汽車・火車・汽車

寒さが増してきましたね、夏からいきなり冬のイメージが・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
松本電鉄浅間線松本駅前から浅間温泉まで5.3kmの軌道線で大正13年4月19日筑摩電気鉄道によって全区間開業。昭和7年12月2日松本電気鉄道に社名変更。
昭和39年4月1日並行するバスに押されて乗客が減少し、松本駅前通の渋滞解消のため廃止された。
車庫は途中の横田にありました。
浅間温泉駅は廃止後も浅間温泉バスターミナルとして使用されたが2010年6月に更地にされ宅地に
なったようです。
イメージ 1
●浅間温泉駅のデハ2。
 
写真のデハ2は1926年にデハ5として製造され、1931年7月に車両番号の変更が行われ、デハ2と改番した。
その後は車両の増減はなく、最後まで木造電車6両で運転されたいました、
 

 
本日ららぽーと新三郷に用事があり初めていってきました。ららぽーと新三郷には夢空間の車両のうちオハフ25901「クリスタルラウンジ スプレモ」とオシ25901「ダイニングカー」の二両が展示されています。
オハフ25901「クリスタルラウンジ スプレモ」は現在も車内で飲食が出来るように開放され、マックやSubwayで購入し利用されている。
イメージ 1
夢空間車両は平成元年に製造されしたもので、展望食堂車・ラウンジカー・寝台車の3両で成っています。各車両の内装は大手デパート3社が担当しました。どれも非常に華やかなものとなっています。
団体専用車両として使用されていましたが平成20年3月、車両老朽化に伴い、ついに廃車になりました。
平成21年9月17日にららぽーと新三郷がグランドオープンし、ここに夢空間の2両がが展示されました。
イメージ 2
●オハフ25901「クリスタルラウンジ スプレモ」
イメージ 3
●仮設ホームの乗り場
イメージ 4
●中央にバーカウンター、自動演奏ピアノを備えたラウンジカー。松屋デパートが内装を担当した。
イメージ 5
●駐車場横のエコ広場に展示されたオシ25901「ダイニングカー」
イメージ 6
●こちらの車両は内部は残念ながら公開されていませんでした。
イメージ 7
●オハフ25901ラウンジカーに比べこちらの車両は大分傷んでいました。
 
オロネ25 901 「デラックススリーパー」個室寝台車。高島屋が内装を担当した。A個室が3部屋あり、定員は6名。一室は「エクセレントスイート」残りの二室は「スーぺりアツイン」という部屋。どの部屋も独立した固定ベッド、ソファ、テーブル、TV、ユニットバスが完備している。
この車両は最近?新木場 フレンチレストラン アタゴールで保存展示されているようです。

 
今回はハフ1・ハフ2です、ポールはついていませんがポール時代の写真です。
ハフ1形
銚子鉄道が開業した大正12年に雨宮製作所で新造された木造2軸の荷物合造緩急客車ハニ1・2が前身。
昭和14年に台枠を流用し、半木製車体に載せかえられてハフ1・2に改造されて機関車や電車に牽引されましたが、昭和53年に老朽化のため廃車解体されました。
イメージ 1
●仲ノ町のハフ1
イメージ 2
●仲ノ町のハフ2

開く トラックバック(1)

昭和39年8月16日新宿駅で撮影中80系電車にヘッドマーク?非電化の房総に電車?。
撮影時は驚いたものですが、なんと千葉から先はDD13重連+クハ16(ヂィーゼル発電機を搭載して電源車
として)を連結して80系を牽引して運行していたようです。手のかかった面白いことをするものですね。
残念ながらDD13との連結場面は撮影できませんでした。
イメージ 1
●新宿駅に進入する80系白浜号
東海道新幹線開業を直前に東海道線の写真を取りに根府川に!
さすがに東海道線、こだまやつばめ、なにわ、よど、EF58などなど次から次と休むまもなく列車がきて、今から思えば贅沢な悩みでフィルムの残数を気にしながら撮影したものです。
イメージ 1
●根府川をゆく特急はと号

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事