あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全172ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

目的は、何!?

(今回は、札幌ローカルネタでお送りします。)

以前に、国際芸術祭ネタで散々書き倒したからでしょうか。
たま〜にですが、

「秋元市長」「自宅」

で検索をかけて、ここのブログに辿り着く方がいらっしゃいます。

その方のためにではありませんが、秋元市長の自宅は、
どうやら北区新琴似らしいです。
詳細ははるか忘却の彼方、地平線の果てに。

「個人情報を公開して良いのか?」

とか巷で思われるかも知れませんが、
それ以前に、前の選挙のときに新聞で、
市長の住所もバッチリ公開されてましたからね。

私がここに書くよりもはるかに先に、
完全に公にされているんですもん、
「個人情報」もへったくれもありません。
あ゛〜あ。(笑)


しかし・・・
秋元市長の自宅を知って、一体どうするのでしょうか・・・
ゲバルト(死語)かけようとでもしているんでしょうか!?

やめてけれ、やめてけれ、
やめてけ〜れ、ゲバゲバ。

左卜全とひまわりキティーズ
「老人と子供のポルカ」

目的は、何!?
何だか、すっごい気になる!
マネキンの生首を置くなら、手伝うぞ!(コラ)

謎が謎を呼んで、次回に続く!(続きません)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2


開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

楽をするな、学べ!

一雨振れば、先日の熱気は一体どこへやら。
寒さに震えておるちょちょ山でございます。
皆様いかがおすごしでしょうか、風邪など召されていませんか?
寒いのは、私のギャグだけにしておいてください。(自爆)

以前、「楽」と「学」について書きましたが、
今回は、カメラネタも交えてお送り致します。

・・・さて。

最近のデジタルカメラは、フルサイズミラーレス一眼の三国志状態。

ソニーのα、キヤノンのEOS R、ニコンのZ。

前々から、ミラーレスのノウハウを蓄積してきたソニーに、
キヤノンは昨年、EOSシリーズに新型「R」を開発、
ニコンも同じく「Z」を開発して、
「フルサイズ」のミラーレス一眼が勢ぞろいしました。

しかし、そこはそれ、やはり「フルサイズ」ですから、
「プロ」が使うことを前提で、フラッグシップモデル(最上位機種)から
惜しみなく最新技術をてんこ盛りで開発するために、
いかんせん値段が高くて、私のようなアマチュアはとても手が出ません。

しかし、大いに魅力もあります。
ミラーレスなので、本体も軽くなり、
ファインダーも電子ビューファインダー(EVF)へ。

「今シャッターを切ったら、こんな写真が写るよ」

と、撮る前からもう、ファインダー内で完成写真が見えているんですね。
撮った直後に、逐一本体モニタで仕上がりを確認する必要が無いんです。
これはもう、ミラーレス化の恩恵です。

そんな中、キヤノンは更に「EOS RP」なるものを出しました。

「フルサイズを、もっと身近に」とのコンセプトでしょうか。
本体価格もエントリーモデル並みに安く、
その一方で、撮りたい「シーンモード」を搭載。

・・・え?
ここで私は、一つ疑問を持つワケです。

「こんな写真が撮りたい」
「でも難しい設定は解らない」
「そこでカメラにお任せ」

納得いかぁん!

撮りたいシーンを、確実に撮るためには、
撮影の基本とカメラの設定を熟知していることが前提でしょうが。

フルサイズのカメラと言えば、カメラマンにとっては
一つの目標であり、憧れなんですよ。

高性能なカメラを持つ前に、カメラの基本を勉強して、沢山撮って、
沢山失敗して、少しずつ自分の撮りたい写真を撮れるように学んでいくのに、
それがいきなり「高性能、高画質」「お手軽に」

それって違うべや〜!

