あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

写真

[ リスト | 詳細 ]

現在、メインの趣味です♪これからも感性と腕を磨き続けます。
記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

楽をするな、学べ!

一雨振れば、先日の熱気は一体どこへやら。
寒さに震えておるちょちょ山でございます。
皆様いかがおすごしでしょうか、風邪など召されていませんか?
寒いのは、私のギャグだけにしておいてください。(自爆)

以前、「楽」と「学」について書きましたが、
今回は、カメラネタも交えてお送り致します。

・・・さて。

最近のデジタルカメラは、フルサイズミラーレス一眼の三国志状態。

ソニーのα、キヤノンのEOS R、ニコンのZ。

前々から、ミラーレスのノウハウを蓄積してきたソニーに、
キヤノンは昨年、EOSシリーズに新型「R」を開発、
ニコンも同じく「Z」を開発して、
「フルサイズ」のミラーレス一眼が勢ぞろいしました。

しかし、そこはそれ、やはり「フルサイズ」ですから、
「プロ」が使うことを前提で、フラッグシップモデル(最上位機種)から
惜しみなく最新技術をてんこ盛りで開発するために、
いかんせん値段が高くて、私のようなアマチュアはとても手が出ません。

しかし、大いに魅力もあります。
ミラーレスなので、本体も軽くなり、
ファインダーも電子ビューファインダー(EVF)へ。

「今シャッターを切ったら、こんな写真が写るよ」

と、撮る前からもう、ファインダー内で完成写真が見えているんですね。
撮った直後に、逐一本体モニタで仕上がりを確認する必要が無いんです。
これはもう、ミラーレス化の恩恵です。

そんな中、キヤノンは更に「EOS RP」なるものを出しました。

「フルサイズを、もっと身近に」とのコンセプトでしょうか。
本体価格もエントリーモデル並みに安く、
その一方で、撮りたい「シーンモード」を搭載。

・・・え?
ここで私は、一つ疑問を持つワケです。

「こんな写真が撮りたい」
「でも難しい設定は解らない」
「そこでカメラにお任せ」

納得いかぁん!

撮りたいシーンを、確実に撮るためには、
撮影の基本とカメラの設定を熟知していることが前提でしょうが。

フルサイズのカメラと言えば、カメラマンにとっては
一つの目標であり、憧れなんですよ。

高性能なカメラを持つ前に、カメラの基本を勉強して、沢山撮って、
沢山失敗して、少しずつ自分の撮りたい写真を撮れるように学んでいくのに、
それがいきなり「高性能、高画質」「お手軽に」

それって違うべや〜!

確かに、折角開発したテクノロジーを大いに普及させるには
もってこいのマーケティング戦略ですが、
どうも私には、

「原付の免許を取ったばかりの若者に、
 フルオートマチックのハーレーを与える」

ような違和感を禁じ得ないのです。

カタログのキャッチコピーのように、
カメラや写真の何たるかをそこそこ知っている人が、

「初めてのフルサイズ」

に手を出すのなら、こう言ったカメラの位置づけとしては大いに結構ですが、
「ど」のつく初心者にも手が出せるような機能を付けるのは
いかがなものでしょうか?

観光の記念写真を撮るためだけに、
フルサイズの一眼を首からストラップでぶら下げている、
ブルジョワのアジア人じゃないんですから。(←何か恨みでもあるんか)

EOS Kiss M(ミラーレスAPS-C機)も出てるんだから、
そっちのエントリーモデルから勉強せいっ!

