あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
さぁ、年の瀬も迫って参りました♪

気が付けば仕事納めも過ぎ、
張っていた気が緩み、体調を崩す今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
・・・体調崩すんだ。(苦笑)

今年はこの時期まで引っ張ってしまいました。

そう。
職場でほぼ毎日会っているにも関わらず、
互いの生きている証をやり取りする「生存確認証明書」
そう、「年賀状」です。

正直、うんざりしている方も多いかと思います。
私もその一人ですが。

一昔前なら、実家の分も含めて500枚以上を印刷しておりまして、
管理も印刷も自前、原稿も複数用意したりと大変でしたが。

最近は私個人分だけにせよ、

「職場の社交辞令はもうイヤだ!」

と、とうとう生存確認証明書ファイナルに踏み切りました。

だってですよ。
屁理屈に聞こえるかも知れませんけれど。

平賀源内の考えた、日本最初のキャッチコピー「土用の丑の日」、
製菓会社のカモ「バレンタインデー」、
本来クリスチャンですら余り関係ないはずの「クリスマス(聖誕祭)」等々、
あってもなくても生きて行くのに全く関係ない「単なるイベント」なので、
色々な意味で余力の無い私は、サクサクと
対外的な「イベント」そのものを削ることにしました。

だって、「金」と「時間」と「労力」のムダですもの。
職場でハッキリ宣言しました。(本当)
個人情報もダダ漏れですし。(爆)

一昔前の私ならば、デザインに凝ったり写真に凝ったりと、
色々と趣向を凝らしておりましたが、
今はそんな時間がありません。
仕事から帰って早々、家事と育児が待っています。
自分の時間は、寝る前の僅かな時間だけですよ。

毎日顔合わせているのに。
毎日挨拶しているのに。
何でまた、睡眠時間を、生命力を削ってまで
わざわざ生存証明書を書いて出す必要があるのでしょう?

明治時代に、時の郵便局員が、
葉書の需要を増やすために考えたアイデアってだけなので、
それに利用されていることに気付かず、
単なる慣習、社交辞令なのに、
世間では公式な礼儀として捉えられていること自体が
私には不自然に思えてならないのです。

デロリアンがあったら、この郵便局員の脇の下を
ちねってきてあげたくなります。(意味不明)
(Googleより拝借)
じゃあ、明治維新前は、皆失礼な連中だけだったとでも?

コミュニケーション手段が、ここまで変わって来ている現代、
悪しき慣習に縛られる必要は全く無いと思います。
62円の葉書であっさり切れてしまう安い縁なら、
元々無くたって良いんじゃないかとも思いますが。

本当のご縁なら、そんな葉書に縛られずとも
長くお付き合いが続くでしょうに。

それこそ社交辞令で届く職場の年賀状なんて、
読まれずに積まれて終わりだった年もありましたし、
配達のアルバイトが仕事を放棄して捨てたと思われる年賀状の束が、
春に溶けた雪山の中から出てきたのを
実際に目撃したこともあります。

年賀状が届こうが届くまいが、世間は回るんです。

出したい人にだけ出せば良いのが、年賀状じゃないですかね。
義務でも、義理でもなく。

そうなると、私が年賀状を出す相手は、本当に限られて来ます。
親族以外は、3〜4枚・・・

友達は、少ないくらいが、丁度良い。(笑)


皆様、良いお年をお迎え下さい。
イメージ 1


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

大☆爆☆発

ローカルネタですが。
半月程前、札幌市内で某事務所が大爆発を起こしました。
詳しくは、WEBで検索。(苦笑)

実は私、全く別件ですが、この会社の出先に
幾度か憤慨したことがありまして。
15〜20年前の話ですがね。

引っ越し先物件の契約をして、実際に物件を見に行ったら、
全く間取りの違う別物件。
それに対して苦情を言ったら、担当窓口の男が侘びの言葉一つ無く
「じゃあ、どうされますか」と開き直ったとか。

