あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

稲川話

[ リスト | 詳細 ]

ま、所謂「怪談」。コワい話の苦手な方は、他の記事をご覧下さい。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

事務所を俳諧する気配

さて、8月に入りました。
夏が始まったばかりと思ったら、いつの間にやらもうお盆も間近。
風の匂いも、空の青も、秋の気配が見え隠れして来ました。
何だか、本当の「夏」を感じたのって、数日しかなかったような・・・


まぁ、夏と言えば。

夏だ!
TUBEだ!
稲川淳二だ!

と言う訳で、怪談です。(笑)

・・・何だか毎年言ってますね、このフレーズ。(爆)

去年の今頃の記事と見比べて、どれだけ文章を使い回ししているか、
探してみて下さい。(をゐコラ)

-------------

ま、今回は、余り怖くはありません。
私は怖かったですが。
何せ、「実体験」なモノで。



以前私、とある事務所で働いておりまして。
とあるビルの2Fが、その事務所だったのですが。

当時から、一人で残業とかが結構多いお仕事でして。
その日も一人残って、お仕事しておりました所・・・


「メキッ!」


ま、古いビルですから、これくらいの異音はよくある事でして、
「いつもの事だろう」と、最初はさして気にもしていなかったのですが。


「バキッ!」


を!?
いつもと違う、ちょっと大きな怪音が。
きしみ以上に、何かがへし折れるような音。

何かいつもとは違う、いや〜な空気を感じて、
お仕事を中断し、パソコンの電源を消して、
そそくさと帰り支度を始めた所・・・


「ガタン!」


明らかに、事務所内のどこかで音がしました。
事務所内はワンフロアで、見渡しても誰もおらず、
モノが動いた気配もありません。

パーティーションで仕切られた所長室はスグ隣にありますが、
電気も消え、扉も開けっ放しで、もう誰もいません。

第一所長室は、音がした方向とは全く正反対です。


ざわっと、全身に鳥肌が立ちました。

「うわ、ヤバイヤバイ!」

普段から変なモノを全く感じない私、
いつも深夜まで残業していたので、特段何も怖い事は無かったのですが、
この日ばっかりは何故か、本能が「警告」しました。


「何かいつもと空気が違う」
「何かが動き回ってる『気配』がする」


内心焦りつつも、あちこちの戸締りを確認して、
最後に電気を消す時の怖い事と言ったら!(苦笑)

真っ暗になってから、扉を開けると・・・てな展開も非常に怖いので、
先に事務所外の階段室の電気を全部点けてから最後の扉の鍵をかけ、
逃げるように事務所を後にしました。

事務所で本能が「警告」したのは、後にも先にもこれ一度きり。

・・・これが理由で、転職した訳ではございません。(笑)


