あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

稲川話

[ リスト | 詳細 ]

ま、所謂「怪談」。コワい話の苦手な方は、他の記事をご覧下さい。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

エレベーター

夏だ!
マッパだ!
稲川淳二だ!
・・・よし、語呂が合ったぞ。(意味不明)


さて、やってまいりました、この季節。
季節の際物、何か一つはネタを書かなきゃ気がすまぬ、と言うワケで。
小学校の頃に読んだ本からのお話を一つ。
・・・古いなぁ、何十年前の話だ。(自爆)


----------

とあるデパートでのお話。

デパートの営業終了後、警備のために、社員が交代で
6階の宿直室で夜を明かすのだが、このデパートでは、
その宿直の際に地下の食料品売り場から、
夜食として食料品を「失敬」できるという特権があった。

この日の当番は、若手の社員Aと、先輩の社員B。

夜も更けてきた頃、そろそろ夜食を取ろうかという話になったが、
社員Bがなかなかどうして、夜食調達に行こうとせず、

B 「俺、いいわ。部屋で待ってる。」
A 「え、でも、何か食べたいものとか無いんですか?」
B 「任せるわ、適当に見繕って。」

Aは一人宿直室を出て、非常口の明かりしか点いていない暗い売り場の中を
懐中電灯で照らしながら、エレベーターへ。

懐中電灯に照らし出された紳士服売り場のマネキンを人影と見間違え、
一瞬ドキッとするも、そのまま歩みを進めるA。

もちろん、売り場のフロア一面には自分しかおらず、
静まりきったフロアに、自分の靴音だけが鳴り響く。

普段、数え切れないほどの人が行き来するデパートの売り場が、
昼間の賑わいが嘘のようにシンと静まり返り、少し薄ら寂しい雰囲気のなか、
ちょっとした怖さを感じ始めた頃に、エレベーター前に到着。

エレベーターのボタンを押すと、休止状態だったエレベーターに電気が点き、
一呼吸置いて中が明るくなり、ドアが開いた。

目的地は、地下2階の食料品売り場。

ゴゥンと扉が閉まり、エレベーターは地下へ降り始めた。

途中、ガリガリゴリと、何か引っかくような変な音が聞こえたが、
その音が何なのかを確認する間も無く、地下2階に到着。

Aは、その辺に積んであった買い物籠を手に、
懐中電灯で照らしながら食料品売り場の散策を始めた。
小さめの弁当、カップのサラダ、から揚げのパック、サラミチーズ、
そして、お酒も少々。
二人分の食料を適当に籠に入れ、さて宿直室に戻ろうと
エレベーターに向かったところ、先ほどのエレベーターが無い。

「B先輩があとから来るのにエレベーターを呼んだのか?」

しかし、エレベーターは動いている気配が無いため、Aはボタンを押すと、
エレベーターの電光表示は、4階から動き出した。

「先輩は宿直室だし、誰がエレベーターを動かしたんだろ・・・」

一抹の不安を残しつつ、降りてきたエレベーターに乗るA。

宿直室のある6階を押したが、妙な不安感を覚え、扉が閉まるまでが
異様に長く感じられた。

エレベーターは動きだし、Aは移り変わる階数の電工表示を眺めていた。

地上1階・・・2階・・・3階・・・4階・・・
ここでエレベーターは止まってしまった。
ランプは4階と5階の間を点滅したまま。

「何だこれは?」とAが思っていると、いきなりエレベーターの扉が開いた。
目の前には、4階と5階の間のコンクリートの壁。
その壁には、何やら妙な黒ずんだシミが一面に広がっていた。

Aがそれを見た矢先、低く呻くような声が聞こえ始めた。

「・・・お・・・ぉ・・・おお・・・お゛・・・あ゛ぁ・・・」

不気味なものを感じたAは、必死に「閉まる」ボタンを連打すると、
扉は無事に閉まり、目的の階へ動き出した。

エレベーターが宿直室のある6階に着き、
エレベーターを降りたAは、冷や汗でびっしょりだった。

暗闇の売り場の中を、懐中電灯も点けずにひた走り、
宿直室に飛び込むA。

「どうした!?」

Aは、今あった出来事をBに話すと、

「そうか、やっぱりお前も見たか・・・
 だから行きたくなかったんだよな、俺・・・」

Bの話を聞くと、このデパートの建設中、作業中にエレベーターが動き出し、
作業員一人が挟まれて死亡する事故が起きていた。
それが4階と5階の間だったらしく、壁のシミは挟まれた作業員の血の跡で、
何度消そうとしても浮き上がってくるらしい。
社内でも、半ば公然の秘密となっていたようだ。