水道の本管の腐食で、不在時に漏水修理を頼んだら、
家の鍵は開けっ放し、且つスペアキーを刺しっ放しで帰ったとか。

また別の引っ越しの際、入居要望を頼んでいたのに放置され、
大家さんに確認したら、既に別の入居者が決まってしまっていたとか。

それらの経験を踏まえると、私個人の感想としては、
まぁ、今回の事故は

「会社の悪しき体質で、なるべくしてなった」

と言うか・・・
死者が出なかったのが、不幸中の幸いでしたが。

内情的なことも色々と情報が錯綜しているようですが、
私は、過去の苦言と一言感想を書くだけに留め、
現在の状況には、あえて口は出しません♪


ま、それらのことはさておき。
話は変わり、爆発で思い出した話が一つ。

昔の友人からの又聞きの又聞きなので、詳細は良く知りませんが。

ある人が、中学か高校位の学生の頃の話。

道路によくあるマンホールの蓋には
棒を引っ掛けるための穴が開いておりますが、
悪戯心で、その穴からロケット花火を突っ込んで
火をつけたところ・・・

シュッ・・・(花火の飛ぶ音)

どごぉん!

轟音と共に、あちこちのマンホールの蓋が、
一斉に宙を舞いました。

どうやらマンホールの底に溜まっていたメタンガスに引火して一斉に爆発、
当時の新聞でも原因不明の爆発と記事になったそうです。

この事件のときはロケット花火が原因でしたが。

昨今、受動喫煙が問題になっているにもかかわらず、
相変わらず歩きタバコの上に、火がついたままのタバコを
ポイ捨てする人を見かけます。
挙句の果てに排水溝や、それこそマンホールの穴から
捨てている人もよく見かけます。

今後、マンホールの蓋が吹き飛ぶ事故があったら、
恐らくすぐ近くに犯人はいます。

タバコを吸う人を捕まえましょう♪


函館の、コミカルなマンホールの蓋。
イメージ 1


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

気付いたら、もう年末よ!?(自爆)

今年の夏、真っ盛りに入院しておりました
「壊死性リンパ節炎(通称:菊池病)」。
高熱が出ていたせいで、ベッドの上で毛布に包まりながら
悪寒にガタガタ震えていたので、「夏の暑さ」を実感した日が少ないのですよ。
今は、本当の冬の寒さに震えておりますが。

なので、年中寒さに震えている気がして、非常にあずましくありません。
寒いわ、身も心も、ギャグも、懐も・・・

さて。
何日かに一度、「菊池病」で検索して
ここのブログに漂着されている方がいらっしゃるので、
夏の記事と合わせて、その後をお伝え致しましょう。

まぁ、症状と治療の詳細は、前回の記事に譲るとして。

掻い摘んで書くと、

・大風邪ひいたときのような高熱と悪寒
・普通の風邪薬が効かない
・解熱剤が効いても、薬が切れるとまた熱が上がる
・いつまでも熱が引かない
・入院しても放置プレイ(本当)

入院しても、病院は熱冷ましすら、
なかなか処方してくれませんでしたが。
えぇ、してくれませんでしたが。(←結構根に持つ男)

この病気に罹患する原因は不明ですが、
ストレスとも、過労とも言われており、
血液検査で、赤血球・白血球共に減少の傾向が見られます。

ウィルス起因の病気ではなく、
いわゆる一時的な免疫不全の状態なので、
ステロイド剤を投与して、免疫機能に喝を入れ、
体をリセットするのが本治療です。

熱が下がれば退院できますが、やはり強力な薬なので、
当然副作用があります。
肝臓に負担が来るので、お酒も飲んじゃいけません。

ステロイド剤の副作用の主なものも、

・極度の倦怠感。
・極端な肌荒れ。
・お腹にお肉が着きやすく、丸顔になる(ムーンフェイス)
・メンタル的に落ちる(うつ状態)等々

突然服薬を止めると反動も出るので、
約一ヶ月かけて徐々に薬を減らし、
最後の診察で血液検査をします。

病院の先生曰く、

「免疫不全と炎症を抑えるだけではなく、
 無理矢理に体を元気な方向に持って行く薬でもあるので、
 持ち上げた後のガックリ感は出ます。
 新陳代謝も急激に変わるので、肌がボロボロになったりもしますが、
 これも時間と共に収まりますよ。」

「先生、私の頭のボケ具合は・・・」

「直りません。」

「治る」じゃないところがミソ。(意味不明)