確かに、折角開発したテクノロジーを大いに普及させるには
もってこいのマーケティング戦略ですが、
どうも私には、

「原付の免許を取ったばかりの若者に、
 フルオートマチックのハーレーを与える」

ような違和感を禁じ得ないのです。

カタログのキャッチコピーのように、
カメラや写真の何たるかをそこそこ知っている人が、

「初めてのフルサイズ」

に手を出すのなら、こう言ったカメラの位置づけとしては大いに結構ですが、
「ど」のつく初心者にも手が出せるような機能を付けるのは
いかがなものでしょうか?

観光の記念写真を撮るためだけに、
フルサイズの一眼を首からストラップでぶら下げている、
ブルジョワのアジア人じゃないんですから。(←何か恨みでもあるんか)

EOS Kiss M(ミラーレスAPS-C機)も出てるんだから、
そっちのエントリーモデルから勉強せいっ!

ちょっと、キヤノンのマーケティングの方向性に憤りを感じる今日この頃です。


一方で、ニコン

「Z」の開発により、フルサイズミラーレス一眼を市場に投入しましたが、
いかんせん、まだラインナップが少ないですね。

故に、高価。(苦笑)

こう言った、ミラーレスのラインナップの少なさでは、
エントリーモデルがまだ発表されていない分、
ニコンは他社に大きく水をあけられています。

本当に頼むよ、ニコン。
Zのテクノロジーを、早くAPS-C機にも導入してくれよぉ。
タムロンのレンズ着けたいから、Dマウントで良いからさ。
プロレタリアの私には、手が出ないんだよぉ。(泣)
(あぁ、ニコンユーザーの嘆き)

近々、本当にニコンのAPS-Cミラーレスが発表されるなら、
消費税が上がっても、発売まで待ちますよ、私。


今の私には、フルサイズはまだまだ高嶺の花。
APS-Cで充分。
プロじゃないのでね。

汎用のSDカードが使えるとか、焦点距離がフルサイズの1.5倍稼げるとか、
画像素子が小さい分、メリットもデメリットも承知の上で、
一応、自分の技量はわきまえているつもりです。
イメージ 1


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今日は「たなぼた」

と言う度に、カミさんから突っ込みが入ります。

妻 「修正も大変なんだから。」

そう、娘が憶えてしまうんですね。
反省・・・


さて、とうとう今年も、折り返しとなりました。
夏の陽射しが頭にキツい今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
頭頂部緑地化計画が一進一退している、ちょちょ山でございます。


カミさんが最近、白髪を気にしておりまして。

私は一見、そんなに気にするほどでもないと思うのですが、
カミさん曰く、まばらに目立つようになって来たと、
白髪を抜こうとするんですよね。

私 「待て!抜いたらアカン!」

妻 「なしたの、急に力んで。」

私 「白髪でも、髪がある分だけ良いじゃないか!
   無くなったら、戻ってこないんだぞ!
   俺を見ろ!この登頂砂漠〜♪」

内山田洋とクールファイブ:「東京砂漠」


妻 「・・・」

一瞬、シラけた空気の後、カミさんは小さい胸に手を当て、

妻 「大事なのは、心よ・・・」

私 「・・・何故目を逸らす。」

再び沈黙の後、カミさんはうつむきながら、
私の肩に手を置き、

妻 「大丈夫!」

間髪入れず、カミさんは顔を上げ、

「盛れば!」

「何を盛るというのだ、何を!」

とまぁ、ここまでコントのような話は以前にも書きましたが、
後日談がありまして。

カミさんは、実は私より少しだけ背が高く、足も長いのですが、
私とカミさんが並んで立って、

私 「もうちょっと背丈が欲しかったなぁ・・・」

妻 「大丈夫、上げ底すれば♪」

私 「・・・最近、『盛る』とか『上げ底とか』、
   私の場合は何故『オプション』が前提なのだ。

「だって、しょうがないじゃない。」

和田アキ子:「だってしょうがないじゃない」


いや、確かにそうなんだけどさ・・・

クールファイブに、和田アキ子で返されるとは思わなかったわ・・・

それにしても。
ここのブログは、和田アキ子の出演回数が多いな・・・
そうなると、次はどんな曲を使おうかなぁ。
・・・ん?目的が違うぞ。(自爆)


