あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

技術屋の黄昏 その弐

先日、土曜の出勤日。

システム屋さんの遅延している作業の代わりに、
私がファイルサーバの移行をやることになりました。

・・・まぁ、私が以前にWindows Updateに失敗してトドメを刺してしまい、
OSもろともコケて、自力でサーバOSを入れ直した経緯もあるのですが。

しかし。
保証期間が半分も過ぎていながら、
未だ本格稼動されていないのも、ちょっと気になりましてね。

基幹業務システムの開発、並びにデバッグ、新機能の追加他諸々、
システム屋さんの大変さも重々承知なので、
ここは一つ、私も一肌脱ぎましょうと

・・・え、脱ぐなって?
「見たくない」って?
何よぉ、下にまだシャツ一枚くらい着ているわよぉ・・・
天下無双、魅惑の三段腹(黒)。(意味不明)

話が逸れましたが。

ンで、皆が帰った土曜の昼下がりに作業開始。
こんなときじゃないと、業務用のサーバって止められませんからね。

まず、文書の電子化と振り分けをするフローサーバの停止。
これをやっておかないと、FAXが来た端からデータ化されてしまい、
知らないうちに、新ファイルサーバに移行されない文書が出て来ます。

次に、旧ファイルサーバから新ファイルサーバへ、
データとアクセス権限の移行。
ここは以前から逐次データをコピーしていたので、
ここまでは差して時間がかからずに完了。

さて、ここからがドキドキです。

コンピュータ名とIPアドレスを書き換え、再起動。
旧ファイルサーバ名は「OLD」に書き換え、
新ファイルサーバのIPアドレスと同じに変更後、シャットダウン。

一時的にIPアドレスがカブってしまいますが、
旧ファイルサーバは元々退役予定で、結局シャットダウンしてしまうのと、
新ファイルサーバのIPアドレスも同時に変えてしまいますし、
もし再起動させる必要性が出て来たときに、IPアドレスのコリジョン(衝突)で
現在動いているネットワークにトラブルが起きるのを未然に防ぐためです。

で、並行して、新ファイルサーバ名とIPアドレスを
旧ファイルサーバと同じに設定して、こちらは再起動。
これで理論的には、ファイルサーバがそっくり入れ替わり、
各サーバや端末のパソコンからも、何ら変わることは無く、
普通通りに使えるはずです。

一度、サーバ室から自分の席に移動して、
ネットワーク上のファイルの動作確認。
ちゃんと見えてるな、よし♪

さて、あとは、一番最初に停止させていた、
文書を電子化するためのフローサーバを起動・・・

・・・ピッ、

「System Halt,No Memory Modure.」

・・・は?

以降、自動的に再起動を繰り返し、

・・・ピッ、

「System Halt,No Memory Modure.」

何じゃとおぉ!?

「メモリが無い」って、どう言うことよ!?
通常通りシャットダウンしただけなのに、
システムが飛んだと言うの!?

平静を装いながらも、額に汗しながら、
電源ボタン長押しで強制的に電源断。
その後、背面の電源ケーブルを引き抜き、
フロント部のステータスランプが消え、
通電していない事を確認して本体を引っ張り出し、
本体横のガワを開けます。

「・・・メモリ、挿さってるじゃん。」

ただ、粗悪品のメモリの場合、
ショートして使えなくなっている場合もあるので、
一応メモリスロットからメモリを抜いて確認。
ラベルを見ると、マイクロン社製の8GBメモリモジュール。
粗悪品どころか、上等品です。

「どこも傷んでないじゃないの。」

もう一度メモリを挿し直し、再度電源ケーブルを挿し、
スイッチオン!

・・・ピッ、

「System Halt,No Memory Modure.」

ぬおぉ・・・

・・・はっ、そうだ!
隣で動いているサーバも、これと全く同じスペックのサーバだ!
もしメモリがマズいようなら、挿し替えれば動くぞ!
隣のサーバはまだ本格稼働していないから、
メーカーの保証メンテナンスが来るまでの間なら、何とか凌げる!

で、両方のサーバのガワを開け、メモリを交換し、互いに再起動。

隣のサーバは、難なく起動。
フローサーバは、相変わらず再起動の嵐。

・・・ピッ、

「System Halt,No Memory Modure.」

ぬぬぬ・・・
メモリモジュール自体に異常がないなら、
あとはマザーボード側の問題か・・・

よし、メモリモジュールは、二枚挿しならデュアルチャネルで動くから、
一枚なら一番スロットでなくて、三番スロットに挿そう!

