あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

虫の報せ

今日のラッキーアイテム、

「くじ引きのコンビニ商品」

って、何よ・・・(苦笑)


ようやく暑さがやって来た感じのする北海道。
妙に暑苦しくて睡眠不足のちょちょ山です。
明日からも会社に行きたくない今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
「サザエさん」症候群、絶賛発動中です。(威張れることか)


我が家では、とうとう先日、扇風機が冬眠から目覚めました。
それでも一ヶ月くらいしか使わないんだろーなー・・・
北海道の夏って、そんなモンです。

さて、夏の際物、「稲川淳二」。
怪談です。

前回の記事に書いた、黒い影に思い当たる人のお話。

------------------

話が過去に戻りますが。

実は今年の始め、職場の人が脳内出血で倒れまして。

元々一度、脳梗塞に罹患している人ではあったのですが、
言語、記憶に影響はなかったものの、僅かに利き手に障害を宿し、
文字の「書き」に不自由していた部分はありました。

それ以外は全く普通で、治験にも参加し、その後の症状は良かったものの、
今回は図らずも治験の薬が災いし、脳内出血が止まらなかったそうで、
何とか処置できたものの、現在も意識が戻らない状態です。

倒れた当日から、顧客や担当の変更に社内で大わらわ。


その翌日の週末、やっと一段落し、

「さぁて、この先、どうするべ・・・」

と思っていた時のこと。

自宅で、寝る前に顔を洗おうと脱衣場にいたとき、
誰だか私の耳元で、一方的に話しかけるような声が聞こえたんですよね。

「・・・?」

娘はもう寝ているし、カミさんは茶の間で別のことをしているし。

空耳かと思い、顔を洗おうとしたとき、脱衣場の戸が

「コン、コン」

力なく、しかしハッキリとノックする音が聞こえました。

カミさんが、何か聞きたいことがあってノックしたのかと思い、
脱衣場の吊り戸を開けると誰もおらず、廊下は真っ暗なまま。

「・・・あぁ、そうか。」

恐らく、その職場の倒れた人の、最後の挨拶だったのでしょう。

事実、半年以上経った今も意識が戻らず、
本人の雇用継続の意思が確認できなかったので、
6月末で退職扱いになってしまいました。

勿論、その手続き一切は私が・・・

恐らく、「虫の報せ」だったのでしょう。

「もう戻ってこられないよ」

と。

突然の、しかし寂しすぎる「サヨナラ」。

皆は、彼の意識が戻る可能性に賭けてはいましたが、
私はこのノックで、残念ながら、彼は「戻ってこられない」ものと
半ば諦めの心境ではありました。

・・・現実のものとなってしまいましたが…

------------------

「虫の報せ」。

「意識」「自我」のあるものの、最後の「挨拶」。

私は、全てを信じるつもりはありませんが、
かと言って、一笑に付すことは出来ないものと思います。


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事