あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

頭の精密検査

物忘れ〜、歩きゃつまづき、物落とし〜、
手には痺れと、頭痛頻発〜。

皆様、お元気でしょうか。
頭の中で、ファイヤークラッカーがヘビーローテーション、
紐引っ張ったら頭が爆発しそうな、ちょちょ山でございます。

のっけから意味不明な書き出しはいつものことですが、
先述の症状がぽろぽろと出ておりましてですね。

最近、特に物忘れが激しく、職場の机の上はメモと付箋だらけ。
自分でも誰にどこまで話したかが判らなくなり、
昨日と一昨日、一週間前と、記憶の時間差がなくなって、
自分でも不安ながら、カミさんにも心配される始末。

ゆるゆると揮発していく、私の記憶。
私の頭は半導体並み、電源切れたら消えちゃうの。
外部記憶と直結したいわ。(切実)

と言うワケで、行って来ました脳神経外科。
脳萎縮とか、脳梗塞とかだったら大変ですからね。
私はともかく、カミさんと娘を残して死ねないですから。

で、病院にて、色々と問診。

書き出しの通り、頭痛があり、たまに手の痺れもあり、
会話中に言葉につまり、歩いている時にも蹴躓き、
そして何より、短期記憶の欠落。

話した内容を忘れていても、言われて思い出すならまだしも、
「話したこと自体を忘れる」ことがしばしば。
お酒飲んで悪酔いして、記憶がすっぽり抜けているときと同じレベルで、

「俺、そんなこと話したっけ・・・?」

また、仕事をしていても、

「あ゛!あの仕事、やるのを忘れていた!」

と突如思い出して、書類のバインダーを開くと、
しっかりと私の字で、しかも日付印まで押して処理済みだったり。

このときは、さすがにゾッとしました。
平日、仕事をこなしたことすら、忘れているんです。
午前中にやった仕事を、夕方までには忘れる始末。

ンなモンで、私の手帳には予定だけでなく、
日々の記録がびっしりと、日記のように綴られております。
どこまでやったかの仕事のチェックリストを作り、
日々の仕事を何とかこなしているワケですが、
赫々云々、そのことも病院の先生に話し、

「じゃあ、調べてみましょう」

と、血栓の原因になる頸動脈の硬化を調べるエコー検査、
頭部のレントゲン撮影、脳の異常を調べるMRIを、
一通り受けて来ました。


まず、エコー検査。

エコー検査は何度か受けたことがありますが、
ま〜、近年の技術進歩は目覚ましいですな。
単にセンサーを患部に塗り塗りするだけでなく、
頚動脈が脈打つ様子をリアルタイムで動画記録し、
脈一拍の間に、どれだけ動脈血管の伸縮があるのか、
合わせて血管の厚さの変わり方まで計測するんです。

すごい・・・

頭部のレントゲンも、横から角度を変えて数パターン撮り、
これはまた、診察のときの判断材料に。
結果は後述。

で、どん尻に控えし、MRI。

過去にCTスキャン(Canon製)に入ったことはありますが、
MRIは今回初めてでした。

技術担当のおねえさんに案内してもらい、

「こちらで耳栓して、横になって下さい〜」

ベッドに横になり、肩から上を固定して動かないように、
安定板と両頬の間、頭頂に詰め物をします。
うみゅ、ホットドックの気持ちが良く解る。(笑)

私は閉所恐怖症ではないですが、

「万が一、気分が悪くなったりしたときのためのブザーです。」

と、スイッチを持たされ、更に顔にドーム状の固定具を着けられ、

「はい、これから中に入ります〜」

ゴロゴロゴロと、私を載せたベッドが移動し、頭からMRIの中へ。
直立不動で、身動きとれず。
なるほど、こりゃ閉所恐怖症の人はパニックになりますな。
一方私は、

「わ〜、火葬されるのって、こんな感じなのかな〜・・・」(をゐこら)

検査が始まり、

「ヴィー」「ヴォー」「ヴォンヴォン」

複数の装置が一斉に動きだし、耳栓をしていても、
それぞれ異なる大きな音が、ハーモニーになって聞こえて来ます。
繰り返すようですが、閉所恐怖症の人には辛いかも・・・

完全にMRIの中に入りきり、検査が終わるまで動いちゃいけません。
・・・が、そう言うときに限って、鼻の頭がかゆくなったりするんです。(苦笑)
掻きたい、でも、掻けない・・・
うぬぅ、頑張れ、10分少々の辛抱だ・・・

・・・チーン。(大嘘)

「終わりました〜。」

「・・・んごぉ〜・・・(爆睡)」

嘘です。
あんな大きな音の中で、寝られるワケがありません。

「・・・はっ!」

殺気を感じて目覚めると、寝ている私をどう起こそうかと、
おねえさんがスリッパを持って私を引っ叩かんばかりに、
わなわなと怒りに震えておりました。
しかも、トイレ用のスリッパ。(大嘘)

嘘と現実をチャンポンにしたMRIの検査も無事終わり(意味不明)、
再び先生の所で診察。

先生は、頸動脈から脳内血管の状態を合成した
私の3Dのスケルトンフレームをモニター上でクルクル回し、
更に、MRIで輪切りになった私の脳の断層撮影画像を
連続でズズズイッと表示させ、

「脳も血管もキレイで、特段異常はなさそうだねぇ。
 ただ、この画像を見ると・・・」

と、先のレントゲン画像をモニターに表示させ、

「首の骨が真っ直ぐになっているでしょ。
 普通は、真ん中くらいの所が前に出るように
 少し湾曲してるんだけど、真っ直ぐってことは、
 普段から緊張して、強張っている証拠。
 頭痛や肩こりも、ここから来ていると思うよ。」

「なるほど、そうなんですか。
 じゃあ先生、この頭の悪さは、どうしたら良いですか・・・?」

「つける薬がないねぇ。諦めてちょうだい。」

「センセ〜っ!?」

と言う冗談はさておき。

「寝ているときに、いびきはかくかい?」

「多分・・・娘が目を覚ましかねないんで、カミさんに起こされて、
 残念ながら川の字では寝られず、私だけ自分の部屋で寝てます。」

「まぁ、どの程度のいびきをかいているかは、自分じゃ判らないよね。
 ただ、大きいいびきをかいて寝ている場合、睡眠障害で眠りが浅くなって、
 注意力散漫になったり、健忘が出ることはあるよ。」

「そうなんですか・・・」

「他にも若年性認知症の可能性もあるけど、本当に認知機能が落ちているか、
 ペーパーテストで数値化しておこうか。
 今日、こうして話している限りは、そういう感じはしないけどね・・・」

と言うことで、後日、若年性認知症の検査をして来ます。


天然ボケか、本当の認知症か。
過労とストレスか、睡眠障害か。
まだ結果は見えませんが。

謎が謎を呼んで、次回に続く!(のか?)

するめをかじりつつ待て!(待たなくて良いです)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事