BIOSのメニュー画面にすらも辿り着かないので、
念のため、BIOSも初期状態にリセットすべく、
ガワを開けた本体の隅々をジロジロ。
うみゅ、暗がりと老眼で、良く見えん・・・

「え゛〜と、大体どこのメーカーも、
 マザーボードの端にジャンパースイッチが・・・あった!

他のジャンパーとは明らかに違う、
小さい取っ手が付いたジャンパースイッチを発見。
マザーボードに書かれている文字が良く見えませんが、
うん、もういいよ、これで!
多分合ってるよ!(苦笑)

これを一つズラして挿し、ショートさせ・・・

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・よし!」

ジャンパースイッチを元の位置に挿し直し、ガワを閉じ、
電源ケーブルを挿して・・・スイッチオン!

・・・ピッ、

「System Initializing.」
「System Initializing Memory.」

よっしゃあ!

その後、赤文字で、

「BIOSが初期化されとんので、再設定してちょ。」(何故に名古屋弁)

と言った内容の警告と共に、BIOSの設定メニューが表示。

特段いじる項目も無いので、そのまま設定を上書き保存して、再起動。

・・・ピッ、

「System Initializing.」
「System Initializing Memory.」

「Boot,OK.」
「System,Normal.」
「『Type-ZERO』,Stand-By.」
(Googleより拝借)
れ、零式!?
ウソです。
「HOS」も「LOS」も入っていません。
ハードウェアも、篠原重工製ではありません。
(知っている人だけ笑って下さい。)

IBMの「System X」の画面から、次に「窓」のロゴマークが表示され、
ようやくAdministrator のパスワード入力画面まで辿り着きました。

はあぁぁぁ〜・・・
動いたよ・・・
良かった・・・

FAXを含む文書を全部電子化しているので、
「もう一つの基幹システム」とも言えるこのフローサーバが動かない事には、
私のいる会社も、関連会社も、仕事になりませんからね。

ログオン後、複合機に溜まっていた受信FAXのデータも、
ちゃんと自動でデータ化されているのを確認して、

「よし、帰ろう!」
イメージ 1

全日本もう帰りたい協会

ま゛〜、正直なところ、焦った焦った!
一瞬、どうしようかと思いましたが、
過去の技術屋時代の経験が役に立ちました。

この現行システムのメンテナンスをしてもらっている
本家の技術屋さんに、今回の経緯を説明したら、

「そこまでやりましたか・・・」(苦笑)

えぇ、やりましたよ♪
じゃないとみんな、困るもん♪

以前にも、何度も書きましたが・・・
私、経理ですが何か!?

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ウァレンティヌス・聖氏(日系三世(大嘘))が、
時のローマ皇帝に迫害されて殉教した日に、
丑寅の方角を向いて、チョコレートにかぶりつく日も過ぎました。

・・・あれ?
何か違うぞ。(笑)
しかも丑寅の方角って、「鬼門」ぢゃん。(←確信犯)

さて。

家では、カミさんと娘からチョコレートをもらって、
「みんなで食べよう♪」
と嬉しく、おいしく頂きました。

一方で事ここ、職場に至っては
「お返し」も考えなきゃならないので、
「面倒くさい」ことこの上ないと思っていましたら・・・

今年からは、個別にはありませんでした♪
気楽〜♪


日経新聞に載せた、ゴディバの広告にもありましたね。
「義理チョコをやめよう」

うん、私はこれで良いと思います♪

さすがゴディバ、大人の考えです。
本当に美味しいチョコを、本気で作っているだけのことはあるぜ!

・・・さすがにおいそれとは口に出来ませんが、
以前食べてみたら、本当に美味しいんですよ。
格が違う・・・
イメージ 1

恵方巻にせよ、義理チョコにせよ。
需要よりも、供給過多。
余った食品の廃棄処分料も、商品の値段に上乗せされているのですから、
消費よりも売上第一主義の世の中は、いかがなものかと思うのですが。

食べ物を、口に出来る喜び。
もっと「食」を考えましょうよ。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

バレンタインデー、キーック!
バレンタインデー、キー、イック!


シャラララ 素敵にキック

シャラララ 素直にキック

シャラララ 素顔にキック

ひでぇ・・・

誰もが浮かれてハンニバ〜

ひえぇ〜、カニバリズム!