ちょっと、キヤノンのマーケティングの方向性に憤りを感じる今日この頃です。


一方で、ニコン

「Z」の開発により、フルサイズミラーレス一眼を市場に投入しましたが、
いかんせん、まだラインナップが少ないですね。

故に、高価。(苦笑)

こう言った、ミラーレスのラインナップの少なさでは、
エントリーモデルがまだ発表されていない分、
ニコンは他社に大きく水をあけられています。

本当に頼むよ、ニコン。
Zのテクノロジーを、早くAPS-C機にも導入してくれよぉ。
タムロンのレンズ着けたいから、Dマウントで良いからさ。
プロレタリアの私には、手が出ないんだよぉ。(泣)
(あぁ、ニコンユーザーの嘆き)

近々、本当にニコンのAPS-Cミラーレスが発表されるなら、
消費税が上がっても、発売まで待ちますよ、私。


今の私には、フルサイズはまだまだ高嶺の花。
APS-Cで充分。
プロじゃないのでね。

汎用のSDカードが使えるとか、焦点距離がフルサイズの1.5倍稼げるとか、
画像素子が小さい分、メリットもデメリットも承知の上で、
一応、自分の技量はわきまえているつもりです。
イメージ 1


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

初夏ですな。
吹く風が熱風になって来ました。

皆様、お元気でしょうか。
覚めない夢でも見ているような、なかなかに疲れが取れない
ちょちょ山でございます。

「・・・これは・・・夢ね・・・」
「・・・あぁ、悪い夢だ。」

最近眠りが浅くて、意識があると思ったら、
気が付けば30分、一時間過ぎているという、
一種の睡眠障害ですかね?

いくらでも寝ていたい。

ま、近況はここまでとして。


最近専ら、Yahooブログよりの移転先を模索しております。
とりあえず、今までの全部の記事のロックを外し、
自前で移行ツールを持っている「FC2」に、
このブログサイトのクローンを作りました。

これを足掛かりに。
他のブログサービスにも移植をかけ(更新も大変ですが)、
「はてな」を含めた一番使いやすいブログに落ち着こうと思います。
あちこちのブログに、ここのクローンが現れます。

「融合後の君は事あるごとに私の変種をネットに流すだろう」

人形使いかっ!

元々が「写真ブログ」のつもりでおりますので、
何かと写真は載せようと思いますが、
仕事の関係で更新がままならず、
しばらく放置プレイになるのはご勘弁を〜・・・

今日の一枚。
イメージ 1

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

ライオンは寝ている

元号が変わって、ゴールデンウィークも終わり。

桜の季節が終わったころに、
自宅マンションの斜向かいのお宅の八重桜が満開になります。

「八重さん」と勝手に呼んでいたりしますが。

これがまた見事で。
毎年、この「八重さん」の前で、娘の成長記録として
写真撮ってます。
イメージ 1

さて、そんな初夏の出来事。

・・・初夏・・・

・・・いつの間に初夏になったの・・・?

うそおぉぉ!?
ついこないだ(以下省略)

いやああぁぁぁ!
こうして老けていくんだわ、私!

と吼えたところで、無情にも時は過ぎ行くワケで。
抗えない時間に吼える前に、充実した時間を過ごしましょう。

と自分に言いつかせつつ、今回のお題。(前置き長いよ)

妻 「例の件だけど。」
私 「うみゅ。」
妻 「今日行くって、まだ(娘に)話してないんだよね。」
私 「この天気だし、大丈夫そうだね。」
妻 「大丈夫。(ぐっ)」
私 「と、したら・・・だな。」
妻 「だな。」

互いにコクリと頷き、カミさんは娘に向かって、

妻 「お父さんがお話あるって〜♪」
私 「え、ウソ、俺が!?」

いつの間にか、また私が話すことになっていました。(笑)
まぁ、それは良いんですけれど。

そこで私は、娘の傍に屈みこみ、

私 「娘よ、まぁ、聞いて下さいよ。」
妻 「何をそんなにかしこまってるの。(笑)」

で、私は娘に、

私 「今日、お母さんの耳鼻科の病院のあと、
   ちょっと早めのお昼を外で食べて、
   動物園に行こう。」

娘、大喜び♪
いつもはダラダラしてしまう、お出かけ前の準備もパッパと仕上げ、
行って来ました、円山動物園。

ゴールデンウィークよりも空いているだろうと思いきや、
結構な数の家族連れ。
皆、考えていることは同じだったのかも知れません。

西側入口より入園するも、娘は真っ先に遊具に目が行き、

「遊びたい、遊びたい!」

と連呼しておりましたが、

「後で遊ぼうよ、今日は動物見に来たんだよ!」

と無為な攻防を繰り広げ、あちこち見て回りました。(苦笑)

