広がっている。
 
中国人は「日本買い」に邁進しているのか?
 
中国には「狡兎三窟」(こうとさんくつ)という言葉がある。「ずる賢いウサギは3つの逃げ場を用意している」という意味だが、昨今の富裕層の資産管理も然り。資産は現金や預金だけでなく不動産や有価証券など3つ以上に分散する。不動産も国内、海外数か所と幾つも持ちたがる。「愛国」を表看板で掲げつつも、共産党政府系の人間を含め、政府・他者を信用していないことが根底にある。
 
しかも中国国内では土地の所有は認められておらず、借地権のみ。なにより環境が劣悪で、食材にも不安があるという中で、リスク分散、投機目的、新たな利権確保のひとつとして「日本買い」がある。皮肉なことに、日本人にとっては経済の低迷続きで「不安」な日本も、中国人にとっては〝腐っても鯛〟高値安定の優良物件なのだ。
 そうした現実に対して日本政府はあまりにスキだらけだ。
 
例えば、外国人土地法という法律がある(大正14年に制定)。その第4条には、「国防上必要ナル地区ニ於テハ勅令ヲ以テ外国人又ハ外国法人ノ土地ニ関スル権利ノ取得ニ付禁止ヲ為シ又ハ条件若ハ制限ヲ附スルコトヲ得」とある。だが、この法律自体が、現在は形骸化している。
 
2008年頃から、長崎県・対馬での韓国資本による土地取得が問題になったのを機に、同法が注目された。当時、政府はこの法律の活用を見送る答弁を行なったが、むしろ同法を強化して、例えば国防上の拠点や北海道の水源地など国民の安全・安心にかかわる土地の場合、外国人に対しては借地権に限定したり、取得数と面積、場所の制限を設けたり、不動産取得税の税率を大幅に上げるといった対策が急務ではないだろうか。
 実際、北海道の町村では、外国資本による「水源狙い」の土地取得に用地買収で対抗したり、条例によって開発・土地取引を規制する動きも広がっている。
 
比国では外国人が土地を自分名義に所有する事を基本的に禁じている。
自国民を守る為に行っている事である。
 
何故日本は、容易く外国人でも日本の土地を手に入れることが出来るのであろうか?
 
政府の早急な対策を講じることを願っている。
 

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

パクリの半島と、大陸

イメージ 1
中国のアメリカよりパクリのジープ猛士
 
イメージ 2
アメリカ軍の軍用ジープハンヴィー
 
「iPad」の商標権訴訟で6000万ドル(約48億円)もの和解金を本家のアップルに支払わせたり、技術供与で開発した日本の新幹線を「中国製」といい出したりと、中国のパクリ問題は枚挙に暇がない。
 
中国製軍用ジープもその1つ。米国の軍用ジープ「ハンヴィー」に対し、中国軍が使用しているのが「猛士」。中国側は、「原型はハンヴィーを参考にしたが、部品の大半は中国製」と「国産」を強調している。
 
ミッキーマウスからドラえもん、家電製品から何もかもパクリで自国の開発した物と主張するこの大陸は、国を挙げて国民10億総パクリの国である。
現在は尖閣諸島を自国の所有権だと主張し、あわよくば沖縄も主権が有るように言ってきている。
他の諸国はこれに比べると可愛い者である。大陸と半島は本当に隔離しないと我々の未来は暗いものになってしまうと懸念している。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

皆様お久しぶりです。比国もドンドン飛躍し、便利な世の中に成りつつありますが、食べる事で精一杯の家庭には縁の無いようなことばかりが進んで、貧困層の事は置き去りになっているような状況は今も未来も変わらないのでしょうね。
 
地場格安航空会社(LCC)最大手セブ・パシフィック航空は、8月16日からマニラとタイ南部のプーケット島を結ぶ路線で運航を開始すると発表した。同国への乗り入れはバンコクに続き2カ所目となる。
 月、水、金曜日の週3便を運航。運航スケジュールは、往路が午後8時マニラ発、同11時プーケット着、復路は午前0時プーケット発、同5時5分マニラ着で、航空機はエアバスのA320を使用する。通常料金は片道3,499ペソ(約8,700円)からとなっている。
 キャンディス・イヨグ副社長は、同航空がこれまでにインドネシアのバリ島や世界遺産「アンコールワット」で知られるカンボジアのシェムリアップ、ベトナムのハノイ、マレーシアのコタキナバルに就航した点に言及。新婚旅行者や低予算で旅行を楽しむバックパッカーなどに低価格で旅行機会を提供していると説明した。
 
 ■PAL、搭乗手続き遅れに課金
 
 フィリピン航空(PAL)は、搭乗手続き時間に遅れた国内線の利用者に対し、15日から1,500ペソを追加で課金していることを明らかにした。スターなどが伝えた。
 短文投稿サイト「ツイッター」に寄せられた情報を事実と認め、出発時刻の45分前を過ぎて搭乗手続きを行った際に課金していると説明した。無料手荷物の上限を15キログラムから10キロに引き下げたことも明らかにしている。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事