菜食主義の犬たち―門脈シャント・肝性脳症の愛犬の記録

門脈体循環シャント/特発性肝繊維症/炎症性腸疾患の愛犬たちの闘病記など。最近は保護犬猫の話題が増えてます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先に発表があったように、Yahoo!ブログが今年12月で閉鎖になるのに伴い、6月から他のブログへの移行が可能になるとのこと。
手順の確認をしようと、管理サイトを見に行ったら、ブログ記事にいただいたコメントは、移転させるブログには移行できないと明記されている。

これは私にとってはこまったことで、非常に専門性の高いコメントを多くいただいているために、この先、閉鎖までにとにかく全部のコピーを取っておこうと思います。

獣医学の進歩はめざましく、ここに書いてある記事のほとんどが、今では古い情報になっているはずだけれど、「今の常識」の下地を担った部分もあると確信しているので。

開く コメント(1)

ブログ引っ越し準備

2019年12月15日で、Yahoo!ブログのサービス修了とのお知らせが表示されている。
それまでに別のところに移転しないと、内容が消えてしまうとのこと。
犬の肝性脳症や門脈シャントについて、動物医学は随分研究が進んだから、このブログの存在意義も薄くなってきているかなと思っているが、一つの記録として残す価値があろうかと思う。
とりあえず、近日中に、引っ越し準備を始めよう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

それなりに

昨年、突然の失神のあと、しばらく本調子ではないようすだったはるく、秋になって涼しくなり始めると少しずつ元気を取り戻してきた。
今では、散歩もしっぽをあげてトコトコ走るし、食欲もある。ただ、年齢が上がった分、睡眠時間が増えて、踏ん張りもきかない。排便時によろけるので、軽く支えたりしている。
それでも、こうして高齢犬としては元気に歩いたりできるのも、食事に添加しているベジタブルサポートのおかげだと思う。
先代のニコラの症例を基に、お世話になった先生方が開発されたもので、私たちが試薬のアミノ酸を組み合わせて合成していた犬向けのアミノ酸サプリメントを、野菜などからつくってあるもので、自分で作る手間が省けて大助かりなのだ。
はるくの場合、メインの食餌としては処方食を使っているが、それでも痩せてきて、たんぱくが足りていないと判断できる状態だったので、適宜使っている、病気の対策ではないので、状態を見ながらの量の調整が欠かせない。
先代の犬で研究してきたことが、次の世代の犬を救っていることをうれしく思う。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

食べ物で体調を崩しやすい、はるくの場合、手作り食でひとつひとつ食べたものと体調の関係を確認して、豚肉などが原因になっていたことを突き止めて体調維持のポイントにしている。
そんな中で、これまで整腸作用を期待して使ってきたリンゴが、もしかするとアレルギーを起こしやすくなっているかもしれないことに気が付いた。
これに代わるものは何だろう?

いま、食べさせているのが、じゃが芋やサツマイモを蒸して、おろし金ですりおろしたもの。
ゆでてからつぶすより簡単にできる。


これで適度な水分を含んだ、形状の良い便が出ている。芋は、はるくの好物でもあるので、食生活に楽しい変化もつけられる。
我が家の場合、ストーブを利用して、常時芋類を蒸しておく。もちろん人間のおかずをつくるにも大活躍する。


開く コメント(0)

災害に備えて

北海道の地震
知人も数人、住んでいる地域なので、気になります。
もっと、災害救助犬の育成など手掛けていた方もいるので
きっと、現場に出ていらっしゃるのかな・・・とも。


持病のある犬猫にとっても
災害は大きな負担になります。
泌尿器系の持病を持つ猫が複数いると
非常食としても缶入りフードは常にストックです。
支援物資にそういうものは入ってないことが多いですから。

そして、水は猫たちが飲める軟水のもの。
ミネラルウォーターは、成分によっては病気を悪化させるので。
空きボトルに、生活用水としての水も。

忘れがちだけど、日々の備えは大切です。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事