作詞のニャンニャンやすし氏には申し訳ないですが、
ちょっと遊ばせてもらいました♪

もうそんな時期なんですね。

さて、昨日今日と、自分のやりたいことができた休日だったので、
ちょっと忙しいながらも、充実しておりました。

昨日は朝一で彩雲が見られたし、
マンション前でそり滑り、娘も大喜び♪
買い物も済んで、平穏な一日♪

今日も今日とて、カミさんは仕事、娘は保育園。
私はちょっとだけ休ませてもらって、
掃除とか、住宅ローンの繰り上げ返済の計算とかもろもろ。
みんなで買出しにも行き、娘の顔パスで無料配達、
身軽に帰宅しました。

やはり、娘の成長が見られるのが嬉しいですね。

こんなに穏やかな連休は、久しぶりかも・・・

で、今は祝日の夜。
来ました。

全日本もう帰りたい協会。
-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

技術屋の黄昏

Windows7の無償サポートも、残りあと一年足らずとなりました。

職場のパソコンも、現在は差して業務に支障は出ていないものの、
OS自体がサポート終了となれば、セキュリティやソフトの都合上、
入替をせざるを得ません。

消費税も上がることですし、早い所、新機種を用意せにゃ・・・

とまぁ、ここまではもう手配済みなのですが、
問題は、入れ替えてから。

ここから吠えます。(苦笑)

社内で、色々な人から、

「このソフトの操作はどうするの?」
「プリンタの印刷設定が違う」
「前のソフトのアイコンがどこか行っちゃった」

こうなることは、大方予想出来ます。

OSが変わることで、多少なりと混乱が出てくるのは解るのですが、
Windows10に至っては、私は全く解りません。
自宅でもWindows7ですし、プライベートでいじり倒すだけの
金も時間もありゃせんのです。(何故に名古屋弁)

なので、パソコンの入替は2ヶ月くらい後の予定ですが、
もし色々と聞かれても、私も本当に基本的な部分しか教えず、
いや、教えられず、

「私も初めて触るので、解りません。」

と突っ返すつもりです。
・・・だって、本当ですもの。

じゃないと、自分の宿題だけでなく、
皆の宿題も全部やってあげるみたいなモンで、
余計な仕事ばっかり増えて多忙を極め、
本来の仕事に支障が出ますから。(本当)

皆さん、車を買い替えたら、運転席の感覚の違いに戸惑うでしょ。
それと同じですよ。
お願いだから、自分でいじって、慣れて下さい。
前と全く同じには行かないんですよっ。


そしてまた、大体こんなトラブルが来ます。

A 「お客さんから来たメールに添付されていたファイルが開けないんです。」

私 「何のファイルですか?」

A 「判りません。」

アホかあぁ!
何かを知らんで開こうとしてたのかっ!

で、ファイルの拡張子を見てみると、CADソフトの図面データ。
今のWindowsは、あえて設定しないとファイルの拡張子を表示しないので、
気がつかない人は、こういうことをしてしまいがちです。
そんなファイルを無理矢理、アドビリーダーで開こうとして、
しかもご丁寧に関連付けまでしてしまって・・・
何回やっても「開けません」。

当たり前だっ!

例えるならですよ。
車のエンジンを修理をするため、エンジンの設計図を開くのに、
「おいしいカレーの作り方」のレシピを何回開いたって、
エンジンの構造は判らないわよっ!


これはまだ序の口ですよ。
はたまた、

A 「いつも開いていたエクセルのファイルが見当たらないんです。」

私 「どこに保存していたんですか?」

A 「分かりません。」

アホかあぁ!
どこに何を置いていたかも知らんてかっ!

まぁ、大体のデータが「マイドキュメント」に放り込まれていますから、
パソコンを入れ替える時は、そのフォルダごとゴソッと移植してしまえば、
探すのは難儀しても、とりあえず「ファイルが無い」と言うことは無いのですが、
問題は、ソフト独特の保存場所の場合。

画像データとか、Photoshopのカタログデータとか、
iTuneの音楽データとか。
(私は、iTuneは全く知りませんが、職場で使っている人が結構いるんですよ。)

自分で入れておきながら、どこにデータが入っているのか
全く知らないと言う人は、意外と多いです。

それを、

「全部、新しいパソコンに移し替えて。」

知らないわよっ!
アンタが勝手に入れた物を、何で私が全部探して、
移して差し上げなきゃならんのよ!

これまた例えるなら、
引っ越しの当日に、引っ越し業者に

「隠していたヘソクリが見つからないんだけど、家中探してちょうだい。」

って、頼んでいるようなモンよっ!


もっとヒドいのに至っては、

「手の空いた時に、このフリーソフトを入れておいて。」

それくらい、自分でやりなさいよっ。
過去に自分で入れていたでしょうが!
自分で入れたソフトくらい、自分で管理しなさいよ!

これも例えるなら、
「板(スマートフォン)」にアプリケーションソフトを入れるのに、
わざわざショップの店員に、その都度、自宅まで来てもらってるんですか?
しかもタダで、サービスで。
「板」の扱い方は、私は全く知りませんが。
知りたくもありませんが。


挙句の果てに、

B 「このソフト、新しいパソコンにも入れてくれ。」

私 「・・・ソフトの原本は?」

B 「無いわ。お客さんからもらった海賊版だもの。」

アホかあぁ!
それこそ、私の知ったこっちゃないわよ!