エレベーターが動き出した時の何か挟まったようなような音は当時の再現で、
聞こえてきた呻き声は、死んだ作業員の断末魔だったのだろう。


-----------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

覗きこむ女

秋の夜長に、稲川淳二。
と言うわけで、久々の怪談です。

-----------------

とある営業マンのお話。

男は出張で、短期間のウィークリーマンションに入る事になり、
当面のちょっとした荷物を運び入れた当日。
「さて明日から仕事」と、そろそろ寝ようとしていた夜中の12時。

玄関のドアの向こうから聞こえる、ゆっくりと廊下を歩くハイヒールの音。

「隣人か?」

しかしその足音は、ドアの前でピタッと止まってしまった。

「・・・?」

気になり、ドアののぞき穴から覗いてみると、
廊下の奥を向いたまま、少しうつむき加減に立っている
長い黒髪に白いワンピースの女が一人。

「・・・」

30秒程見続けるも、女は微動だにせず立ち続けたまま。

何故ドアの前で立っているのか判らず、

「ここの前の住人か?」

と思い、後ろを振り向いて部屋を見渡し、自分の荷物以外に特段何もないことを確認して
もう一度のぞき穴から外を覗いてみると、
見えたのは、のぞき穴から逆にこちらを覗きこんでいる女の顔。