これまた後日談ですが、余計な肉がない細身のカミさんに、

私 「お腹のお肉あげるから、身長と少しトレードしない?」

妻 「い〜らない♪」
イメージ 1

今日の厚別子ども祭りでの一コマ。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2



開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

いきなり脱線しますが。

三歳半の娘が、シャワーの後のドライヤーのときに脱衣場の釣り戸を開け、

娘 「あついから、ここあけてていい?」

妻 「そうだね、夏だもんね〜。」

・・・う゛ぞおおぉぉぉ!?
ついこないだ年越したと思ったら!
ついこないだ決算終わったと思ったら、もう夏!?
(以下省略)

ま、季節の風物詩、枕詞と言うことで。(←違うぞ)
イメージ 1

話を戻しますが。

以前にも書いたと思いますが、欠陥だらけで直しようがなく、
入居者を強制退去させるレ〇パ〇ス〇1のように、
バグを直しきれず、唐突の「サービス終了」アナウンスと共に、
数え切れないブログ難民を絶賛大放出中、
民族大移動状態のYahooに微妙な憤りを感じる今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

のっけから何でしょうか、この書き出し。
Yahooに対して、嫌味たっぷりにお送り致します。(意味不明)

ブロ友さんの仰っていた通り、訪問者数もPV数も激減しました。
新着メール機能も凍結されるようですね。
なるほど、エクソダスが進むワケです。


さて、ここのブログの引っ越し先ですが、
Yahoo謹製の「強制的にお引越しさせまツール」ですと、
引っ越しをアナウンスする暇もなく、引っ越し先のブログへ
文字通りに問答無用で「おっぽり出されて戻れない」ようですので、
イヤ〜な気配を感じていた私は、移行予約機能を使わずに
水面下でネトネトと、独自に引っ越し方法を模索しておりました。

・・・いやらしい模索の仕方だなぁ・・・


そしてこの度、他社ブログサービスの「引っ越し機能」や
「インポート・エクスポート」機能を色々と試して、
何とか目的の「はてなブログ」へ辿り着く目途が立ちました。


ただ、私の知りうる限りで、Yahooブログの吸い上げ引っ越しが
自前で可能だったのは「FC2」だけだったので、
一度「FC2」を経由して全バックアップを取り、
それを「はてな」へ流し込むと言う、
技術的には可能でも、非常に手間とリスクのある方法なので、
個人的には余りオススメは出来ません。


千歳から羽田に飛んで、国際線に乗り換えて海外に出るようなモンですな。
最近は千歳も国際線ポートがありますが、飛ぶ先に制限があるような。
良く解らない例えですかそうですか。


それでもまぁ、ブロ友さんに挨拶も出来ずに、
心の準備なしに問答無用でYahooから追い出されるよりは
ずっとマシであろうと。(苦笑)


で、その移行方法を模索していた副産物として、
現在、ここのブログのクローンが「FC2」と「livedoor」に、
アカウントが「アメーバ」と「はてな」にあります。
事ある毎に、変種をネットに流す「人形使い」状態、
状況だけで言えば、変態です。
えぇ、変態です♬(←胸張って言うな)

こうなってくると、記事の更新と維持が大変なので、
ここYahooのみで記事の更新を行い、
8月下旬頃から引っ越し告知を行って「FC2」へクローンを作成し、
そのクローンを「はてな」へ移植しようと思います。

Yahoo謹製の「有無を言わさずお引越しさせまツール」
最後まで使わないつもりなので、
Yahooブログの記事投稿終了間際までは、
何かと記事をアップしてアナウンスします。
ゲストブックの書き込み機能では、見逃す可能性が高いので・・・


