汽車・火車・汽車

寒さが増してきましたね、夏からいきなり冬のイメージが・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
鶴岡市の郊外国道7号線沿い羽前水沢駅より約1kmの蕎麦屋「大松庵」に庄内交通の
電車が2両おいてありました。モハ5とモハ8。
その後モハ5は早々に解体されたようですがモハ8は車輪もはずされ台車を窪地にはめて橋がわり?倉庫がわりとなり屋根も抜けてモハ8は平成19年に解体された。
イメージ 1
●蕎麦屋の駐車場のモハ5
イメージ 2
●モハ8と北大山の駅名板
昭和55年1月20日、鶴見線で73形の「サヨナラ列車」が運転されました。
これで首都圏からぶどう色の72系は全車引退となりました。
鶴見線のさよなら列車運転当日は、首都圏最後の72系をカメラに収めようと、沿線は大勢のファンであふれかえりました。約1万人の人出があったそうです。
 
イメージ 1
●101系と並ぶさよなら電車
イメージ 2
●群がるマニア
イメージ 3
●工場群を走る
イメージ 4
●外から見ても満員の車内
イメージ 5
●踏み切りにも鈴なり
イメージ 6
●凄いカメラの砲列
 
昭和43年7月1日国鉄御殿場線が電化され、それまでの小田急キハ5000形に変わり元々小田急線の特急として開発されたロマンスカー3000系連接車が「あさぎり」として乗り入れを開始した。
以来平成3年3月15日の「あさぎり8号」まで長きに渡り運転された。
イメージ 1
●第一酒匂川鉄橋を渡る3000系あさぎり

開く トラックバック(1)

昭和56年3月17日箱根登山鉄道ベルニナ号完成発車式が小田原駅で開催された。
箱根登山鉄道1000形電車は、モハ2形以来実に46年ぶりの新車として第1編成が川崎重工業製で完成した。
姉妹提携を結ぶスイスのレーティッシュ鉄道のベルニナ線にちなんで、ベルニナ号の愛称がある。
イメージ 1
●小田原駅のベルニナ号1002
イメージ 2
●ベルニナ号1002
イメージ 3
●ベルニナ号1001
阿里山森林鉄路站舎(13)は北門站(2) 阿里山 麗星北門大飯店です。
北門站は明治43年10月1日の嘉義〜竹崎間の開通時に開業。
嘉義〜竹崎間にあり、標高は31mです。嘉義からの営業キロは1,6kmです。
平成20年6月19日より宏都建設を母体とする「宏都阿里山国際開発公司」によって、BOT方式で民間事業者が自ら資金を調達して施設を建設、一定期間管理・運営(Operate)を行い資金を回収した後、将来的には公共に施設を移管方式で民営化されたが、平成22年3月22日をもって契約を解除し平成22年5月8日より林務局の管理下に戻ったが、宏都側が裁判に持ち込み、いまだに解決していない。
そのため客室131を持つ大型ホテル阿里山麗星北門大飯店は民国100年12月2日約8億元かけて落成したが
今だに使われていない。 尚、現北門站はホテルと構内をはさんだ反対側にある旧旧北門站を使用中。
イメージ 4
●落成した阿里山麗星北門大飯店・北門站構内から 
イメージ 3
●1階一番右側が北門站入口紙が貼ってあるところが北門站部分
イメージ 2
●ホームからホテル入口へ、今はホテル自体無人のためガードマン一人がいるだけ。
イメージ 1
●ホテル側ホームより構内を見る、右手が嘉義方向!
イメージ 5
●現北門站側よりホテル側を                                  民国101年7月8日
 
 

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事