あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

稲川話

[ リスト | 詳細 ]

ま、所謂「怪談」。コワい話の苦手な方は、他の記事をご覧下さい。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

虫の報せ

今日のラッキーアイテム、

「くじ引きのコンビニ商品」

って、何よ・・・(苦笑)


ようやく暑さがやって来た感じのする北海道。
妙に暑苦しくて睡眠不足のちょちょ山です。
明日からも会社に行きたくない今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
「サザエさん」症候群、絶賛発動中です。(威張れることか)


我が家では、とうとう先日、扇風機が冬眠から目覚めました。
それでも一ヶ月くらいしか使わないんだろーなー・・・
北海道の夏って、そんなモンです。

さて、夏の際物、「稲川淳二」。
怪談です。

前回の記事に書いた、黒い影に思い当たる人のお話。

------------------

話が過去に戻りますが。

実は今年の始め、職場の人が脳内出血で倒れまして。

元々一度、脳梗塞に罹患している人ではあったのですが、
言語、記憶に影響はなかったものの、僅かに利き手に障害を宿し、
文字の「書き」に不自由していた部分はありました。

それ以外は全く普通で、治験にも参加し、その後の症状は良かったものの、
今回は図らずも治験の薬が災いし、脳内出血が止まらなかったそうで、
何とか処置できたものの、現在も意識が戻らない状態です。

倒れた当日から、顧客や担当の変更に社内で大わらわ。


その翌日の週末、やっと一段落し、

「さぁて、この先、どうするべ・・・」

と思っていた時のこと。

自宅で、寝る前に顔を洗おうと脱衣場にいたとき、
誰だか私の耳元で、一方的に話しかけるような声が聞こえたんですよね。

「・・・?」

娘はもう寝ているし、カミさんは茶の間で別のことをしているし。

空耳かと思い、顔を洗おうとしたとき、脱衣場の戸が

「コン、コン」

力なく、しかしハッキリとノックする音が聞こえました。

カミさんが、何か聞きたいことがあってノックしたのかと思い、
脱衣場の吊り戸を開けると誰もおらず、廊下は真っ暗なまま。

「・・・あぁ、そうか。」

恐らく、その職場の倒れた人の、最後の挨拶だったのでしょう。

事実、半年以上経った今も意識が戻らず、
本人の雇用継続の意思が確認できなかったので、
6月末で退職扱いになってしまいました。

勿論、その手続き一切は私が・・・

恐らく、「虫の報せ」だったのでしょう。

「もう戻ってこられないよ」

と。

突然の、しかし寂しすぎる「サヨナラ」。

皆は、彼の意識が戻る可能性に賭けてはいましたが、
私はこのノックで、残念ながら、彼は「戻ってこられない」ものと
半ば諦めの心境ではありました。

・・・現実のものとなってしまいましたが…

------------------

「虫の報せ」。

「意識」「自我」のあるものの、最後の「挨拶」。

私は、全てを信じるつもりはありませんが、
かと言って、一笑に付すことは出来ないものと思います。


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2

黒い影

昼間は暑くても、夜風が冷たい北海道。
やっと来た夏にも関わらず、まだ扇風機も押し入れで眠ったまま、
窓を開けて寝るほどの熱帯夜もまだありません。

皆様、お元気でしょうか。
腹巻をしなくても、肉襦袢で寝冷えしない、ちょちょ山でございます。
威張れることではありません。
すごく情けない・・・(苦笑)

今年の夏は、暑いのか寒いのか良く判りませんが、
まだ風の匂いは秋になっていませんね。

もう秋になっては困ります。

うそおおぉ!?
ついこないだ(以下省略)

はい、枕詞はともかく。(←だから違うって)

夏と言えば、石狩の「ライジングサン・ロックフェスティバル」。
「ロックフェスタ」と言えば「稲川淳二」。

そう、久々の怪談です。
夏の際物、「冷やし中華始めました」みたいなモンで。
(稲川氏もそう仰ってたし)
イメージ 1


何の脈絡もないネタの振り方はいつものこととして、
話は、春先まで遡ります。


カミさんが仕事で出かけ、休日だった私が、
娘と二人でお留守番をしていたとき。

娘は和室の奥の壁にもたれながら、
和室入口の襖の所に座る私と話をしていると、
急に娘の表情が「ひた」と真顔になり、
私の背後に視線を巡らせながら、沈黙。

私 「・・・何?どしたの?」

娘 「いま、うしろに『くろいかげ』があるいていった。」

・・・なぬ?
私の背後?

