汽車・火車・汽車

寒さが増してきましたね、夏からいきなり冬のイメージが・・・

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昭和42年7月3日「特別快速」の運行を開始。設定時より昼間時のみ運行。
同日高尾駅の発車式でテープカットが行われました。
運転時間帯が拡大されたのは昭和61年です。
イメージ 1
●高尾駅の特別快速誕生の看板。
イメージ 2
●テープカットは一人?寂しいテープカットですね。
イメージ 3
●テープカット後発車する101系特別快速。
イメージ 4
●発車後の特別快速(後追い)初期のヘッドマークは車内吊りの小さなものでした。

開く トラックバック(2)

昭和41年4月28日中野駅〜荻窪駅間複々線化が完成した。荻窪駅 - 三鷹駅間複々線工事の完成は約3年後の昭和44年4月と時間差があります。
そんな工事の最中、昭和39年9月12日高架化工事の写真を撮りに行きました。
とりあえず、今までの平面複線線路を高架にし、その後高架に線路を増やして複々線化完了とします。
最初の複線部分の高架化工事も終盤を迎え、路盤道床をつき固め工事もほとんど終わり、
重い機関車が時速15キロ位で新路盤の上をゆっくりと何度も往復。砂利を盛り直した線路を踏み固めたり、
線路の状況をチェックしていた。このあとSLも入線し工事は大詰に。
今回はDD13+ED17+車掌車という編成でした。
イメージ 1
 
イメージ 2
●昭和39年9月12日中野〜高円寺間
 
昭和37年5月22日常磐線平へ向かう途中土浦駅に常総筑波鉄道 急行つくばね号が停車していました。
なかなか綺麗な列車で、キハ505は両運転台片開き2ドア18m級気動車でセミクロスシートです。
この車はキハ504とともに空気バネ台車をはいている(キハ503は空気バネではないらしい。)
 
イメージ 1
●駅弁売りが懐かしい!

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事