あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

節分の夜

※日を跨いでしまいましたが、2/3の記事としてお読み下さい。

今日は節分。

赤と青の鬼が、

「とりっくおあとりぃと!」

と、住宅街を練り歩き、落花生や恵方巻を托鉢して歩く今宵、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

・・・ん?何か?(確信犯)


娘に、節分と言う季節行事を実感してもらうためにも、
今日、スーパーで買出しの際、豆菓子と鬼のお面をゲットしました。

で、帰ってから、鬼のお面を着けると、

「お父さんだと、より怖い」

らしく、カミさんがお面を着けて、

妻 「悪い子はいねが〜♪」

私 「それ、なまはげの仕事だよ。」(笑)

と、カミさんが娘に、ずずずいっと近寄ると、
娘はキャアキャアとはしゃぎながら、
豆代わりのお手玉を手にして、カミさん鬼に向け、

ぺいっ・・・

ひるる・・・

ぽて。

私・妻 「かわいい〜♪」

親バカモードで、悶えてました♪

娘も面白がって、

ぺい、ぺい、ぺい。

ぽて、ぽて、ぽて。

家族皆で和んでしまいました♪

そのうち、娘も投げ方に慣れて来たらしく、
颯爽と投げたお手玉が、カミさん鬼の顔にスマッシュヒット。

うみゅ、これで、明日の保育園で予定されてる鬼退治は安心だなっ♪


で、一息ついて、カミさんが、

妻 「そう言えば明日、鬼って、保育園にどうやって来るんだろうね。」

私 「そうだよね、セキュリティかかってたよね。」

妻 「ピーンポーン、『鬼です〜。』『は〜い、どうぞ〜♪』なんてやるのかしら。」

私 「毎年同じ鬼が来るの?顔パス?」

妻 「さぁ、知らな〜い。」

ちなみに私は、カミさんの代わりに娘を迎えに行っても、顔パスです。
身分証明書の提示を求められたことはありません。

・・・私、濃い顔をしていますから、面が割れてるんでしょうね。(半泣)


さて、一方で「恵方巻」ですが。

この記事を読んで下さい。




元々、セブンイレブンが唱え始めたキャッチコピーが、
ここまでの食品ロスを生むとは・・・

私も常々、気にかかっておりましたが、
ここまで本当の姿を見てしまうと、
「恵方巻」を食べる気がしません。
今年も買っておりませんが。

・・・皆さん、イベント「食」に踊らされるの、止めませんか?

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

鬼は外?鬼は内?

今日も元気に布団からこぼれて寝る娘。
(去年の今頃の写真ですが、今日もこんな感じと思って下さい)
イメージ 1 イメージ 2

娘の保育園でも、節分の準備が始まっているようで、
帰宅してからも、娘は嬉しそうに吠えています。

「おには〜そと、おには〜うち♪」

・・・どっちだい。(笑)

娘の言葉につられて、節分に悩める鬼たちの
コントを考えてしまいましたよ。

------------

とある家の玄関フードに、大きな鉄の棍棒を抱えて座り込む赤鬼。
その額には、一筋の焦りの汗。

赤鬼 「・・・まいったな〜・・・」

そこを、近所の豆まきでぶつけられたと思しき落花生を、
ポリポリと食べながら通りすがる青鬼。

青鬼 「・・・なしたの?」

赤鬼 「あ、ここの家の子がね。
    『おには〜そと、おには〜うち♪』
    って、喜々として叫んでるモンで、
    出るタイミングを逸しちゃってね。」

青鬼 「なるほどね・・・食べる?」

と、差し出す青鬼の手には、一握りのホンコン豆。

赤鬼 「ありがと・・・(ポリポリ)
    ・・・ンで、迷った挙句、
    『悪い子はいねが〜っ!』
    って登場しようと思ったんだけれど・・・」

青鬼 「なまはげの仕事を取っちゃダメだよ。」

赤鬼 「そうなのよ・・・
    で、この状況・・・
    どうしたら・・・良いと、思いますか、あなた!

