全体表示

[ リスト ]

Piet Mondrian

今日は久しぶりに芸術家を紹介したと思います^^
Piet Mondrian
1872年生まれの、
抽象絵画の生み親とも言えるアーティストです
さっそく↓に絵を貼ってみます


ま〜 一見ただの四角ですね そこまで大きくもないのになんでこういうのが20億円もするんだろうと思うぐらいですね 

このすばらしさと芸術歴史的価値を理解するためには、彼のもっと古い絵も見なければなりません
時間を遡っていきましょう
この絵の少し前まではこういうものを描いていました



これもまだ十分意味わからないですね^^;

ではさらに前を見てみましょう
そうです、最初の四角の元となったのはこの木なんです。
モンドレアンはコレを徐々に省略化し、シンプルにしていきました。
たどり着いたのは四角と3原色でした。もちろん、一番上の絵では、木と連想できるものは、無いと言っていいでしょう。
僕は、どの芸術家であっても、有名な絵より、その前の最終結果にたどり着く前の絵のほうが興味深いと思います。


明日は最初に貼った絵についてもう少し描こうと思います^^

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

たしかに、有名な作品ばっかり見せられて これはピカソ ファンゴッホ ミロ とか言われるけど、進化の過程を見てこそ最後の絵のよさが見えてくるものだな。

2011/5/5(木) 午前 2:05 hy0 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事