多趣味な私! DORONKOの日常

多趣味な私の脈絡の無い日々をツズったブログになれば良いかなと・・突然全く別ジャンルの話題が出てくると思います。

GN125! タイヤ交換❕

備忘録をかねて。
GN125のリアタイヤを交換しました。

イメージ 1


チューブは2ヵ所パンク修理済み
ブレーキシューは問題なし。
チェーン要交換。
以上‼️

ロードタイヤはビードが落としにくいのですね〜
ひとつ何かするとダメなところが見つかってしまいますね〜(笑)
次のバイクまでの繋ぎで乗ってるつもりが次がなかなか決まらず、以外によく走る良いバイクであり、何となく乗り続けております。
あ、どろん妻が通勤に使うのがメインですけどね🎵

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

以前から使っていた小刀‼️
15ミリにして良い感じでしたが・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/tyoretyore4126/13921721.html

少し良いものを買いました🎵
池内刃物の美貴久‼️

イメージ 2



鋼は白紙二号、良く切れて良く研げて良い感じに使っています。
刃物が良くなると砥石も良いものを使って見たくなり、天然砥石を購入‼️
そうするともう1つ上(あくまでも自分の中でね、使い方で良い物は変わってきます。)の刃物、青紙二号の小刀を購入‼️
これが昭三作切出小刀です。

イメージ 1

格好良い箱に収まっています(笑)
中身は

イメージ 3

鋼のつき方が格好良いですね(笑)
どちらもサイズは15ミリ!

今のところ鞘は作らず使ってますが・・・

この二つ!
どちらも良く切れます。
凄く切れます。

で終わってはネタになりませんよね🎵
と、言うことで使用感などなど!

どちらも本当に良く切れます。
私が現在良く使う材は、黒檀、紫檀の硬い材から檜、松等の柔らか目の材や紙、段ボール、ビニールなどまで❗️
削ったり整形したり薄いものは切り離したりといった使い方になります。
けっこう根元から刃先まで使うことが多いです。
柔らかい材や紙等は昭三作の方がスパスパ切れる気がします。
どちらもストレスなく切れるのですが切り口がちょっときれいに見えます。
そのまま出来上がりの最終仕上げにするほどです。
やすりかけるより艶があってきれいです。

硬い材もきれいに切れるのですがR部分等をこじって削るときなど昭三作の方が刃の痛みが早いようです。
2、3時間使ってると研ごうかな?って思う感じですかね🎵
比べると青紙の昭三作の方が微妙に痛んでる程度の違いなのですが・・・
大きな違いは砥の時間。
美貴久が15分位なら昭三作は25分弱ってところかな。

なので柔らかい材と仕上げの時だけ昭三作を使ってます。

鋼の違いはあるのでしょうが私の使い方に問題がないとも思えませんのでなんとも言えないかな⁉️
だけどうまく使い分けられて快適に作業できますよ‼️
カッターナイフはもう使えないな‼️

あくまでも素人のどろんこが使っての感想です。
プロの方々とは刃の付け方からいろいろ違うのだろうな〜
何かご指摘があればコメントしてくださいね‼️

開く コメント(0)

前回からの続きです。

砥石の修正用に100均砥石を買ってみました。
まずは、砥石の修正ですが・・・
出来るのですが時間がかかります。
どちらの砥石も削れませんね〜
しかも小さすぎて思うようにはできませんでした。
ある程度の大きさは必要なんですね〜
それではということで本来の使い方、刃物を砥いで見ました。
もちろん昭三作切出小刀です。

イメージ 1

この程度までしか研げませんな‼️
まぁ切れるには切れるようになった?
家庭の包丁なら?
切れなくなったものよりは増しですが
ちょっと使い物になりません。
うっすら鋼と地鉄の区別がつく程度。
ここから🎵

まずは、キング砥石

イメージ 2

鋼と地鉄ははっきりしました。
包丁としては普通に使えます。
小刀だと切れ味は悪いものの十分使えますね。

まだ、砥傷は残っていますね。
次に天然砥石、今までのもの!

イメージ 3

ほぼ、砥傷は見えなくなりかなり切れ味も良くなります。
包丁はこれで十分!
素人にはこれ以上は刃が鋭くなりすぎて扱いづらいかもしれません。
しょっちゅう研げれば良いのでしょうが
その必要も無いですしね。
うちの包丁はこれで終わり。

さて、天然砥石の山城銘砥

イメージ 4

うまく写真に撮れないのですが・・・
鋼部分はほぼ鏡面🎵
地鉄も曇って良い感じです!
見た目もそうですが切れ味がグンと良くなります。
薄く木を削るのなら力がいらない。
ものすごく楽に使えます。
これで木工が楽しくなってきました。
まだまだいろんな砥石があるようですが私はここで終わりにしたいと思います。
見た目でなく切れ味を求めてのことなので満足出来ていますしね🎵

昭三作切出小刀の使い心地は長くなったのでまた次回に🎵

開く コメント(0)

さて・・・
その後天然砥石ですが・・・
何度か研いでみてます。
その過程で、
と、その前に。
前回記事にした小刀は美貴久の白紙二号(鋼の種類の事です。いろいろあるのですが素人が使うには非常に使いやすく研ぎやすい良い刃物鋼です。)なのですが。
その上のものとされている青紙二号の小刀を買ってしまいました。
プロの料理人の和包丁などに使われているよく切れる鋼だそうですが・・・
素人なりに使ってみたくて(笑)

イメージ 1

これになります。

イメージ 3

黒い本体が良い感じです。
研ぐ前の写真は撮り忘れました。
手作り鍛造のお品です。
鋼が波打っていて格好良いです。使う前から自分の腕が上がった気がします(笑)
新品状態でも非常に良く切れます。
自分で研いだ美貴久と同じくらい?
あれ?
もっと切れるはずなのに・・・
よーく見てみると微妙に小刃がついています。
どうやら新品の刃物はこの小刃がついている物の様ですね。
使う人の好みに研いでいくとのこと。
私のような素人は好みもなにも無いのですがそれなりに研いでみました。

先ずはダイヤモンド砥石で小刃を落として面を出しました

イメージ 2


大分傷だらけの仕上がりですね。
もちろんこのままでは使えません。
鋼と地鉄の境も見えなくなってます。
この先段階を踏んで最終的に仕上げ砥石に天然砥石を使うわけです。
長くなるので何回かに分けて投稿する事にしますね!
ということで次回に続く‼️

開く コメント(2)

先日アップした天然砥石🎵

切り出し小刀を研いでみました。
先ずはいつも使っているキング砥石で❗️

イメージ 1

はい! いつもの仕上がりです。
それからまたいつもの仕上げ砥石❗️

イメージ 2

普段包丁ならここで十分。
バッチリ切れるようになります。
そして、今回面を作った天然砥石🎵
この砥石では小さすぎて包丁は研げませんね。

イメージ 3

ん〜〜〜
この写真ではわかりづらいな〜
鋼の部分は結構きれいになっているのだけども微妙な見た目ですね。
ただ、使ってみると明らかに切れ味が違います。
手の甲の産毛もそれるようになりました。
研ぐのも力が要らず軽く押さえてこするだけでもちゃんと研げています。
ですがうまく伝えることが出来ません。
多分に気持ちが大きい。
それでも使う刃物は私しか使わないので効果は大きいかな?
もう少し使ってみてからまた、レポートします

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事