「ひっ!?」

驚いてドアから飛び退くと同時に、ガリガリとドアを引っ掻きはじめる音。

その音に混じり、力無い女の声が。

「・・・開けてぇ・・・開けてよぉ・・・」

男は鍵のかかったドアに更にチェーンをかけ、部屋の中央まで走り逃げると、
何故か全ての電気が一斉に消え、部屋は闇に包まれた。

電気はすぐに点いたが、振り返って玄関に目をやると、
いつの間にか玄関の中には先程の黒髪の女が。

「!」

女はゆっくりと歩みを進め、近づいてくる。

しかしその女は、数歩進んだ所で止まってしまった。

男は余りの恐怖に女を凝視したままだったが、
歩みを止めた女と対峙したまま、何分とも何時間ともつかぬ時間が流れた。

再び部屋中の電気が消え、また点いた時には、
女の姿は消えてしまっていた。

男は緊張の糸が緩み、その場にへたり込むと意識を失ってしまい、
気が付くと夜が明けていた。

男はロクに寝られぬまま仕事に赴き、何とか帰っては来たものの、
昨晩の事もあり、やはりどうも部屋の居心地が悪く、落ち着かない。

そして再び夜中の12時。

ゆっくりとした足取りのハイヒールの音が聞こえ始めた。

そしてその足音がまた、ドアの前でピタリと止んだ。

「・・・またか・・・?」

流石に今回はドアの覗き穴から廊下を覗く気にはなれず、
部屋の奥にあるベッドに腰掛けたまま、固唾を呑んで玄関の様子をうかがう男の頬を、冷や汗が伝う。

「・・・?」

昨晩とは違う展開に戸惑いながら、ゆっくりと周りを見回してみると、特に何も変化は無い。
恐る恐る玄関の方を見てみるも、女の姿は見当たらない。

「今日は何もないよな・・・?」

ホッとして気が緩んだ途端、また昨晩のように部屋の電気が消えてしまった。

「!」

電気はすぐに点いたが、不穏な空気に不安を覚え、部屋の中を見渡した瞬間。

男は見てしまった。
壁にかかった鏡越しに、自分の後ろに立つ、昨晩の女の姿を。

「うわあっ!」

その場を飛び退いて振り向くも、そこにはもう女の姿は無く、ただ白い壁があるだけ。


男はその晩、電気とテレビをつけたまま、壁を背にして夜を明かした。


「このままじゃ身が持たない」

そう思った男は、翌日、職場の上司に電話をかけた。

「借りてるウィークリーマンションなんですが・・・」
「・・・A町のか?」
「そうです。」
「もしかして、白いワンピースの女か?」
「知ってるんですか!?」
「知ってるも何も、俺も何回も見たよ。 
 寝てるときに金縛りにあって、上から覗き込まれたんだよ。
 うわぁ〜、よりによってそこか・・・」
「知ってるなら、何で話してくれなかったんですか!?」
「話したさ。前に出張から帰って、総務課に。
 『あそこは『出る』から、出張での賃貸手配は止めてくれ』って。
 まさかまたそこに手配になってるとは、俺も知らなかったからなぁ。」
「何とかならないんですか?」
「ならんなぁ、今から手配の変更は。あと数日なんだろ?」
「そうですけど・・・」
「何とか頑張れないか?」
「イヤです。身が持ちません。」
「後は俺の時みたいに、別のホテルに泊まるしかないが・・・自腹だけどな。」
「自腹でいいです。」

男は、ウィークリーマンションから少し離れたホテルに泊まるべく、
身の回りの物だけを鞄に詰め、いざ部屋を出ようとしたその時。

玄関先に掛けられていた小さな額絵が、少し傾いていることに気が付いた。

傾きを直そうと、その額に手をかけた瞬間、額は手から滑り落ち、
その額の裏側には、魔除けの御札が何枚も貼られていた。

「うわ、何だこれは・・・」

そこで男は、ふと思い出した。
女が玄関から入ってこようとしたときに、ここで立ち止まったことを。

「・・・もしや。」

男はふと思い立ち、部屋に戻ってあちこち調べてみた。

壁にかかっている鏡の裏。
ベッドのマットレスの下。
小タンスや机の引き出しの裏。
冷蔵庫の奥。

一見すると判らない、裏と言う裏の全てに、魔除けの御札が貼られていた。

「何だよこの部屋!」

男は逃げるように部屋を出て、残りの数日をホテルで過ごした。

出張が終わって、ウィークリーマンションの部屋を引き上げに男が戻って来ると。
床、机の上、テレビの上、ベッドの上、荷物の上、果てはカバンの中。
女のものと思しき長い髪が、いたるところに散乱していた。

男は荷物をまとめ、再び逃げるように部屋を出ようとしたそのとき。
微かに、かすれたような女の声が聞こえた。

「また私を置いていくの・・・?」


-----------------

以上、オールフィクションでお送り致しました♪



-----------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

The CAR

唐突ですが。

三ツ矢サイダーと
四谷怪談って
何だか似ていませんか?

・・・似てねーよ。

と言うわけで、怪談です。



網走〜小清水の間に、約5kmの直線道路があります。
ここは一般的に「じゃがいも街道」と呼ばれているのですが、
とあるスジでは、ここは「幽霊の乗った片目の車が出る」との噂がありました。


ある日、母と姉が小清水方面からじゃがいも街道を通って
網走へ帰ろうとしていたときのこと。

街道に入った頃には、もう陽もほとんど暮れかけて、
ライトを点けないと見えない暗さにまでなって来ていました。

母と姉の乗った車の前も後ろも対向車線も他の車は全く無く、
真っ直ぐな街道をひたすら北へ走っていまして。

少々心細くなってきた二人の視線の先に見えたのは、
どうやら対向車線の車のライトっぽい、一つの光。

二人は「片目の車」の話を知っていたので、光が二つではなく、一つだけと言うのは
むしろ不安を煽る所がありました。

母 「例の車だったりして・・・」

姉 「・・・」

二人が不安に思い始めた時、その一つの光はフッと消えてしまいました。
街道は上下に起伏のある道だったので、下がった所で脇道へ行ったのか、
はたまた止まってしまったのか。

