あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全172ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

頭の精密検査 その後

行って来ました。
以前にも書きました、頭の精密検査。

脳や頚動脈に異常は無かったのを確認したにせよ、
やたらと最近のことを忘れてしまうので、
「若年性認知症」だったら、元も子も無いですからね。

んで、訪れてみました、先の病院のリハビリルーム。
今回の検査はこちらで行なわれました。

・・・何と言うんでしょうか。

本当に、認知機能の低下している方々と並んで、
認知機能と知能指数(IQ)の検査をしてもらって来ました。

私が座った椅子の隣を通って、
ガスコンロの火の点け方の練習とか、

「私の名前はわかる?」

と、サポートのスタッフに声をかけられながら、
笑顔でゆるゆると動くご年配の方々を横目に、

「・・・私はどうなんだろう。
 将来、こうならないと言う保証はあるんだろうか・・・」

一抹の不安を感じながら、検査はスタート。

「今日は何月何日、何曜日ですか?」

うをっ、最近、日にちの感覚がぼやけていたところに、
この質問ですかっ!?
一瞬焦りましたが、何とかクリア。

「今、あなたがここにいるところは、何と言うところですか?」
「ここは何階ですか?」

そんな質問を多々しながら、
次は、サイコロのようなパズルで、

「この例題と、同じ形にして下さい。」

・・・よーい、ドン!

うをりゃあぁぁ!
やっちゃるうぅ!

・・・しかしこれが、意外と難しくてですね。
サイコロは見た目からして区切れておりますが、
例題は区切りが無いんです。

せいぜい、4×4=16個の模様とは言え、

「おりょ!?これはこの色か!?」

と、判断に迷う部分もちらほら。

で、その中で、完全にシンメトリ(左右対称)の例題が。

「おっしゃあ!」

こう言う図形は好きなんですよ、私♪

パパッと仕上げ、担当の先生に、

「おぉ、早いですね。」

と言われてしまいました。(40秒台)

最後に、

「じゃあこちらに、主語と述語を使った、簡単な文章を書いてください。」

・・・?

主語と述語・・・?

「・・・あの、具体的に、どう言った文章を書けば・・・?」

「簡単で良いですよ。『私は、元気です』とか。」

・・・普段から、ここのブログを見て頂いている方々はお判りでしょうが、

「天高く、我肥ゆる秋。
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 食用ガエルの美味しい季節になりました。」

とか、ふざけまくった文章を書き散らかしておりますこの私、
いざ、文章の基本の「き」に立ち返ってみると、
何を書いたら良いやら・・・

他の問題よりも、ずっと難しい・・・(苦笑)

「私は、元気です」・・・?


「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」((C)糸井重里)

とか書こうかと思ったりもしましたが、
知ってる人しか知らないギャグはさて置いて、
30秒ほど煩悶した結果、考えあぐねて、こう書いてしまいました。

「私は、疲れている。」(本当)

・・・うん、間違ってはいないよね。(笑)
普段の本音が出まくっていますかそうですか。(爆)

「はい、OKです。」

・・・え゛ぇ、いいの!?
こんなんで、本当に良いの!?

不安が不安を呼んで、次回に続いてみたりしたくなりましたが、
折角有給を使って病院に来ているので、出来るだけ今回限りで終わらせたくて、
ここは、ぐぐっと我慢の子。(←何をだ)

一通り検査が終わり、担当の先生が最後に一言。

「この検査では、IQが128までしか測れないんですが、
 まぁ、良好な成績と言うことで。」

・・・え?
先生、どゆこと?

私、自分の頭がボケかかっているかと思ってましたが、
その言い方だと・・・128以上・・・なの?
え゛?

半信半疑で首を傾げながら、後は、主治医の先生との問診。

「30問中29問、まぁ一つミスがあるけれど、
 ケアレスミスの範疇だねぇ。」

「・・・はぁ。」

「認知能力も問題ないし、こないだのMRIとかでも異常が無かったから、
 あとはあるとすれば、眠りが浅くて、注意力が落ちてる可能性だね。
 睡眠時無呼吸症候群の可能性もあるから、紹介状書いとくんで、
 専門医に診てもらって。」

と言うワケで、脳にも特段異常は無く、それよりもむしろ、
IQが標準よりちょっと上と言うことが判ってしまいました。

・・・う゛そ゛お゛ぉぉ!?
朝の仕事を、夕方には忘れる、この私が!?