私 「・・・お父さんの後ろ?」

娘 (無言でこくりと頷く)

私 「・・・誰?」

娘 (ふるふると首を振る)

私 「男の人?女の人?」

娘 「おとこのひと。」

・・・
・・

『のあ゛ああぁぁ〜!』

娘と抱き合って驚き、娘は大粒の涙を流して大泣き。

私 「大丈夫だから。この家は何もないからね。」
(過去に何かありそうなお化け屋敷に4年半住んだ経験を持つ男)


娘が落ち着いてから、ちょいちょいとお話して聞き出してみると、

・私より身長の低い男の人
・顔は見えなかった
・全体的に黒い影のような姿
・足はあったが、足音はしなかった

それこそ、「ス〜ッ」と通り過ぎたんだそうで。
私のすぐ後ろを。

・・・おぞぞぞぞ!(怖)

とは言え。

先の娘の話していた「黒い影」の特徴から、
私より身長が低く、男の人・・・

・・・思い当たるんですよね・・・

それはまた、次のネタとして♬



娘には「見えて」しまったワケですが、
私は特段、何の気配も感じなかったので、
通りすがりのポキ星人のように、
人畜無害の何か(浮遊霊)でしょう。
(・・・と、信じたい)

しかし、娘も「影」を「見る」とは、血筋ですな。
母も姉も、「見る」タイプの人間なもので。(本当)
詳しくは、過去の記事を参照してください。


一方私は、「見る」ことはほとんど無いのですが、
怪しい気配を「感じた」ことは幾度かあります。
強烈な気配が迫ると、本当に怖いんですよ。
動けなくなるんですから。

「何?壁になるヤツがいる。」
「邪気が来たか。」

判る人だけ笑って下さい。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 2

日を跨いでしまって恐縮なのですが、
以前読んだネットの記事で、気になるものがありました。


単に「怖い」ではなく、「幽霊」でも会いたい。
東日本大震災で、大事な肉親を亡くされた方々の、
本当の声、本当の話です。

・・・この手の話は、胸に来るものがありますね。

あれから8年。

花は咲く(オリジナルフルバージョン)

被災地の皆様は、今も大変な思いをされていると思います。
復興を願って已みません。
去年にも大地震があった、北海道も他人事ではありません。
地震大国日本、万一の備えを!


いつか私は、仙台の青葉通り、欅並木に会いに行く。


------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

置き土産

NHKと戦えるほどに全くTVを観ない我が家では、
始まったことすらも知らないまま、オリンピックも終わっていました。

年が明けたと思ったら、高い空に吹く風ももう冷たく、
近所の草むらに鈴虫が鳴き始め、秋刀魚が美味しいこの季節。
秋の夜長に、稲川淳二。

と言うワケで、しばらく振りに怪談です。
前振り長いよ!

さて。
かなり前の話ですが。

私の父方の実家には、大戦中に沖縄で戦死した伯父がおりました。
戦後ウン十年の節目の戦没者慰霊祭が沖縄であり、
その式典に、父方の親族が皆で行ったときの話。

慰霊祭・式典も終わり、大戦当時の悲劇の地である防空壕に参加者で慰霊に行きまして、
そのとき、親族の中ではちょっと霊感の強い叔母が一人、グループから外れてフラフラと、
まるで何かに招かれるかのように、その防空壕跡の洞窟に入って行ってしまいました。
気付いた回りの人が慌てて追いかけ、その洞窟から引っ張り出したそうですが。

