菜食主義の犬たち―門脈シャント・肝性脳症の愛犬の記録

門脈体循環シャント/特発性肝繊維症/炎症性腸疾患の愛犬たちの闘病記など。最近は保護犬猫の話題が増えてます。

最新記事

すべて表示

災害に備えて

北海道の地震 知人も数人、住んでいる地域なので、気になります。 もっと、災害救助犬の育成など手掛けていた方もいるので きっと、現場に出ていらっしゃるのかな・・・とも。 持病のある犬猫にとっても 災害は大きな負担になります ...すべて表示すべて表示

容態

2018/5/16(水) 午前 11:06

3月に失神したはるく、その後は倒れることもなく過ごしているが、体調は明らかにおとろえている。 巻尾が力なく垂れており、神経質になった。 室内のケージより、猫のいない車内に居たがり、この先の季節、どうしたものか思案中。 昨年、前庭疾患を ...すべて表示すべて表示

老犬とワクチン

2018/4/30(月) 午後 10:00

保護から8年、当時5歳ぐらいを推定されていたはるくも、推定13歳ということになる。 昨年、鹿肉を使ったプレミアムフードで体調を崩し、イチかバチかで手作り食に切り替えて回復した彼は、体調不良のため、昨年度の混合ワクチンを見送った。不活化ワク ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事