それにしても・・・
複数のブログサイトを維持するって大変ですね。

同じ内容でも、フォントやエフェクトが異なったり、扱いが違ったり、
もう大変なんですから。(林家三平風に)


ブログ毎に学び直す暇もないので、完全に出来上がった「はてな」到着後は
他のブログサービスのアカウントだけは万一の為に残して、
一度作ったブログのクローンは、一定期間放置プレイの後に削除、
全て一か所に統合する予定です。

・・・放置プレイなんかい。(自爆)


さて、離散してしまうブロ友さんの新ブログをブックマークしておかにゃあ・・・

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

羊の皮を被った狼

唐突ですが、最近、地味にパワーアップしています。

・・・いや、私じゃないですよ。(笑)
コモドオオトカゲの如く、這いつくばってズルズルと、
息も切れ切れ、力なく床を移動しているちょちょ山でございます。
皆様、リラ冷えで体調を崩されておりませんでしょうか。

さて最近、「私のパソコン」が、地味〜にパワーアップしております。

何も考えずに手を動かし、規格通りに部品を組み込んでケーブルを繋げ、
正常に動作した時の喜びは一入です。

最初から書いてしまいますが、今回はほとんど元手がかかっておりません。
じゃあ、どんな風に手を加えたかと言いますと。

ベースのパソコンのCPUは、AMD PhenomⅡ X6、
マザーボードは、GIGABYTEのSocket AM3+、
メモリは、DDR3の4GB×2枚(デュアルチャネル)の計8GB。

カミさんと一緒になる直前に買ったメインパーツですから、
もうかれこれ8年くらい前になりますかね。

それでも「出来るだけ長く使えるように」と、
最上級とは行かないにしても、当時ちょこっとだけ奮発して、
8年経った今でも現役のパソコンです。

そこへ、Windows7のサポート終了が近づき、時代は64bitネイティブ
止むを得ず、機器構成も変えざるを得ないか、と思いきや・・・

Microsoftが、Windows10の無償アップグレードを開始。
現在は無償アップグレード期間は(表面上)終わってしまいましたが、
表立っていないながらも「メディア作成ツール」は提供中で、

「こりゃあ、タダなら上げずにおらりょんばい!」(どこの言葉だ)

と言うことで、Windows10へのアップグレードを、突如強行しました。
以前に一度、試しにアップグレードしたときは
画面廻りの扱いづらさに辟易としておりましたが、
そこは「Classic Shell」を使うことが大前提で、
新OSの恩恵を得るほうがメリットが大きいと割り切りました。


CPUとマザーボードは今でも現役。
問題はメモリでしたが、8GBのうち5GBをRAMディスクで使っていたので、
読み書きの速さはバケモノ並みである一方、メインメモリが不足するため、
アプリケーションの同時展開に不安があるピーキーなチューニングの上、
更にPhotoshop Lightloom と、Google Chlome が結構メモリを食うため、
メモリの増強を計画

丁度、職場のパソコンが総入替時期となり、
大量のパソコンが廃棄されることとなりましたが、
そのパソコンに使われていたメモリが、
私のパソコンと同じ規格のDDRメモリ。

「こりゃあ、ただ捨てたら勿体なかと♪
 有効活用するばい!」

と、試しに2枚のメモリ(デュアルチャネルのため)を持ち帰り、
マザーボードに刺してみるも・・・

「ピーッ、ピーッ、ピッ!」

BIOSの起動画面すら出ず、マザーボードでの異常を示す信号音が。

知らないメモリを刺したから、マザーボードがビックリしたのかしら?
一応、マザーボード上のジャンパーをショートさせ、
BIOSを初期化してみたところ、今度はまた別の信号音。

マニュアルを開くも、どうやら、

「グラフィックボードが刺さってねーよ」

とのこと。

ンなことは無いけどなぁ・・・
緩んでたのかしら?
グラフィックボードも一応刺し直して、今一度電源ON。

「ピーッ、ピーッ、ピッ!」

何故?
同じDDR3のPC10600、4GB×2枚刺しよ?

