汽車・火車・汽車

寒さが増してきましたね、夏からいきなり冬のイメージが・・・

国鉄

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

東武の小菅で降り築堤を歩き撮影を!まだ常磐線に少しSLが走った時代。
D51や旧国がやってきました。当日は東武や京成など撮影、結構歩いたので足が棒になったような
記憶があります。
イメージ 1
●D51368牽引の貨物列車
イメージ 2
●松戸行き電車
 

開く コメント(0)

キハ35系気動車は、国鉄が1961年から製造した通勤形気動車でキハ35形・キハ36形・キハ30形がある。特に目立つのが昭和38年に東急車輛で製造された、キハ35-900番台、901〜910の10両がステンレス車で製造当初は無塗装で銀色のステンレス地肌に幕板・腰板部分にはコルゲートであった。
当初の配属先の房総半島は霧の発生しやすい気候のため、遠方視認性を高める目的で前面に朱色4号の帯が入り、末期には一般車と同様の「首都圏色」に塗装された。すでに全車廃車されている。
イメージ 1
●前面赤帯が入った時代のキハ35-900番台
イメージ 2
●すごい編成ですね!C571の撮影の際に来ました。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

昭和40年10月1日167系修学旅行用[わかくさ」号を品川駅で撮影、新造の167系電車ぴかぴかの
新車でした。因みにわかくさ号の運転初日でした。またヘッドマークが変わっており片側は車体に合わせて折り曲げられていました。もうひとつのヘッドマークは通常の横一線のヘッドマークでした。
昭和40年10月1日からは、ひので・きぼうの混雑を解消するため、新たにわかくさ・わかばが新設されわかくさ号は関東地区用で新造された修学旅行用電車167系電車、品川〜京都間に運転されました。
イメージ 1
●品川駅での変形ヘッドマークのわかくさ号。
イメージ 2
●発車したわかくさ号、後部は通常のヘッドマークでした。

開く コメント(2)

昭和37年6月10日159系修学旅行用「こまどり」号を撮影。
昭和33年ごろになると修学旅行列車専用車両の製造が要望され、翌昭和34年に初の専用電車となる155系電車が登場した、いわゆる「ひので」型である。
昭和35年4月20日から運転を開始した大垣〜品川間の「こまどり」は、準急・急行用の153系電車が
ピンチヒッターとして登場。修学旅行シーズン以外は臨時準急「ながら」として運転され往復昼行列車のダイヤが組まれました。
その後昭和36年3月 「こまどり」用の159系電車が落成し、153系に代わって投入された
159系電車は昭和36年4月9日から大垣〜品川・東京間の「こまどり」で運転を開始し、修学旅行シーズンが終了すると東京〜大垣間の臨時準急「ながら」として活躍。
昭和37年秋からは中京地区と山陽地区を結ぶ「わかあゆ」にも使用されることになりました。
1975年頃からは車体塗色が湘南色になり1980年に廃車解体された。
イメージ 1
●東京駅の159系修学旅行用、こまどり号

開く コメント(4)

昭和39年5月4日銚子電鉄と国鉄のSLを撮影に!
(1)では銚子電鉄、(2)国鉄のSLを投稿致しました。(3)ではその他、準急やキハやSLを投稿
いたします。
銚子駅構内は撮影には良いスペースがあり、本数も多く楽しめ当時はSLや気動車や入換
など結構楽しめました。
イメージ 1
●腕木信号機と気動車
イメージ 2
●準急犬吠号
イメージ 3
●C58150
イメージ 4
●構内入換中のC5755

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事