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

近寄る気配

今回の記事は、あくまで私自身の備忘でしかありませんが・・・


先週の土曜日の事。

この日は当番で、月末〆請求書の残り作業もあって、
夕方近くまで仕事してました。

いつもの事ですが、伝票のチェックやら何やらで、
〆日直前はかなり遅くまで残業してまして。

この疲れが結構出ましてね。



夕食後、座椅子に沈んでウトウトしていた所。

背後に突然「気配」が現れ、数歩程近付いて来ました。
カミさんの気配ではありません。
この時カミさんは風呂に入ってまして、この部屋には
私一人だったのです。

「?」

起き上がって確認するのもおっくうなくらい疲れていた私。
そのまま身動きせずに放っていると、「気配」は左に移動し、
スッと消えてしまいました。

「・・・疲れてるんだな、俺・・・」

邪悪な気配ではなかったので、特に気にする事も無く、
再び私は夢の中へ。



その後、風呂から上がったカミさんが、私を起こしに現れた気配で
飛び起きましたが。

夢現の時は、結構敏感に人の気配が判るんです、私。

なので、先の気配も、あながち「気のせい」とは出来ない感じがしまして。

もう連絡が取れない、親しかった昔の友人であるとか。
家族や親戚筋であるとか。

何かと「虫の報せ」を感じ取る事が出来てしまう血筋なもので、
「本当に誰かに何かあった報せかも」と思ってしまう訳ですよ。


もし本当に、「誰か」の「報せ」であったなら、また追って記事にします。

杞憂であれば良いですが・・・


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

ヒトガタの想い

仕事の帰りがけに、ちょいと職場近くのショッピングモールに寄りまして。
その中に骨董品屋があるんですが。

以前に幾度か覗いてみた事があるお店で、
たまに古いフィルムカメラとかが並んでいたりするんです。
ふと足を止めて、ちょいと入ってみました。


今回も、オリンパスPENとか、蛇腹のカメラとかが数台あって、
「おおっ、こ、これは・・・」と触ってみたりもしていました。
程度の良い物もあって、これは結構掘り出し物です。
・・・買いませんけどね。(笑)


流石に骨董品屋だけあって、カメラだけでなく、色々な物が
所狭しと並べられています。
本当にレトロな看板、黒電話、ゼンマイ時計、食器、カバン、
おもちゃ、ギター、古着、インテリア、etc・・・

独特の雰囲気なので、何だか撮り歩きたい衝動にかられてしまいますが。
写真やってる者の「性(サガ)」ですね〜。(笑)


ただですね。
その独特の雰囲気と言う中にも、何と言うかこう「色々な感情」と言うか、
「マーブル調の空気」の中にいるような、ちょっと不思議な感覚に襲われました。
普段は、こんな感覚は余り無いんですが・・・

お店の中心部から奥の方が、何故かその「雰囲気」がより強く感じられました。

いつもは余り店の奥の方には行かないのですが、今回は珍しく、
一番奥まで行ってみました。
まるで「何か」に「呼ばれて」いるような気がして。

並べられている物で出来た細い通路を数歩踏み込むと・・・

「・・・!」

そこに「彼女」はいました。

膝までの紺のドレスに身を包んだ、大人びている整った顔立ちにストレートの髪の
12〜3歳くらいの背丈の「人形」。

小さい子が御飯事の相手にしているような「お人形さん」ではなく、
明らかに「人を模した」モノ、「ヒトガタ」なんです。


「彼女」はうつむき加減で立ち、私と視線は交えませんでしたが、
その瞳にはまるで何かの「意思」が宿っているような・・・
そんな光を湛えていました。

「・・・うわ、『御魂』が入ってる・・・」

「彼女」を中心にして半径2m位に「黒い空気」が漂い、
そこだけが異質な空間と化してました。
周りに置いてある物と違い、圧倒的な存在感。


元の持ち主が、なぜ「彼女」を手放したか。
その理由は分かりませんが。

「御魂」が入ってしまうほど大事にされていたハズなのに、
それが今、ここにこうして「一人」でいる理由・・・
そんな「彼女」の「淋しさ」が語りかけて来るようです。

「ナゼワタシ、ココニイルノ?」

私を呼んでいたのは、「彼女」だったんですね。

ぞわっとする本能的な恐怖を感じ、「彼女」と眼を合わせないように
気をつけながら、妙に気になる「気配」を背にしつつ、お店を後に。
その後しばらく鳥肌が立ったままでした。


物には、持っていた人の「想い」が宿るのでしょう。
骨董品屋は、時として「異世界」への入口です。


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
\?\᡼\? 1

白装束

さて、8月に入りました。
ここ札幌は、今朝の気温は21℃。
めっきり過ごし易くなって来ました。
何だか、本当の「夏」を感じたのって、数日しかなかったような・・・


まぁ、夏と言えば。
夏だ、TUBEだ、稲川淳二だ!

と言う訳で、怪談です。(笑)

・・・何だか毎回言ってますね、このフレーズ。(爆)


-------------

これは北海道の北見市近郊で、実際にあった出来事。

辺りには民家の明かりも殆ど無く、街灯も無い北見の街外れ。

そこでは、良く「出る」と有名な場所で、市内の大学生が何人かつるんで、
肝試しに出かけたそうで。
車に4人乗り、その目的の場所に到着。


「本当に幽霊なんて出るんか?」
しばらくその場でクラクションを鳴らしたり、ロケット花火を鳴らしたりして大騒ぎ。


その翌日、その学生達の通っている大学に警察が現れ、その学生らは呼び出されて
こっぴどく怒られました。
余りにも騒々しかったので近所の住民が通報し、車のナンバーから個人を特定されたとか。


で、その話を警察の人が話している時、一つだけ変な言葉が。

「苦情によると、白装束の人を何人も車の上に乗せて、大騒ぎして云々」

騒々しいだけでなく、不謹慎だと言う内容でした。


・・・車には、自分達だけで一杯なのに、白装束を何人も・・・?
しかも車の上に?