「ふみゅ、困った、とりあえず一旦元に戻そう」

と、元のメモリに刺し直した途端、

「・・・ピッ♪」

・・・動いたよ。(笑)
何かい、メモリがアジア製だからって、嫌がってたのかい。(笑)

元々はメーカー製のビジネス向けパソコンに使われていたメモリだったのですが、
ウチのマザーボードは、そのメモリがどうやらお気に召さなかったようで。
パソコンはこう言うところで、相性問題が出るんですよ。

そこで、別の廃棄予定パソコンに刺さっていたメモリを発見。

お、このメモリは「MICRON」社製か。
上位のPC12800だけど、下位互換で動けば儲けモノ。

自宅で家族が寝静まってから、パソコンのガワを再び開け、
眠い目をこすりながら、メモリを差し替え・・・

「・・・ピッ♪」

動いたよ!
ちゃんとBIOSで、PC10600と識別されてるよ!
よし、調子に乗って、もう2枚追加!

「・・・ピッ♪」

よっしゃあ!
これでメモリスロットにフル装備、16GB!


さて一方で、起動ドライブは私、元々SSDを使っておりました。
これも64GBだったので、容量的な限界も見据え、
これまた職場の廃棄予定パソコンからSSDを換装。

以前職場で、経理のソフトが異常に遅すぎ、ハードディスクへの読み書き速度が
ボトルネックになっているのが目に見えて判っていたので、
SSDに載せ替えたときのものでした。
まだ総使用時間が2000時間程度の、若いSSDです。(SanDisk社製)
そのパソコンが今回の総入替で「お役御免」となったので、
SSDだけを嬉々として頂いてきました♬

そして、旧SSDから新SSDへOSを移植。
更に早くなった上に、容量が増えてラッキー♪


さて、ここでバックアップを取ってから、
件の「メディア作成ツール」で作成したUSBメモリからセットアップを走らせ、
OSをWindows7 32bit から、Windows10 32bitへアップグレード。

そこから更に、Windows10の64bitセットアップ。
アプリケーションや設定が全てリセットされ、
クリーンインストールになってしまいますが、
その代わり、32bitからのライセンスが継承され、
正規に64bitネイティブ環境になります。


おまけにこれまた今回、SATA600の250GBハードディスクが
職場から廃棄予定として大量に出てきたため、
(ウキウキしながら)使用時間の短いハードディスクを吟味、
厳選して換装。

元々、写真データを加工編集・保存していたハードディスクは、
専用のRAIDケースを購入し、SATA300の中古ハードディスク
250GB×4台で、RAID5の750GBとして使用しておりました。

ロジテック社製 LHR-4BRHEU3
イメージ 1
(画像はロジテックダイレクト/楽天より拝借)

ハードウェアRAIDなので、難しい設定は何もなく、
本当に「大きい外付けハードディスク」としてラクに扱える一方で、
実はクラッシュ等の冗長性に長けているスグレモノです。

今までも十分快適だったのですが、それが今回、
ハードディスクを全てSATA600に換装することで速度もアップ♪
いぇい♫

ここ半年で、実際に買ったのはこのRAIDケースだけで、
他はみんな廃物利用。

元々が、底力を持ったCPUとマザーボードだったために出来た芸当ですが、
ちょっと上のスペックの中古部品に換装しただけで、
更なる速度アップと、快適な環境の出来上がり〜♪
いやぁ、良い時代になったモンです♪


こう言う、「スターウォーズ」の「ミレニアム・ファルコン」のような、

「羊の皮を被った狼」

のような機械を作っていくのって、楽しくってもう仕方がない♬

これで、あと5年は余裕で頑張れます。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全172ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事