「頭は良いかな?」
「形は良いぞ!」

と、明後日の方向に答える、この私が!?(意味不明)

ちなみに、ネットで調べてみると、
認知症の方々も含め、IQが75〜70程度だと知的障害とみなされ、
障害者認定を受けることがあるそうで。

てっきり私も、その世界に足を踏み入れることになるかと、
内心ビクビクしておりました。(本当)
正直な所、今も信じられませんが・・・

今も頭痛はあるけれど。
物忘れも激しいけれど。
見た目の上は異常なく、
何とか走って行けそうです。

仕事の緩い時期を見計らって、睡眠検査をしもらって来ようと思います。
学校時代の友人で、ナルコレプシーを持っていた人もいましたので、
あながち他人事とは思えなくて・・・


・・・あとは、休息だな・・・

来月の第一金曜日、会社の忘年会ですって。
知らんよ。(斬)
忘年会より、休みくれ。

No、飲みュニケーション。
Yes、帰宅。

全日本もう帰りたい協会


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

七五三

今日は七五三。
青空の元、晴着姿で元気に飛び立つ子供達に、
賑わうハンター達の銃声が鳴り響きました。(大嘘)

・・・タモリのオールナイトニッポンじゃないんだから。
「ツギハギニュース」、今の世代で知ってる人はいないでしょ。(爆)


さて。
脇道に袖まくり逸れまくりつつも、ようやくこのネタを書けました。

七五三当日は、写真撮影も神社参拝も混雑するのが判っていましたから、
夏のうちに写真を撮って、10月草々に着物を借りての神社参拝と、
カミさんと企んでおりました。

で、前回撮影を頼んだフォトスタジオに、
事前予約してレンタル衣装に着替えに行ったら、
当日既に3件程の撮影が殺到しており、てんやわんや。
早々と着替えてスタジオを脱出、近所の神社にお参りに行って来ました。
(もちろん神社も七五三予約済み)

普段、神社の社の中は入ることが出来ないので、何だか新鮮でした。
神主さんは風邪をひいているようで、マスクをしてましたが・・・

さて、祈祷開始。

ドドン!
ドン、
ドン、
ドン、
ドン、
ドン、
ドドドド・・・
ドドン!(←太鼓)

「・・・ゴホゲホ、ずるる・・・」(←神主)

「ケホ・・・かしこめ、かしこめ〜・・・」

ううみゅ、七五三の無病息災を祈願してくれても、
風邪を伝染されちゃあ、元も子もない気がしますが。(苦笑)
まぁ、帰宅後も我が家は、誰も風邪の症状が出なかったので、
スワヒリ語で言う「結果オーライ」でしたが・・・

何故、スワヒリ語・・・?(意味不明)

ここからは、証拠写真をば。
お参りに来ている人を、社の中から見ている娘。
イメージ 1

祭壇。
イメージ 2

ふりふりするやつ。(笑)
イメージ 3

また、娘が七歳になったときにお世話になります。
神主さん、お体大事にして下さいね♪

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ばかんだうのうてんき

叩かれてますねぇ、セレブの殿堂、神田うの。


うんうん、ブルジョワなのはよく判ったから。

本当に良いものなのは解るけど、
本当に楽しかったのも解るけど、
己が浪費する様をアピールしなくても良いから。

・・・コホン。
ちょっと吠えます。(笑)

な〜にがドンペリ10本だ!
あたしンちはねぇ!
そもそも、生ビールにも手が出せず、
一缶88円のビールもどき2本で足りてるわよ!(本当)

せいぜいワインに手を出しても、
一本298円のワインのラベルに横線引いて訂正印押して、
黒マジックでぶっとく平仮名で「どんぺり」って書くわよ!(笑)
イメージ 1

ゴメン、
このネタ書きたかっただけなの!
神田うのなんて、
どーでもいいわ!