「つける薬がありません。」

「センセ〜っ!」

と言うやり取りがされていたかはさて置き。(←置くな)

「お腹にお肉が着きやすく、顔も丸くなると聞いたのですが・・・」

「薬の副作用も、出るのは数日です。
 今のお腹のお肉は、副作用とは関係ありません。
 頑張って下さい♪(にっこり)

ぬおぉ、食生活が原因ですか・・・

「血液検査の結果、赤血球、白血球、肝臓、全て正常値です。
 一応これで、リンパ節炎の治療は終了です。」

まずは一安心、完治のお墨付き。
約一ヶ月、待ったよ・・・
これでやっと、酒が飲める・・・(結局そこかい)

酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ〜♪
「バラクーダ」かっ!

しかしこれがですね、病気の延長上と言うか、薬の後遺症と言うか、
電気シェーバー用の髭剃りローションを顔に塗ったところ、
アルコール分で肌がビリビリしまして。

当初「何じゃこれは」と思っていたのですが、ローションだけでなく、
自宅で快気祝いに、約一ヶ月ぶりにカミさんとお酒を飲んでみると、
これがまた、非常に美味しくない!
飲んでいて、ここまで飲むのが辛かったのは初めてですよ。

私の場合、一時的に体が全てのアルコールを拒みました。

あれから5ヶ月。
ようやく最近になって、普通にお酒を飲めるようになりましたが、
めっきりお酒に弱くなりました。
・・・あ、これは加齢のせい?(自爆)


もし、菊池病にかかってしまった方。

人それぞれだとは思いますが、
完治しても、しばらくはお酒を慎んだほうが無難です。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夕べ、家でちょいと早めのクリスマスぱぁち〜をしていたとき、
カミさんが私に囁きました。

妻 「例のコンサートの件だけど。」
私 「うみゅ。」
妻 「明日あるって、まだ(娘に)話してないんだよね。」
私 「体調は大丈夫かい?結構咳込んでるみたいだけど。」
妻 「大丈夫。(ぐっ)」
私 「と、したら・・・だな。」
妻 「だな。」

互いにコクリと頷き、カミさんは娘に向かって、

妻 「お父さんがお話あるって〜♪」
私 「え、ウソ、俺が!?」

いつの間にか、私が話すことになっていました。(笑)
まぁ、それは良いんですけれど。

そこで私は、娘の座っている椅子の横に屈みこみ、

私 「娘よ、まぁ、ケーキでも食べながら、聞いて下さいよ。」
妻 「何をそんなにかしこまってるの。(笑)」

で、私は娘に、

私 「去年、大きなホテルで、クリスマスのお歌を聴いたり、
   サンタさんに会って写真撮ったりしたの、憶えてる?」

クリスマスケーキをパクつきながら、コクリと頷く娘。

そこで私は、ぐぐっと拳を握り締め、ドスの効いた声色に変えて、

私 「・・・今年も、サンタがやってくる!

妻・娘 『どわはははっ!』

カミさんと娘に、大いにウケました♪
私、これがやりたかっただけかも・・・

と言うワケで、今日の夕方、ここに行って来ます。


ここのホテルには、挙式で使われる大聖堂がホテル内にありまして、
普段開放されないのですが、クリスマスイベントのときだけ、
一般に無料開放されます。

一見の価値ありです。(写真は去年のものです。)
イメージ 1


予断ですが。
近年、サンタクロースのイメージが「おじいさん」ではなく、
女性や両性の考え方・希望もあるそうで。

まぁ、ニコラス・聖(ひじり)さん(←日系三世(嘘))が、
いつの間にか大きな唐草模様の泥棒風呂敷白い袋にプレゼント入れて、
鞭で悲しき偶蹄目をしばき倒すと言う、
立ったキャラが一人歩きしているものですから、
どう考えようと自由ですけれどね。

イベントで、レディー・サンタはよく見かけますね。

で、仕事上がりのレディー・サンタ。(写真は10年前のものです。)
イメージ 2


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

EAT ME

またまた写真ネタです。
先日訪れた、新札幌界隈にて。

イメージ 1
(携帯電話 富士通製F-11Cにて撮影)
SIAFが動き始めたようです。
また近々、ネタにします♪

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事