「ちょ、ちょっと待って下さい。車の上に白装束?」

・・・学生達は、一斉に血の気が引いたそうで・・・


どうやら幽霊は、本当に現れていたようです。

下手な肝試しをやって、自分達は全く気付かず、第三者から見て初めて判ると言う例ですね。



-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
イメージ 1

向かい来る足音

夏だ、TUBEだ、稲川淳二だ!

と言う訳で、怪談です。(笑)


普段私が余り経験し得ない不思議な現象。

見ないけれども、気配を感じる。
物音、又は声が聞こえる。

これらの現象で、昔に経験した話を、一つ。



今から17年前。

学校卒業と同時に、とある会社に就職しまして。
当時はまだパソコンの走り。
Windowsもまだ3.1で、MS-DOSが全盛。
その辺りをいじれる人が少なく、当時は私も結構重宝がられた存在で、
メンテナンスやアフターフォロー、技術職メインで仕事してました。
社内システムの開発にもちょっとだけ参加し、ショールームで皆で遅くまで残って
色々と作業をしていた時の事。

コツ、コツ、コツ、コツ。

ショームームは1階の奥にあるのですが、その1階の入り口からこちらに向かって
歩いてくる足音が一つ。
その足音はショールームの入り口前でピタッと止まり・・・
それっきり。

「・・・?」

会社は3階までありまして、最初は上の階の人が「もう帰るから」と
知らせに降りて来たのかと思ったのですが、そのままこちらに来るでもなく、
かと言って、去って行くでもなく。

ピッタリ足音が途絶えたまま、足元の主の姿はどこにも見当たりません。

その場にいた人達全員が互いに目を合わせ、

「・・・今、誰か来ましたよね?」
「確かに足音聞こえましたよね?」

そう言い合っている所に、先輩がポツリと。

「たまにあるよ、こう言う事。」
「だから俺、ここで泊りの仕事したくないんだよね・・・」

・・・その先輩は、過去に何度か経験しているようで。


また別の日にも。

当時、社内の営業全員にノートPCが用意され、ノベルのNetWareでLANを組み、
配線は10BASE-2のバス型ネットワーク。
その配線をすべく休日出勤し、また皆で作業をしていた時の事。

コツ、コツ、コツ、コツ。

また足音が聞こえ、ふと顔を上げると、その足音の方向には誰もいません。
ぐるりと見渡すと、今日出勤している決まった顔ぶれだけ。

「・・・聞こえました?」
「・・・うん・・・」

その時は3階で作業をしていまして、自分達以外に誰か出社したのなら、
玄関口の戸の音なり、階段を登る足音なりがするはずなのですが・・・
いきなり、こちらに向かって歩いてくる足音が数歩分。

社内で2〜3度、そんな「突然現れる足音」を聞いてます。


私はその後、別の拠点へ転勤になり、会社も数年後に自社ビルを建て、
殆どの人がそちらに移ってしまい、噂も聞かなくなりましたが。


じゃあ元いた場所は、何か曰く付きでも?


場所をお教えしてしまいましょう。

札幌は東区、テイセンホール近くの卸売団地の一角。
「テイセン」は、「帝国繊維」の略。
聞いた話ですが、あの辺り一帯は昔、紡績工場があったそうで、
あぁ、野麦峠」のような事も沢山あったとか。


その後私も転職してしまい、事の真意を確かめる気もありませんが、
建物自体ではなく、地域一体に何かあったのかも・・・

この記事を書いた後日談ですが。
あの辺り一帯、再開発で住宅街にする構想が持ち上がっているそうで。

・・・おいおい、大丈夫か!?(笑)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事