ここから本文です

書庫全体表示

週末、オーナーヤマモト君に “ロケットカウルのイメージ”・“カットする箇所”を決めてもらう為、来店してもらった。

油性マジックでマーキングしてもらったのだが・・・

イメージ 1
イメージ 2

なかなか良いイメージ!!
さすがスマホで何十台もの 『ロケットカウルを着けたバイク画像』 を検索し、見ただけはある。

要望は “タンクエンブレムに対して真っ直ぐで、ギリギリ丸々エンブレムが見える事” だそうだ・・・。

まずは、右側からカットしていく。
イメージ 3
イメージ 4
3mm残しからの・・・
                                  
イメージ 5
イメージ 6
ヤマモトマーキングギリギリを攻める


お次は左側。
キチンとした物であれば、右側のカットしたモノを宛(あて)がい、マーキングし、カットするだけなのだが・・・
イメージ 7
イメージ 8
コレだけ違うと、その方法は出来ない・・・。

左側をカットしつつ、左右対称に成形していく。
イメージ 9

取り付けてみる。
イメージ 10
イメージ 11
「タンクエンブレムがカウルに隠れる事が無く、ギリギリ丸々見えるように」という要望はクリアしたのではないだろうか・・・。


続いて、スクリーンをカットする。
『そのまま(無加工で)付ける』 といった、芸の無いことはしない・・・。
イメージ 12
イメージ 13
そのまま付けるとデカイからね。


イメージ 14
                                  
イメージ 15
イメージ 16


部の長さと形状が気になる。
イメージ 17

取り外し、カット&整形する。
イメージ 18
グラインダーで丸く切断する。
イメージ 25



もっとスクリーンを低く取り付ける為、メーターステーを加工する。
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21



ハンドルを左右にキリまくって、当たらない事を確認し、メーター類を取り付ける。
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
ウマく出来た
イイ感じ〜

                                  

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事