・・・あ゛〜、スッキリした♪

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

頭の精密検査

物忘れ〜、歩きゃつまづき、物落とし〜、
手には痺れと、頭痛頻発〜。

皆様、お元気でしょうか。
頭の中で、ファイヤークラッカーがヘビーローテーション、
紐引っ張ったら頭が爆発しそうな、ちょちょ山でございます。

のっけから意味不明な書き出しはいつものことですが、
先述の症状がぽろぽろと出ておりましてですね。

最近、特に物忘れが激しく、職場の机の上はメモと付箋だらけ。
自分でも誰にどこまで話したかが判らなくなり、
昨日と一昨日、一週間前と、記憶の時間差がなくなって、
自分でも不安ながら、カミさんにも心配される始末。

ゆるゆると揮発していく、私の記憶。
私の頭は半導体並み、電源切れたら消えちゃうの。
外部記憶と直結したいわ。(切実)

と言うワケで、行って来ました脳神経外科。
脳萎縮とか、脳梗塞とかだったら大変ですからね。
私はともかく、カミさんと娘を残して死ねないですから。

で、病院にて、色々と問診。

書き出しの通り、頭痛があり、たまに手の痺れもあり、
会話中に言葉につまり、歩いている時にも蹴躓き、
そして何より、短期記憶の欠落。

話した内容を忘れていても、言われて思い出すならまだしも、
「話したこと自体を忘れる」ことがしばしば。
お酒飲んで悪酔いして、記憶がすっぽり抜けているときと同じレベルで、

「俺、そんなこと話したっけ・・・?」

また、仕事をしていても、

「あ゛!あの仕事、やるのを忘れていた!」

と突如思い出して、書類のバインダーを開くと、
しっかりと私の字で、しかも日付印まで押して処理済みだったり。

このときは、さすがにゾッとしました。
平日、仕事をこなしたことすら、忘れているんです。
午前中にやった仕事を、夕方までには忘れる始末。

ンなモンで、私の手帳には予定だけでなく、
日々の記録がびっしりと、日記のように綴られております。
どこまでやったかの仕事のチェックリストを作り、
日々の仕事を何とかこなしているワケですが、
赫々云々、そのことも病院の先生に話し、

「じゃあ、調べてみましょう」

と、血栓の原因になる頸動脈の硬化を調べるエコー検査、
頭部のレントゲン撮影、脳の異常を調べるMRIを、
一通り受けて来ました。


まず、エコー検査。

エコー検査は何度か受けたことがありますが、
ま〜、近年の技術進歩は目覚ましいですな。
単にセンサーを患部に塗り塗りするだけでなく、
頚動脈が脈打つ様子をリアルタイムで動画記録し、
脈一拍の間に、どれだけ動脈血管の伸縮があるのか、
合わせて血管の厚さの変わり方まで計測するんです。

すごい・・・

頭部のレントゲンも、横から角度を変えて数パターン撮り、
これはまた、診察のときの判断材料に。
結果は後述。

で、どん尻に控えし、MRI。

過去にCTスキャン(Canon製)に入ったことはありますが、
MRIは今回初めてでした。

技術担当のおねえさんに案内してもらい、

「こちらで耳栓して、横になって下さい〜」

ベッドに横になり、肩から上を固定して動かないように、
安定板と両頬の間、頭頂に詰め物をします。
うみゅ、ホットドックの気持ちが良く解る。(笑)

私は閉所恐怖症ではないですが、

「万が一、気分が悪くなったりしたときのためのブザーです。」

と、スイッチを持たされ、更に顔にドーム状の固定具を着けられ、

「はい、これから中に入ります〜」

ゴロゴロゴロと、私を載せたベッドが移動し、頭からMRIの中へ。
直立不動で、身動きとれず。
なるほど、こりゃ閉所恐怖症の人はパニックになりますな。
一方私は、

「わ〜、火葬されるのって、こんな感じなのかな〜・・・」(をゐこら)

