全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

白川郷

帰路は東海北陸道を南下することに。寄り道はいままで行ったことなかった白川郷。以前下呂に行った時はそれぽい模倣物を見ただけだった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

日本の原風景か。合掌造りは民宿などで、ふつうに人が暮らしている。朝夕涼しいだろうが日中は暑そう。
藁を葺き替えている現場に遭遇した。

イメージ 5

なかなか大変な作業のようだ。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

登頂しないまま下山し、同じ道を引き返すのもつまらないので、長野県から新潟県に行くことにした。
観光地を急遽探して見つけたのは標題の糸魚川市のフォッサマグナミュージアム。
ヒスイの展示すごかったが特に興味ないので写真も撮らず。
動画でフォッサマグナの成り立ちを見る。関西にいるとあまり馴染みないので勉強になった。
地域的には関係ない産地の化石展示に目を奪われる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

北海道や外国のアンモナイト多くたいへん迫力ある標本だった。

この記事に

開く コメント(2)

瑞浪市化石博物館

さらに時間が前後する。
中央道を瑞浪でおりて、化石博物館へ。
瑞浪の化石群を満喫。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

瑞浪市には関係ない入り口のキャナドセラスに反応してしまう。
一般の人たちはアンモナイトのキャナドセラスということがわからないようで、これはアンモナイトみたいだけどキャナドセラスというやつなんだと話しているのが気になった。世間の認知度はそんなものだろう。
ここはイメージキャラの瑞浪M ioのパネルがあった。なかなか力を入れているようだ。最近普及のためか多いですね。
個人的には黒潮しららが気になるけど。

この記事に

開く コメント(0)

寝覚めの床

時間は前後する。
中央高速道路を途中で降り、国道19号線を走る。高速道路とは山を挟んで反対側。JR在来線の中央線で長野方面行かれた方はお分かりでしょうが渓谷沿いを走る道で信号も少なくトラックなどの交通も多いが快適に楽しみながら走れる道である。
同行者の案内で、木曽郡上松町の絶景、寝覚めの床を見ることができた。

イメージ 1

高所からの眺望で足もすくむがたいへん迫力ある眺めだった。
成り立ちを後日調べると花崗岩の方状節理で川の底で削られたものがダムで水位が下がり見れるようになったらしい。
自然の力は時に牙を剥くが美しい造形も見せてくれる。

この記事に

開く コメント(0)

海の日は山

今年の海の日は、後立山連峰の唐松岳を目指した。
いままで2回計画し諸事情で中止、今回は三度目の正直のはず。

イメージ 1

イメージ 2

体調を考慮し前泊、第三ケルンを越え八方池に到着。素晴らしい快晴、白馬連峰と八方池の眺望良好。
しかし観光日帰り客も含めあまりの人の多さとパートナーの靴のアクシデント等悪条件重なり頂上を踏まず下山となった。

イメージ 3

勇気ある撤退後、新潟に抜けて日本海周りの周遊旅行に予定急変となる。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事