母 「・・・バイクだったのかな。」

姉 「光は一つだったよね・・・」

しばしの沈黙の後、対向車線に再びライトの明かりが。
今度は車らしく、ちゃんと二つ点いていました。

母 「あぁ、いたいた。」

姉 「バイクじゃなくて、やっぱり普通の車だったんだ。」

母 「よし、どんな車か見てやる♪」

対向車のライトもどんどん近づき、そしてすれ違いざまに、
運転席の母は、相手の車を見ました。

母 「見た見た。
   黒いセダンの車で、男の人が運転してた。
   バックミラーでナンバー見てやろうと思ったら、モヤか煙か、良く見えなかった。」

姉 「え・・・?」

姉が怖がらないようにと、母は更に話を続けます。

母 「目元が見えなかったけど、少し笑ってるようだったよ。
   『暗い所を走っている仲間がいたんだ』とか、思ってたのかね。」

姉 「・・・何で見えるの・・・?」

母 「え〜?何も、普通に見えたよ。私、目が良いから。
   青い縦縞のシャツ着ててさ。」

姉 「・・・だからさ、こんな真っ暗なところで、何で相手の『車の中』まで見えるの!?」

母 「・・・」

二人 「え゛〜!?」


考えてみてください。
車を運転する人なら解ると思いますが。

夜は車のライトで眩惑されて、対向車の運転席の中までは、見ようと思っても見えません。
もし見えるとしたら、懐中電灯で自分の顔を照らしながら走っている場合しかありませんが、
そんな危険でアホなことをしながら走っている人はいません。

更に言うなら。

仮に時速60kmで走っていたとして、相手も同じ速度なら、
相対速度は120kmになります。
暗闇の中、時速120kmで、相手の表情とシャツの色・柄まで見えるでしょうか?
どう考えたっておかしいです。


しかも気になるのは、運転手の目元が見えなかったことと、
車の後姿が、モヤがかかってよく見えなかったこと。

先の記事にも書きましたが、目が隠れていたりするのは、この世の人じゃあありません。

また、いくら田舎道とは言え、街道はしっかり舗装された道なので、モヤや土埃は立ちません。
相手の車が整備不良で、煙が大量に出ていた可能性もゼロではありませんが・・・

私が良く耳にするのは、「あちらの世界(あの世)」の車は、
大抵モヤがかかったように見え辛くなって去って行く、と言うこと。

結局、母が見た車と運転手の正体は判らずじまいでしたが、
もしかしたら本当に、「見える」人にだけ見えた「あの世の人と車」だったのかも知れません。


車を運転していた男の不敵な笑みは、

「俺が人間じゃないと、よく判ったな。」

という意味だったのかも・・・

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

肩越しに見える影

夏だ!
カブトムシだ!
稲川淳二だ!

・・・うん、語呂が合わないな。(爆)

と言うわけで、怪談です。



今回も特段怖い話ではないのですが。

以前、私の母がヘンに霊感が強く、こういった話に事欠かないと言うことは書きました。
そんな母のエピソードからひとつ。



実家では、とあるスーパーの宅配サービスを利用しておりまして。
定期的に、配達のお兄さんが商品を届けに来てくれるのですが。

配「毎度様です〜。」

母が玄関を開け、荷物を入れてもらっている時のこと。

母は、その配達のお兄さんの肩越しに、女性の影が見えたんだそうで。

母「あら、あなた。」
配「はい?」
母「長身でちょっと綺麗な、長い黒髪の女の人を知ってない?」

配達のお兄さんはサッと顔色が変わり、
母はそのまま話を続けます。

母「・・・その女の人と今、お付き合いしているでしょ。」
配「・・・・・・はい。」
母「その女の人、どうも普通の感じがしないんだけど・・・何だか訳有りの身の上じゃない?」
配「・・・その通りです。」

