ここから本文です
≪熊野ロマンチックエリア≫
★ この季節を大いに楽しみましょう。 …画像はクマタカです。

書庫全体表示

記事検索
検索

全1176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

田辺市奇絶峡 2019.5.21.

カラムシの上のラミーカミキリを見つけて、懐かしい気持ちでいっぱいになりましたよ。^ ^

今季はゴールデンウィーク後の低温の影響でしょうか、昨年よりも4日遅れの登場です。


体長13ミリほどでオスのようです。

独特の色合いと模様が人気のカミキリムシで、ひと昔前は珍しかったのですが、近頃はポピュラーで、これから初夏に向かって増えてきますよ〜。


イメージ 1

田辺市奇絶峡 2019.5.17.
 
樹陰に腰かけて野鳥を待っていると、僕の周りを何度もコジャノメがつんつんと飛びまわります。

珍しく人懐こいなと思っていたら、傍らの三脚がお気に入りのようで…。


ストローを伸ばして三脚をなめるのはいいけど、こらこら、う〇ちをするんじゃないよっ。




イメージ 2

珍しく開翅してくれました。開翅を撮ったのは初めてのような…。^ ^



イメージ 1

田辺市奇絶峡 2019.5.16.
 
クモと出合っても同定する自信がないので、大抵は無視しますが、このクモは一見してカニグモ類と分かりましたので、撮ってみました。

体長1センチ程ですからメスかも知れません。

獲物を狙っているようでしたが、マクロレンズを向けると臆病なのか隠れてしまいました。


ガザミとは、ガザミともワタリガニとも言うカニ(美味)を連想させる姿だからでしょうか。



イメージ 1

和歌山県南部川 2019.5.18.

小雨の中、20日ぶりに見るイカルチドリのヒナは、幼鳥と言えるまでにすっかり大きくなっていました。

以前は泳いで中洲と行き来していましたが、今日は飛んで中洲へ行くのを見ましたよ。

もう自立しているようです。^ ^


他の兄妹は何処にいるのか、確認はできませんでした。


熊野 ロマンチックエリアへようこそ

イメージ 1

田辺市奇絶峡にて

常美さん(左)と常雄さんは前日も、そしてこの日も仲良く揃って姿を見せました。

これまで6羽のハチクマが飛来してますが、この2羽は息があっているようです。













全1176ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事