あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

全体表示

[ リスト ]

母の幽体離脱

体の芯から冷え込むような、エアコンの不自然な涼しさよりも、
自然の暑さの方が身に染みて気持ちが良いと思う今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

機械の冷気は、体を壊します。
ここは一つ、稲川ネタで涼しくなりましょう。(笑)

・・・出だしの文章は、いつも色々と考えてるんですよ〜。(爆)


さて。
今回は、このテの話には度々登場している、私の母の話です。


母は変な所で霊感が強いのですが、ごくたまに、幽体離脱もやってのける人。
そんなコンビニ感覚で飛んで歩くなと、私は思うのですが。(笑)

母が若かりし頃ですから、今から半世紀ほど前の話・・・
って、そんなに昔じゃないか。(笑)
本人に怒られちゃう。(爆)


当時の母は勤め人で、ある日、どうしても気になる仕事を残したまま
帰宅したんだそうで。

帰宅して床に就たのですが、おぼろに「夜道を職場まで歩いて行き」、
「シャッターを開けて中に入り」「職場で仕事をしている」夢を見たそうです。

翌朝目覚めると、何だか体が異様にだるく、職場に行くのもやっとこしょ。
職場で、昨晩夢に見た内容を、職場の人に

「何だか体がだるくって。私、夕べここに来て仕事したからかなぁ。」

と、冗談めかして発したところ、

「・・・それ、何時頃の話?」

と、職場の所長の奥さんが、顔色を変えて聞いて来るのです。

大体夜中2時前後だった旨を答えると、その人の顔は益々青ざめ、
昨晩あったことを語り始めました。

その所長夫婦の家は職場の2階なのですが、

「夜中2時頃に、シャッターを開けるような音がして、目が覚めたんだよね。」
「気のせいかと思っていたんだけど、どうも中でゴソゴソやってるような音が聞こえてさ。」
「泥棒が何かやってるんだと思って、旦那を起こして見に行ってもらったんだけど・・・」
「金属バット持って降りて行った旦那が『何も無いじゃないか』って怒って戻ってきたんだけど、
 私、確かに音は聞いたんだ。」
「今思えば、丁度あなたの机のところだったんだよね。」


母がみた夢と現場とで、時間も出来事も、全部一致していたのです。

母が仕事を気にする余り、幽体離脱して職場に行ってしまったのでしょう。

以来、その所長の奥さんは、妙に態度がよそよそしくなったとかならないとか。(笑)


・・・そんな話を聞いていたので、私の母は「幽体離脱出来る」と言うのが、私の頭にもありまして。
実際に、私も母の幽体離脱を実体験してしまうことになるのですが、それはまた別のお話として・・・

イメージ 1

写真は、特に意味なし。(笑)
何だか恐そうだったんで、使ってみました。(爆)


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事