いきなり話を振られた青鬼は、目を丸くして驚き、

青鬼 「・・・え゛、お、俺!?」

切羽詰った目で、無言でコクリと頷く赤鬼。

黙りこんだ、二人の鬼。
夜空に煌々と輝く月に、凍てつく真冬の夜の風。
遠くに聞こえる犬の遠吠えと、走り過ぎる貨物列車の音。

しばしの沈黙の後、思い出したように、
口の中に残っていた落花生をボリボリと噛み砕き、
ゴクリと飲み込む青鬼。
その額には、一筋の汗。

刹那。
やっと開いた青鬼の口からは、オネエ言葉で

青鬼 「んもぅ、知らない、知らない♪」

赤鬼 「小松政夫かっ!」

青鬼 「知ってるお前も、タダモノじゃないよっ!」

赤鬼 「誰がケダモノだっ、俺は鬼だっ!」

青鬼 「誰もケダモノとは言っとらんわっ!」

画して節分の夜、住宅街でハタ迷惑以外の何物でもない
鬼同士の戦いの火蓋は切られた。

------------

くっちゃくちゃに疲れている頭を、
余計な方向に繋げたら、こうなっちゃいました・・・(自爆)


・・・話は変わりますが。(キリッ)

さて今年は、どれだけの数の恵方巻が
食べられずに処分されるのでしょうか。

勿体無いです。

捨てるくらいなら、せめて私に頂戴よ!
三食三日、食費を浮かせたいわよ!(こら)

恵方巻?
私は阿呆の左巻きです。(意味不明)

飽食時代の日本。
前代未聞のブラックアウトがあった、去年の地震を忘れちゃいけません。
廃棄処分する費用も加味された値段で食べ物が売られているこの現実、
イベントにあやかった売上優先の過剰な食糧供給は、
日本の食生活をダメにしそうで怖いです。

クリスマスケーキを筆頭に、
イベント限定食も完全予約制の受注生産か、
売り切れ御免で数量限定にすれば良いのにと憤る、
平日の昼下がり。

・・・仕事しろよ。(←私)


※注:時限アップなので、この時間にはちゃんと仕事してます。(言い訳)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

冬将軍襲来

今月上旬、温暖前線が通過して雪が溶け、道はジャクジャクのシャーベット。
降る雪もみぞれ状態で風もあり、非常に嫌な冬の日でしたが。

ぶ〜り〜ざ〜〜ど、ぶ〜りざ〜〜ど。
松任谷由実:ブリザード

そんな生易しいもんじゃないです。

ホワイトアウト(視界不良)での交通事故、
車のマフラーが積雪で塞がり一酸化炭素中毒死、
通行止めや立ち往生で、車を降りて行き倒れで凍死、etc・・・

北海道の吹雪は、本当に死人が出ます。


その後、寒冷前線が通過。
一気に顔が痛くなるくらいの冷え込みとなり、
気温もマイナス二桁、足元の雪もきしみ、
白く吐く息もゴジラ並み。(笑)


個人的には、吹雪いて寒いのは嫌いですけれど、
しばれるのは良いんですよ♪
実家が網走ですから、流氷が来たら、そんな寒さは日常茶飯。
幼いころから経験済みです。
イメージ 1

10年前ですが、東京MONOGRAMの写真展にて、
看板作品にも起用されました。(本当)
イメージ 2

風が無く、それこそ顔が痛くなるくらい、
鼻の穴がカピカピするくらいのしばれ具合は、札幌では久方ぶり。
最近、疲れから感覚がボヤけておりましたが、
久々にキンとする寒さに、神経が引き締まりました。

夜空を見上げると、煌々と明るい月に、瞬かずに輝く星。

「あぁ、こりゃあ、しばれるわ。」
(放射冷却現象)


やっぱり私は、道産子なんだなぁ・・・


ういんたぁへすてばる、札幌雪まつりも間近です。
アジア人観光客ばかりの大通界隈には、
極力行かないように気を付けます。(苦笑)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

怒涛の二週間

そうか、世間では共通一次センター試験か・・・
もうそんな時期なのだな・・・

そう言えば先日、郵便局に行ったときに、受験生に向けて

「自分を信じて!」

とキャッチコピーが書かれていた某チョコレートが
カウンターに並べられておりましたが・・・

はい。
自分が一番信じられない、記憶がゆるゆると揮発する
ちょちょ山でございます。
皆様、お元気でしょうか。

私の頭はパソコンのメモリ並み。
電源切れると、消えちゃうの。
お酒を飲んだら、効果覿面。
リカバリーソフトでも復元できないくらいに
乱数で上書き消去されます。(意味不明)

い〜つの〜こと〜だか〜、
思い出せません!
あんな〜こ〜と〜、こんな〜こ〜と〜、
あ〜った〜かな?
知らんよ!(誰に吼えとる)