これも更に例えるならですよ。

もし、知り合いに調理師がいたとします。
その調理師に、

肉、盗んで来たからよ、
 料理してオレに食わせてくれや、
 タダで。

って言ってるようなモンですよ。

調理師免許を持った板前さんに。
車を修理してくれる整備士さんに。
病気を治してくれるお医者さんに。

「全部タダでやってくれ。」

と言えますか?

ソフトのインストールくらい、屁でもないですが、
技術屋として培ってきた、四半世紀以上の膨大な時間と
知識と技術と経験を、単に「便利屋」としてしか考えておらず、
「やってもらって当然」と思っているなら、それは大間違いですよ。

今でこそ経理ですが、私だって一応、
情報処理技術者の国家資格は持っているんです。
コンピュータ絡みの資格は、他にも持っているんですよ。

それを、タダ働きしろと?違法ソフトを入れろと?
誰のために?あなただけのために?
クソど失礼極まりないでしょ。
誰がやりますか。
ナメるな。

「自分で入れたものは、自分で責任持って下さい。
 特に海賊版なんざ、論外です。
 私は、悪の片棒担ぎはしません。」(毒)

断言しました。
えぇ、会議の席で、キッパリと。(本当)

皆が仕事で使う重要なソフトを、動く環境にするのは私の仕事ですが、
各々が好き勝手やった尻拭いと、タダ働きをするつもりはありません。

それにしても・・・
平気で「海賊版」「原本は無い」と言ってのけ、
更に簡単に「無いもの」を「入れてくれや」と言う無神経さ。

ソフトにもデータにも、著作権がありますから、
作った人に敬意を表して、対価を支払うのは当然だと思うのですが、
目に見えて「形」が無い分、道徳的な部分が薄れて行くんでしょうか。

コンピュータが随分身近になった分の、弊害かも知れませんね。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

鬼は・・・外?

※日を跨いでしまいましたが、2/4の記事としてお読み下さい。

前回、娘の保育園で「節分」のイベントが予定されているのは書きました。

で、カミさんと私で、

妻 「そう言えば明日、鬼って、保育園にどうやって来るんだろうね。」

私 「そうだよね、セキュリティかかってたよね。」

妻 「ピーンポーン、『鬼です〜。』『は〜い、どうぞ〜♪』なんてやるのかしら。」

私 「毎年同じ鬼が来るの?顔パス?」

妻 「さぁ、知らな〜い。」

なんて冗談で話していたら・・・
・・・本当でした。(笑)

三歳の娘曰く、

ピーンポーン、『は〜い、どうぞ〜♪』」

と、本当に入ってきたそうで。

すごい、鬼、顔パスなんだ。(爆)

鬼さんも大変だねぇ、この氷点下の寒空の下、
赤と青の全身タイツで、インターホンの前で待ってるのよ。(笑)

しかも部外者が入らないように、また、子供達が勝手に外に出ないように、
入ってからしっかりと戸締りまでして。(笑)
保育園の段取りを、ちゃんと解っていらっしゃる。(爆)


さて一方で、鬼の姿を見た娘は、誰よりも真っ先に大声で

「ごわい゛〜!!」

と大泣きしたそうですが、逆に保育園の先生方は、

「普段余り大きな声で騒がない子が、こんな大きな声を出せるんだ。」

と、見当違いの方向にビックリしたそうで。(本当)

カミさんが仕事を終えて、保育園に娘を迎えに行くと、

「お母さん、ちょっと、お母さん♪」

と、保育園の先生が、笑いをこらえながらカミさんの肩をぱしっと叩き、
今日の一部始終を話してくれました。


娘の大泣きも然ることながら、実は話はそれだけで終わらず、
何でも、豆まきが終わった後、

「さぁみんな、鬼さんと仲良く一緒に写真を撮りましょう♪」

となったそうで、

先生 「鬼さん、こちら。」

鬼 「あ、はい。」

と、鬼も素に戻って、泣いている子も巻き込みながら
ステージに上がってみんなで記念撮影・・・


・・・私もカミさん経由でその話を聞き、床に突っ伏して爆笑♪

どこまでフレンドリーなんだ、鬼!(笑)

前々回の記事では、勝手に想像を膨らませて、
コントまがいのものまで書いてしまいましたが、
「事実は小説よりも奇なり」とは良く言ったもので、
ま〜、大いに笑わせてもらいました♪

三歳の娘には、良い経験でした♪

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事