検査が始まり、

「ヴィー」「ヴォー」「ヴォンヴォン」

複数の装置が一斉に動きだし、耳栓をしていても、
それぞれ異なる大きな音が、ハーモニーになって聞こえて来ます。
繰り返すようですが、閉所恐怖症の人には辛いかも・・・

完全にMRIの中に入りきり、検査が終わるまで動いちゃいけません。
・・・が、そう言うときに限って、鼻の頭がかゆくなったりするんです。(苦笑)
掻きたい、でも、掻けない・・・
うぬぅ、頑張れ、10分少々の辛抱だ・・・

・・・チーン。(大嘘)

「終わりました〜。」

「・・・んごぉ〜・・・(爆睡)」

嘘です。
あんな大きな音の中で、寝られるワケがありません。

「・・・はっ!」

殺気を感じて目覚めると、寝ている私をどう起こそうかと、
おねえさんがスリッパを持って私を引っ叩かんばかりに、
わなわなと怒りに震えておりました。
しかも、トイレ用のスリッパ。(大嘘)

嘘と現実をチャンポンにしたMRIの検査も無事終わり(意味不明)、
再び先生の所で診察。

先生は、頸動脈から脳内血管の状態を合成した
私の3Dのスケルトンフレームをモニター上でクルクル回し、
更に、MRIで輪切りになった私の脳の断層撮影画像を
連続でズズズイッと表示させ、

「脳も血管もキレイで、特段異常はなさそうだねぇ。
 ただ、この画像を見ると・・・」

と、先のレントゲン画像をモニターに表示させ、

「首の骨が真っ直ぐになっているでしょ。
 普通は、真ん中くらいの所が前に出るように
 少し湾曲してるんだけど、真っ直ぐってことは、
 普段から緊張して、強張っている証拠。
 頭痛や肩こりも、ここから来ていると思うよ。」

「なるほど、そうなんですか。
 じゃあ先生、この頭の悪さは、どうしたら良いですか・・・?」

「つける薬がないねぇ。諦めてちょうだい。」

「センセ〜っ!?」

と言う冗談はさておき。

「寝ているときに、いびきはかくかい?」

「多分・・・娘が目を覚ましかねないんで、カミさんに起こされて、
 残念ながら川の字では寝られず、私だけ自分の部屋で寝てます。」

「まぁ、どの程度のいびきをかいているかは、自分じゃ判らないよね。
 ただ、大きいいびきをかいて寝ている場合、睡眠障害で眠りが浅くなって、
 注意力散漫になったり、健忘が出ることはあるよ。」

「そうなんですか・・・」

「他にも若年性認知症の可能性もあるけど、本当に認知機能が落ちているか、
 ペーパーテストで数値化しておこうか。
 今日、こうして話している限りは、そういう感じはしないけどね・・・」

と言うことで、後日、若年性認知症の検査をして来ます。


天然ボケか、本当の認知症か。
過労とストレスか、睡眠障害か。
まだ結果は見えませんが。

謎が謎を呼んで、次回に続く!(のか?)

するめをかじりつつ待て!(待たなくて良いです)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

カミさんが、「娘の良い刺激になれば」と言うことで、
予約しておいてくれてました、札幌市後援の


に、一家で行って来ました。

小さな子ども向けなので、
楽曲はもちろん子どもが良く知っている歌ばかりなのですが、
活動しているこのバンド「ママと子どものにじいろ音楽隊」は、
結構侮れません。

歌っているおねえさんは、高い音域でもブレない声と声量を持っていますし、
ギターを弾いているおにいさんも、確実なテクニックを持っています。
さすがに皆さん、慣れてらっしゃる・・・

そのギター姿がカッコ良かったので、一枚。
イメージ 1

この写真で皆さん、何かお気づきになられるでしょうか?↑

実はこの方、左利きなんです。
これに気付いた会場の親御さんたちは、私以外にいたでしょうか・・・?


子供とは全く違う視点で楽しんで来ました。(笑)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全172ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事