あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

気付いたら、もう年末よ!?(自爆)

今年の夏、真っ盛りに入院しておりました
「壊死性リンパ節炎(通称:菊池病)」。
高熱が出ていたせいで、ベッドの上で毛布に包まりながら
悪寒にガタガタ震えていたので、「夏の暑さ」を実感した日が少ないのですよ。
今は、本当の冬の寒さに震えておりますが。

なので、年中寒さに震えている気がして、非常にあずましくありません。
寒いわ、身も心も、ギャグも、懐も・・・

さて。
何日かに一度、「菊池病」で検索して
ここのブログに漂着されている方がいらっしゃるので、
夏の記事と合わせて、その後をお伝え致しましょう。

まぁ、症状と治療の詳細は、前回の記事に譲るとして。

掻い摘んで書くと、

・大風邪ひいたときのような高熱と悪寒
・普通の風邪薬が効かない
・解熱剤が効いても、薬が切れるとまた熱が上がる
・いつまでも熱が引かない
・入院しても放置プレイ(本当)

入院しても、病院は熱冷ましすら、
なかなか処方してくれませんでしたが。
えぇ、してくれませんでしたが。(←結構根に持つ男)

この病気に罹患する原因は不明ですが、
ストレスとも、過労とも言われており、
血液検査で、赤血球・白血球共に減少の傾向が見られます。

ウィルス起因の病気ではなく、
いわゆる一時的な免疫不全の状態なので、
ステロイド剤を投与して、免疫機能に喝を入れ、
体をリセットするのが本治療です。

熱が下がれば退院できますが、やはり強力な薬なので、
当然副作用があります。
肝臓に負担が来るので、お酒も飲んじゃいけません。

ステロイド剤の副作用の主なものも、

・極度の倦怠感。
・極端な肌荒れ。
・お腹にお肉が着きやすく、丸顔になる(ムーンフェイス)
・メンタル的に落ちる(うつ状態)等々

突然服薬を止めると反動も出るので、
約一ヶ月かけて徐々に薬を減らし、
最後の診察で血液検査をします。

病院の先生曰く、

「免疫不全と炎症を抑えるだけではなく、
 無理矢理に体を元気な方向に持って行く薬でもあるので、
 持ち上げた後のガックリ感は出ます。
 新陳代謝も急激に変わるので、肌がボロボロになったりもしますが、
 これも時間と共に収まりますよ。」

「先生、私の頭のボケ具合は・・・」

「直りません。」

「治る」じゃないところがミソ。(意味不明)

「つける薬がありません。」

「センセ〜っ!」

と言うやり取りがされていたかはさて置き。(←置くな)

「お腹にお肉が着きやすく、顔も丸くなると聞いたのですが・・・」

「薬の副作用も、出るのは数日です。
 今のお腹のお肉は、副作用とは関係ありません。
 頑張って下さい♪(にっこり)

ぬおぉ、食生活が原因ですか・・・

「血液検査の結果、赤血球、白血球、肝臓、全て正常値です。
 一応これで、リンパ節炎の治療は終了です。」

まずは一安心、完治のお墨付き。
約一ヶ月、待ったよ・・・
これでやっと、酒が飲める・・・(結局そこかい)

酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ〜♪
「バラクーダ」かっ!

しかしこれがですね、病気の延長上と言うか、薬の後遺症と言うか、
電気シェーバー用の髭剃りローションを顔に塗ったところ、
アルコール分で肌がビリビリしまして。

当初「何じゃこれは」と思っていたのですが、ローションだけでなく、
自宅で快気祝いに、約一ヶ月ぶりにカミさんとお酒を飲んでみると、
これがまた、非常に美味しくない!
飲んでいて、ここまで飲むのが辛かったのは初めてですよ。

私の場合、一時的に体が全てのアルコールを拒みました。

あれから5ヶ月。
ようやく最近になって、普通にお酒を飲めるようになりましたが、
めっきりお酒に弱くなりました。
・・・あ、これは加齢のせい?(自爆)


もし、菊池病にかかってしまった方。

人それぞれだとは思いますが、
完治しても、しばらくはお酒を慎んだほうが無難です。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事