≪熊野ロマンチックエリア≫

この季節を大いに楽しみましょう。 …画像はクマタカです。

鱗翅目

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

田辺市上秋津 2018.8.17.

オミナエシの花に、待ちに待ったアゲハがやって来ました。

秋の七草の女郎花(おみなえし)とアゲハ、そして背景のススキ、この光景を楽しみにしていたのですよ。


秋らしい風情をお感じいただけますでしょうか。^ ^



☆彡 ぜひ、こちらも↓あわせてご覧下さいませ。
ハチクマ♀ 巣盤を運ぶ姿は…肝っ玉母さん風でしょ






開く コメント(0)

イメージ 1

田辺市奇絶峡 2018.8.9.

午前中に僕がいる間、ツルヨシの葉裏でずっとこの姿勢だったので、いよいよ蛹(さなぎ)になるのだと期待しました。

でも、翌日に見てみると、蛹はおろか幼虫の姿が消えていました。

天敵に捕食されたのでしょうか、この姿は目立つものね〜。

今季も蛹が見られると思いましたのに、残念でした。


あとひと息のところだったのに…、厳しい世界ですね。


☆彡 ぜひ、こちらも↓あわせてご覧下さいませ。

開く コメント(2)

イメージ 1

田辺市奇絶峡 2018.7.18.

今季も林縁のツルヨシの葉に、クロコノマチョウの幼虫を見つけました。

葉に溶け込む保護色に守られています。


ほとんど休んでいることが多いですが、元気もりもりと、葉を食べているところが撮れました。




イメージ 2

体長20ミリくらいまでは、このように葉裏で寄り添って休んでいることが多いので、割に見つけやすいですが、大きくなるにつれ散開するので目につきにくくなります。


僕はここに午前中はいますが、ほとんどこのようにして休んでいます。

もしかすると、夜が早朝に活発に葉を食べているのかも〜。

色んな天敵がいるようですから、その方が安全なのかもしれませんね。


そうそう、プチプチアニメの「ニャッキ」にどこか似ていませんか。^ ^


☆彡 ぜひ、こちらも↓あわせてご覧下さいませ。


開く コメント(4)

イメージ 1

田辺市奇絶峡 2018.7.17.

初めて見るガで、591種めの撮影です。見かけの大きさは約25ミリです。

このおどろおどろしそうな毛にうっかり触ったりすれば、ひどい痛みに襲われそうに思われますよね。

でも、ドクガ科でありながら、じつは無毒らしいのです。


今は色んなドクガが羽化する時期なのでしょうか。

この二日後にも、初めて見るドクガが撮れたのですよ。^ ^


☆彡 よろしければ、こちらも↓あわせてご覧下さいませ。


開く コメント(2)

イメージ 1

田辺市奇絶峡 2018.7.12.

涼しい林縁のイヌビワの葉の裏に、イシガケチョウのサナギを見つけました。

2年ぶりなので、とても嬉しかったですよ。^ ^


4センチ足らずのサナギですが、よく見るとすでに石垣模様が…。




イメージ 2

こちらはすぐ側の葉でもりもりと葉を食べている5齢幼虫です。

体長35ミリくらいでしょうか。


2日後には、そばの葉の裏でサナギになっていました。


何日で羽化するのか、確かめられそうなのでとても楽しみです。


☆彡 ぜひ、こちらも↓あわせてご覧下さいませ。


開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事