さて、近況ですが。

ちょっと、聞いて下さいよ、奥さん。
奥さんじゃない人も。(笑)


先週の話。
正月明け、年末からの仕事を引っ張った上、
年が明けてからの独特の仕事の目白押し。

通常業務プラス請求書業務、社保の手続きや手形の取立、税金の納付。
更に年初の仕事(年末調整の法定調書や給与総括表の提出等)で
あわわ、あわわ。
ようやく第一波を乗り切ろうとしたら・・・

還暦過ぎた社員が、先々週金曜の早朝、職場で倒れまして。
脳内出血で、現在も意識不明。
以前に一度、軽い脳梗塞をやっている人でもあり、
元々持病があったので、労災にはなりませんが、
倒れた時間は、まだ誰も出社していない早朝の事務所。


たまさか早い時間に出社した女史がいたので、
直後に救急車を呼んで何とか一命を取りとめていますが、
問題はこれから。

家族にどうやって連絡を取ろうかと職員名簿を調べましたが、
情報が古く、しかも家の固定電話が外されている上、
倒れた本人の携帯電話番号しか判らず、
しかもその携帯電話は、ロックがかかって
身内の電話番号が調べられません。

市役所、警察、携帯電話会社、保険会社。
あらゆるところに電話をかけて調べまくりましたが、
結局はどうすることも出来ず、万策尽きた状態に。

そのとき、機転を効かせてくれていた営業部長が、
並行して別の営業の人を直接自宅へ走らせ、奥さんと合流、
病院へ直行と相成りました。

ひとまず胸を撫で下ろすも、今後の保険の手続きや、
給料・人事の扱い、雇用契約や担当をどうするか。
病院のお医者さん曰く、もし意識が戻っても、
恐らく通常の業務に復帰はできないであろうと。
う゛〜む、困ったモンだ・・・

昔、職場の上司が同じように倒れて、
そのまま亡くなったことを思い出します・・・


そんな思いっきりバタバタしまくった上、
大わらわになっているときに、来ました、第二波
今度は、別の社員のパソコンが故障。

ぬおぉぉ・・・またこんな時に限って、壊れよってからに!

そのパソコンからハードディスクを抜き出し、
自宅に持って帰って、古い予備のハードディスクにクローンを流し込み、
また翌日、事務所に持ち戻って接続、復旧・・・
このパターンも、これで4回目ですよ。

事務所のパソコン一式も買い替えの時期になって来ていますし、
データの移行、ソフトのインストール、ユーザーの管理等・・・
頭が痛いです。

だからさ、私、経理なの。
エンジニアじゃないのよ。
お手当出てないの。(苦笑)


まるでマーフィーの法則ですよ。

「大忙しのときに限って、
 後回しに出来ない横槍の仕事が入る」

考えることが尽きません・・・

へるぷみ。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2


開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

明けまして、おはようございます。
あ、今、夜中だ。(自爆)

新年、とうとう明けました。
めでたい?(問うな)
今年ももう初七日七草を迎えてしまいましたが、
早いモンですね。

風邪薬の瓶を開けると、錠剤よりも乾燥剤が先に出て、
ノドだけでなく、気分まで何だかイラつく今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ほうれい線の気になるお年頃。
再来月に厄年+3歳のオールシーズン厄年男、
ちょちょ山でございます。
人生の半分以上は過ぎてしまいました。

正月や 冥土の旅の 一里塚

と言うワケで、メイドさん。

これ、去年もやったよ。(自爆)
すごいなぁ、恐らくテレコンバータ付きでしょうが、
こんな長玉を手持ちで、しかもエレガントに。
恐らく地上で、一番カメラ装備の充実しているメイドさん。
シュールだね〜。
歴史に残るね〜。


さて、正月と言えば、先日の仕事納めに、職場の女史Aに

A 「良いお年をお迎え下さい。」
私 「えぇ、悪い歳を取りすぎてしまいました。」
A 「ブッ・・・笑って良いんでしょうか。」
私 「笑ってくれないと逆に困っちゃいますよ、おいちゃん。」
A 「おいちゃんなんですか。」
私 「おいちゃんなんです。」

新春特別ネガティブキャンペーン絶賛実施中!
当日券あります。
お得な回数券も、好評発売中!