聞けば何でもその女性、バツ一の子持ちなんだそうで。

母「バツ一子持ちが悪いワケじゃないけれど、どうも今のままじゃあ、あなたに良くないわよ。」
配「・・・そうなんですか?・・・」

その配達のお兄さんは、その女性のところに結構頻繁に訪れているとの話でしたが、
何故それが良くないかと言えば。

母「今のままだと近い将来、絶対モメてドロドロの修羅場になるわよ。」

母はその時、確信してそう告げると、お兄さんは不安そうに考え込みながら帰りました。


数日経ったある日、玄関の呼び鈴を鳴らす音が。
ピーンポーン。
室内からモニターで見てみると、先日の配達のお兄さん。
その日は配達日ではなかったのですが。

配「・・・こんにちは。」
母「あら、今日はどうしたの。」
配「・・・実は相談したいことがありまして。」

配達のお兄さんの話を聞いてみると、先に話したバツ一子持ちの女性は、
離婚はしているものの、離婚したはずの男性とまだ関係が中途半端に続いているんだそうで。

母「やっぱりねぇ。
  その女の人と一緒になるんだったら、その中途半端な関係をキッパリ止めさせるか、
  あなたがお付き合いを止めるかしないと、絶対泥沼になるわよ。
  でも、今の話を聞くなら、私は絶対後者を薦めるわ。
  別れた男と半端に関係が続いているのは、女に未練があるからで、
  そこにあなたが割って入るべきじゃない。
  そう簡単に女の未練が断ち切れることは無いから、
  今のままなら絶対、あなたの為にならないわよ。」

そこまでの話を聞いて、そのお兄さんは半ば諦めの表情で帰って行ったそうですが。


その後も、そのお兄さんが配達に来る度に、
母にはまだそのお兄さんの肩越しに女性の影が見え隠れするので、

母「・・・まだ会ってるんでしょ。」
配「・・・はい・・・」


そのお兄さんがその後、バツ一子持ちの女性との交際を諦めたかは定かではありませんが、
そう言った「人の気」と言うものが見えてしまう体質の母は、
たまにこんな人生相談まで受けてしまっています。


私もこの歳になってくると大体、初対面でも相手がどういう人かは雰囲気で判りますが、
相手の肩越しに、さらに向こうの人の容姿や抱えている問題まで言い当てることなんて出来ません。

母曰く、

「人生相談なんてものは心霊でも何でもなく、大体が誘導尋問。
 だけど、たまに『見えてしまう』ことがあるのよ。」

とのこと。


宜保愛子とは行かないまでも。

稀にこう言った能力を持ち合わせている人はいるのかも知れません。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1
夏だ!
スイカだ!
稲川淳二だ!

と言うわけで、久々に戻ってまいりました。
怪談です。


とは言え、今回は余り怖くはありませんが・・・
実際に私が体験した話です。


以前、別の仕事をしていたときの話。


職場の上司である事務所の所長が、どうもカゼをこじらせたのか、
頻繁に咳をしていまして。
その咳も、どうも体の奥からこみ上げるような、変な咳でした。

ある日、職場の先輩のTさんと私が、仕事も上がって帰ろうとしていたとき、
所長は辛そうに、変わらず変な咳をしていました。

Tさんは、

「所長、その咳、病院に行ったほうが良いですよ。」

と声をかけ、帰って行きました。

私も後に続くように事務所を出ようとしたのですが、
ふと咳き込んでいる所長の姿を見たときに、何とも言えない寂しさと胸騒ぎを覚え、
気のせいか、所長の影・・・と言うより「存在」が、まるで透けるように薄く見えた気がしたのです。

所長は体格も良く、存在感も人一倍あったのですが、私が見たそのときだけは何故か、
座っていた席の後ろの壁にそのまま吸い込まれて行きそうな感じが・・・

私も心配になって、

「所長、病院に行ったほうが良いですよ。」

と声をかけようかと思いましたが、Tさんがもう既に言っていることを
私がわざわざなぞり直しするのもどうかと思い、特に何も言わずに職場を後にしたのですが・・・


私の寂しさと胸騒ぎは、現実のものになってしまいました。


忘れもしません。
存在が薄く見えた、その数日後の9月30日。
所長は職場で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまいました。
原因は、くも膜下出血。
おそらく変な咳による急激な血圧上昇で、脳内出血が起きたのでしょう。

検察官が事務所にやって来て、事件性が無いかどうか、
所長が倒れていた場所の現場写真を撮って行ったのを、今でも憶えています。

その場所も、私が「存在が薄く見えた」と言う壁の前でした。


私がどうにか出来ることではありませんでしたが、
あの時、私も一声かけておけば・・・と、
今でもその「一言」をかけなかったことが悔やまれます。


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事