それでも娘は、色々と目に入る情報に惹きつけられ、
様々な動物を、まじまじと見入っておりました。

トラを見たときは、さすがに迫力があったらしく、

「こわい」

とカミさんにしがみついておりましたが。
イメージ 2

こりゃ怖いわ。

他にも、寝姿が可愛らしいレッサーパンダ。
イメージ 3

寝起きのキョトン。
イメージ 4

寝起きに足を滑らせ、木から落ちそうになってましたが(本当)、
その後の、哀愁を帯びた後ろ姿。(笑)
イメージ 5

他にもたくさんの動物を見てきましたが、
キリがないので、今回は割愛します。

さすがに娘も体力的に辛かったらしく、
私が肩車したり、カミさんが抱っこしたり。
一日で全部は回り切れず、年間パスポートがあるのも分かります。

で、疲れて歩きたがらなかった娘が、遊具に辿り着くと変わったように
元気に遊び始めました。

・・・をゐこら娘よ、疲れたんじゃなかったの?(笑)

そこでカミさんが、

「私が(娘を)見てるから、撮って来たいところあったら行って来て良いよ。」

と言ってくれたので、新設されたゾウ館に走って、撮って、すぐ帰って来ました。(笑)
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

外から入る光も、ジャングルを想像させる影を演出しているのでしょうか。
ちょっと不思議に見えました。

撮りまくって来ました、円山動物園。
延べ、444枚。
アホです。
(当然、ミスショット含みます。)

その中で、お気に入りの一枚。

「ライオンは寝ている」
イメージ 9

この曲を思い出した人は、通です。(笑)

その後、娘と同じく遊具で遊び倒し、家族全員グロッキーで
私の体も筋肉痛。(本当)

また機会あらば行って来ますよ♪
まだ娘には少々早いですが、子供の自由研究にはもってこいです♪

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

平成最後の平日

さようなら、平成最後の平日。
でも明日も、仕事に出ると思う、私。(笑)
10連休前に、請求書だけは送っておかなきゃ・・・

イメージ 1

調子に乗って、また作ってしまいました・・・

-----------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

冬将軍襲来

今月上旬、温暖前線が通過して雪が溶け、道はジャクジャクのシャーベット。
降る雪もみぞれ状態で風もあり、非常に嫌な冬の日でしたが。

ぶ〜り〜ざ〜〜ど、ぶ〜りざ〜〜ど。
松任谷由実:ブリザード

そんな生易しいもんじゃないです。

ホワイトアウト(視界不良)での交通事故、
車のマフラーが積雪で塞がり一酸化炭素中毒死、
通行止めや立ち往生で、車を降りて行き倒れで凍死、etc・・・

北海道の吹雪は、本当に死人が出ます。


その後、寒冷前線が通過。
一気に顔が痛くなるくらいの冷え込みとなり、
気温もマイナス二桁、足元の雪もきしみ、
白く吐く息もゴジラ並み。(笑)


個人的には、吹雪いて寒いのは嫌いですけれど、
しばれるのは良いんですよ♪
実家が網走ですから、流氷が来たら、そんな寒さは日常茶飯。
幼いころから経験済みです。
イメージ 1

10年前ですが、東京MONOGRAMの写真展にて、
看板作品にも起用されました。(本当)
イメージ 2

風が無く、それこそ顔が痛くなるくらい、
鼻の穴がカピカピするくらいのしばれ具合は、札幌では久方ぶり。
最近、疲れから感覚がボヤけておりましたが、
久々にキンとする寒さに、神経が引き締まりました。

夜空を見上げると、煌々と明るい月に、瞬かずに輝く星。

「あぁ、こりゃあ、しばれるわ。」
(放射冷却現象)


やっぱり私は、道産子なんだなぁ・・・


ういんたぁへすてばる、札幌雪まつりも間近です。
アジア人観光客ばかりの大通界隈には、
極力行かないように気を付けます。(苦笑)

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事