何だか年明けから、明後日の方向に全力疾走している感じが否めませんが、
いつものことですので、笑って許して下さい。

和田アキ子:笑って許して

最近、和田アキ子の登場が多いな・・・
話が脇道に逸れまくっておりますが。


さて、新春一発目と言うことで、今年の抱負でも書いてみましょう。

絹とか木綿とか、揚げ、高野・・・
そりゃ豆腐だ!

・・・文字に起こすと、面白くな〜い!(自爆)


今年の抱負1:死なない程度に生きてみる

最近、死神とラインダンスを良く踊ってしまうので、
しばらくヤツからのお誘いは断ってみようと思います。
今のところ、ジャンケンで3勝2敗1引き分け。
「ドラゴン殺し」が役に立ってます。(意味不明)


今年の豊富2:SIAFの動向を探る

3年にいっぺんの、札幌市税金どぶ捨て企画、
札幌国際芸術祭
これ以上、税金を無駄に使われないためにも、
先手を打って、SIAFに牽制をかけておく必要があります。

私が以前、広報さっぽろで掲載されていた、
最初の国際芸術祭の収支を散々つついた結果、
翌シーズンからは掲載されなくなりました。

また、途端場で「発信の方法を考える」とか言う
ミーティングをやっていることを
「開催直前に今更何をやっておる!」
と散々憤慨したところ、芸術祭を含めたイベントの詳細は、
別の小冊子にてまとめて案内するようになりました。

またまた、
「ビアガーデンやオータムフェストとぶつかって、時期が悪すぎる
「芸術(ゴミ)で腹は膨れませんがな」
「人の胃袋を掴むって、こう言うことです」
とこれまた散々に書いたところ、
次回は冬に開催される予定になったそうで。

・・・本当に、ここのブログ読んでるワケじゃあるまいな・・・?


ディレクターだけでなく、キュレーターと言うお仕事も
最近目にするようになりました。
こう言った緩衝材(と言ったら語弊がありますが)のプロの方々が、
率直過ぎる現代芸術の作家と、観客との橋渡しをしてくれます。

一方で、このキュレーター導入も、
もっと早くにやっておくべきものだった、と私も思いましたが。

何でも身内で手作りして成功させられると思ったのか、
とあるコーヒー店の軒先にマネキンの生首を12体陳列して
芸術作品とし、そのコーヒー店の信頼を失墜させ、
果てはSIAF担当者が作品の維持管理まで
のらりくらりと放り出したという悪しき実績がありますから、
一度キュレーターなる第三者を挟むことで、
あの失態は防げたのではないかと思います。

次回は作品を市長の自宅前に移設して耐えられるか。
そこが芸術の審査の基準になりますかね。(意地悪)


また更に一方で、現代芸術の勉強会なるものを、
あちこちで開催しているようです
万人ウケしないものを、本当に何を今更・・・
言われてからやるんじゃないっ!
小学生の夏休みの宿題レベルかっ!

この他、ガンちゃんのプレートとか、ボランティアの呼称変更とか、
私が吠えた後に、何かしら改善の兆候が見られたことがありますが・・・
兆候だけで、結果が見られたかは別物として。(苦笑)
言われる前に、段取りをちゃんとしろってのっ。

開催から撤収まで、とてもプロとは言えないお仕事。
だから「お役所仕事」って言われるんだぁよ。


今年の抱負3:写真展に出品する

特に今回狙っているのは「道美展」。
美術と謳われる写真展に出品し、万一通ることがあれば、
堂々とSIAFと戦えますから。(←それが目的かっ)

手段のためには、目的を選ばない男。
・・・あれ、これ逆じゃないの?(自爆)

美術とは何か。
芸術とは何か。
繰言のようだがSIAFよ、少なくとも、
痛んだ路面の型抜きしたり、マネキンの生首並べたり、
赤ら顔の酔っ払いが、人の人生を適当に動画にして玩ぶことが
芸術ではあるまいて。

試しに、本当に芸術祭に出展してみようかしら・・・


SIAFの活動全てを否定するつもりはありませんが、
SIAFの活動を今後良くしてあげる義理もありません。
高い住民税を取られて、それを軍資金にされている以上、
芸術を称しながらも、芸術をナメた活動には、
徹底的に反論するつもりです。

「それって、人としてどうなの?」と。
「人の税金で遊ぶな!」と。

さぁ、段々火が点いて来たぞ〜!(笑)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事