全体表示

[ リスト ]

イメージ 1配信回数400億回を超えるほどの人気ファンタジーラブ史劇。
天族・狐族・翼族という三つの民族が織りなす恋愛劇だが、全て架空の要するに神様や仙人に近い種族の喜怒哀楽を描いている。
当然雲の上の話なので、人間界も存在する。
天族は天君と呼ばれる言わば天皇の様な元に、四方八海を束ねる上神や小神などが暮らし、狐族は青丘という場所に住み、代々女帝の元で暮らす平和な一族。
翼族は武力で世界を統一しようとする言わば悪の存在。
そんな中で次期狐族の女帝と言われる白浅が、男子と偽って修行の為、武神である墨淵上神に弟子入りいた時から物語は始まる。
物語は三部構成で、それぞれに多彩な人物が登場するが、三国志の様な慣れなければ人間相関図が判らないと言うほどの難解さは無い。
比較的、各部族のディテールが違うので判りやすい。
長編ドラマなので中半辺りから本題と離れたシーンもあり、若干退屈する時もあったが、全体からすると非常にムードがあって、夢がある、これぞファンタジーと言える作品となっている。
当然、女同士の醜い嫉妬から来る嫌がらせや、主人公に対する軋轢などもふんだんに描かれている。
又、全編に流れるBGMも秀逸で、エンドタイトル時に流れるの『涼涼』という歌もいい。
本場中国でも高視聴率をあげただけあって、日本人にも非常に好まれるドラマではないかと感じる。
役者も豊富で、男女問わず人気の実力若手俳優が、こぞって競演している。
ただ全体に言える事だが、この脚本には大きく分けて六つの恋愛が描かれている。
その中でも愛する男の為に一心に尽くす女の姿が複数描かれるが、どれも男に相手にされないばかりか、悲しい運命が待ち受けているといった女性に対しては心が痛くなるシチュエーションも多く、若干同情に値する女性像も描かれている。
又、特にこのドラマ、出て来る女優は美女が多く、例え悪女でも美人が多い。
それだけに華があるドラマとも言える。
出演・ヤン・ミー(楊冪)、マーク・チャオ(趙又延)、ケン・チャン(張智堯)、マギー・ウォン(黄夢塋)、ディリラバ・ティルムラット(迪麗熱巴)、ガオ・ウェイグァン(高偉光)、リゥ・ルイリン(劉芮麟)、チャン・ビンビン(張彬彬)、ダイ・スー(代斯)
監督・リン・ユーフェン
2017年度中国ドラマ・カラー全58話

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事