ここから本文です
≪熊野ロマンチックエリア≫
★ この季節を大いに楽しみましょう。 …画像はクマタカです。

書庫全体表示

イメージ 1

田辺市芳養川河口 2011.3.12

こじんまりした芳養川の河口にも、セグロカモメ、オオセグロカモメ、カモメ、ウミネコなどカモメ類が集まってきます。

水面から数メートル高い防波堤の上から、これらを観察して少し撮影しました。

その中からこの画像をご覧頂ましょう。

二羽共に昨年生まれのオオセグロカモメです。この時季になると幼羽が褪色してこんなに白っぽくなるんです。

時に、カモメ類の識別に不慣れな人は、このような個体をシロカモメやワシカモメと見誤ることが少なくないようです。


シロカモメの幼鳥や若鳥は嘴(くちばし)のパターンがツートンカラーですから、落ち着いて見れば、間違うことはありません。

よく間違われるのは、ワシカモメの幼鳥です。ワシカモメはこの個体と同じように嘴が黒いのでね。

でも、ワシカモメはこの個体よりも羽衣のコントラストがもっと弱くて、全体にぼやっとしているんです。


南紀ではワシカモメはきわめて稀ですので、こんな白っぽいオオセグロカモメを見ると、ワシカモメと見誤りやすいのです。特に右側のように風切羽まで褪色しているとね…。^ ^


こちらの↓オオセグロカモメもあわせてご覧下さいませ。

http://blogs.yahoo.co.jp/tynnm839/51888034.html




◎ 東日本大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

救援をお待ちの人々が一刻も早く救助されますように。また、ご不便にあわれている皆様も、どうか充分にお気をつけてくださいませ。

こちらの町にも津波注意報が発令されていますが、わが拙宅は比較的高台にありますので、津波による被災の心配はありません。



そうそう、カモメ類を観察している時も、数十センチほどの潮位の上昇を見ました。砂洲にいたカモメ類の足元にあっという間に潮がさしてて来るのを見ました。

○ 津波の警報や注意報は解除されました。3/13記

  • オオセグロカモメの幼鳥にワシカモメの幼鳥が似ているんですね。
    土曜日、大阪の主人の実家に行ったのですが、淀川ではずっと津波注意報のアナウンスがありました。
    また、沖では大型船、タンカーがたくさんでており、接岸せずに沖で避難していました。
    津波注意報は解除されましたが、海の目の前に住んでいることの恐怖を感じずにいられません。
    被災地の方の一刻も早い救出と、支援と復興を願うばかりです。

    でぶねこ

    2011/3/14(月) 午前 7:43

    返信する
  • ねこさん、ありがとうね。(^_^)v

    東南海地震だってありますから、対岸の火事ではないです。いつかわが身に降りかかることもあるので、いざという時の事を想定しておかなければね。

    Jun    ☆彡

    2011/3/14(月) 午後 9:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事