詩集、言の葉

無数の星々のきらめきのように、私達の輝きを永遠に愛し続けよう。

詩(うた)

すべて表示

神が父であるならば

神が全知全能な我等の父ならば、きっと私達の前に難しい問題を突きつけて、「ほら、といてみろ」というのだろう。 彼が優秀な父である限り、私達の進む先にある苦難を彼が全て取り除く事はなく、ただそこでじっと私達がどうするのか眺めるのだろう。 息子や娘が難しい問題に突き当たるたび、彼らの前の問題を解いて答えを教えてやるような神は、父ではないはずだ。 よく、勘違いするものがいる。主は我々の父で、我々を見守ってくれている、と。 神は我々、の父であって一人一人の父ではない。 その我々、には人以外も含まれているのだろう。 彼が愛おしみ、慈しんで作り上げたこの世界に生きる全ての命に貴賎を作らず、平等に愛し平等に扱うのが神なのだろう。 ならば、人間が繁栄するために何千匹の動物を殺すのか、それをすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事