その叔母曰く、

「強い力でどんどん引っ張られて、自分ではどうすることも出来なかったの。
 洞窟の中に入ったら、無数の手が、私を掴んでくるのよ。
 そこで私、言ったの。
  『私にはあなた達を助けられる力がないの。お願いだから、離して』って。
 そうしたら、一斉にその手がすうっと消えて、皆に洞窟から連れ出されてね。」

・・・と言った話を、その叔母が沖縄から帰って間もなく、
体験談として、私の実家に来たときに話して行きまして。

さて、本題はここから。

その叔母が帰ってから、私の母が、まるで手足に鉛が着いたかのように
体中が異様に重たくなって動けなくなり、
家事も出来ずにソファで横になって休んでいたところ、

「ただいま〜」

当時学生だった私の姉が、学校から帰宅。
母はソファに横たわったまま、

「おかえり〜。
  さっきまで、叔母さんが来てたんだ。
  沖縄行ってたんだって。」

「あ、そーなんだ。」

そして姉は、自分の部屋に向かい、その途端、
母の体の異様な重さが、すぅっと抜けるように軽くなり、

「さっきまでの体の重さは何だったんだろ?」

と不思議に思いながら、さて晩御飯の支度に取り掛かろうと思った矢先、

「きゃあっ!」

奥の部屋から、姉が飛び出して来まして。

「今、背中突っつかれた!」

母が姉の背中を見ても、特段何も異常はなく、
姉は渋々自分の部屋に戻ったところ・・・

姉がピアノの練習を始めて間もなく。

「きゃああっ!」

再び絶叫が。

「今、誰かに肩掴まれた!」

肩こり持ちの姉ですから、肩がケイレンでもしたんじゃないかと
母がまた姉の肩を見ても、特段何も異常はなく、
不穏な空気を感じながら、姉はまた自分の部屋に戻ったところ・・・

「きゃあああっ!」

三度目の絶叫が。

「今、後ろに誰かがいた!」

姉曰く、開けたピアノの鍵盤の蓋に自分の姿が映りこみ、
その自分の姿の後ろに、誰か別の人影が見えたと言うのです。

この日のこの時間、家には母と姉の二人きり。
狭い家なので、隠れる所も無く、他に誰かがいるとは思えません。

そこで思い当たったのが、先の叔母の話。
母はまだ、姉に叔母の件の詳細を話していなかったので、
かくかくしかじか、一通り話してみたところ・・・

二人揃って、『それだ!』

三人の共通項は、霊感が強いこと。
叔母が戦場跡で「何か」に憑かれてしまい、
叔母が我が家に来たときに母に乗り移り、
更に帰宅した姉に乗り移ったのでしょう。
そう考えると、合点がいきます。


さて、困りました。
姉に憑いてるこの「何か」を祓うには、どうしたものか。

そこで思い出したのが、知り合いの整体師さん。
家族で時々お世話になっている人なのですが、
「『邪気』を祓う」ことも出来るとも聞いていました。

で、母と姉が、その整体師さんの所に行ってみたところ、

「ありゃ、乗ってるねぇ。」

と、一発で見抜かれたそうです。
判る人には判るんですね。

その整体師さんは、姉の背中に手を置き、「はっ!」と「気」を送り込むと、
姉は背中から「何か」が、すぅっと抜けて行くのを感じたそうです。

それ以来、自宅で変なことは起きなくなりましたが、
全くもって、叔母も困った「置き土産」をしてくれたものです。

霊感が強すぎるのも、考え物ですよね。


-----------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1
先に書いておきます。
今回は怖くありません。


カミさんが、娘に歌ってあげていた
「おもちゃのチャチャチャ」の歌詞の中で、

みんなすやすや眠る頃
おもちゃは箱を飛び出して

の所で、私が

「・・・それって、ポルターガイスト現象だよな・・・」

とつぶやいた所、カミさんに

「子供の夢を壊すんじゃないっ!」

と怒られてしまいました。(笑)


言葉が言葉なので、一応「稲川話」カテゴリに入れておきます♪

-----------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事