あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

稲川話

[ リスト | 詳細 ]

ま、所謂「怪談」。コワい話の苦手な方は、他の記事をご覧下さい。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]

先の記事の続きです。

引越しが完了し、母親の言うとおりに「家」に挨拶をして入った所、
茶の間の蛍光灯全てが点滅し、「家」からの歓迎を受けた私。


入居初日から不思議な現象にちょっとビックリしましたが、
荷解きも少しずつ進み、何とか生活の形が出来つつある頃。

この家では、私は二階の奥の和室を寝室にしていました。

まぁ、家の造りが結構古いので、どこに寝ていても家の中の物音は
殆ど全部丸聞こえで、何が起きたかも判るんですが。

「あ、ボイラー消し忘れた」とか、
「立てといたモップが倒れた」とか、
「積んどいた本が崩れた」とか。
(崩れるほど本を積むんじゃないっ!>私)

物音の原因を確認しても、大方が予想通りなので慣れてしまって、
何か聞こえても「あぁ、あの音か、明日直しておこう」程度に
捉えられるようになりました。



そんなある日。
夏真っ盛りの丑三つ時。

いつも通り、二階寝室で寝かかっていた時の事。

階下で普段とは違う、聞き慣れない音が聞こえるんです。
音はどうやら、二階寝室の真下の仏間。

「・・・?」

一気に目が覚め、キーンと聴こえる程に聴覚が敏感になり、
感覚が研ぎ澄まされて、緊張で体に力が入ります。

耳を澄ますと、どうも人らしい気配。
何かわずかに物を動かして、時々歩くような足音。

「・・・泥棒か!?」

私はそう信じて疑いませんでした。

「だとしたら・・・」

私は右手に木刀、左手にエアガンを持って、気配を殺して足音を立てず、
ゆっくりと階段を下りて行きます。

「・・・!」

一呼吸置いて、階段を下りてすぐの洋室の扉をバッ!と開け、
暗闇にエアガンの銃口を向けたまま、蛍光灯のスイッチを点けました。

「・・・」

この洋室と仏間は、間に戸があるものの、普段開けっ放しなので直結なのです。
洋室側から真っ暗な仏間に入って行きますが、何も気配は無く・・・

仏間の電気を点けても、寝る前と何ら変わりは無し。

念の為に家中の電気を点けて、トイレや風呂場まで見てみましたが、
結局どこも異常なし。

その後布団に潜っても、空が薄明るくなるまで寝付けませんでした。



そんな「音」と「気配」が2〜3回続き、ある時、母親に話してみました。

「最近、どーも何か気配がするんだけど・・・」
「そろそろお盆だし、前に住んでたお爺さんが気になって見に来てるんじゃない?」
「・・・そうなのかなぁ・・・」

言われてみれば、泥棒にしちゃ「元気の無い動き方」って物音でしたし、
本当にお盆が過ぎると、その気配もピタッとしなくなりました。

やはり前に住んでいたお爺さんが、かつての住居を見に来てたんでしょうね。



でも、それとはまた別の物音(声?)を聞いてしまったりと、
たま〜に不思議な現象はありました。
・・・人外の「何か」と同居していたのか、私はっ!?(笑)

次回は、これのお話を・・・
過去、仕事の関係やその他で色々と引越しの経験も多く、
アパートの上の階にチンピラが住み着いてのいざこざがあってから、
以来、一軒家にこだわっての借家暮らしを続けております。


今回は、前に住んでいた家についてのお話。


実家近くに、古いながらも家賃が安く大きな庭のある2階建て一軒家を見つけまして、
不動産屋さんと交渉、中を見せてもらいました。
家具も残ったままで、何年か放置されている状態でしたが、不動産屋さんの話だと
元々住んでいた老夫婦のお爺さんが亡くなり、お婆さんは娘さんと同居すべく沖縄へ。
入居の際には、家具は全部撤去・清掃しますとの事。

実家の親や、仕事が休みだった姉も来て、あちこち家の中を見せてもらい、
「明日中に連絡します。」と、我々は一時帰宅。


その後実家に集まり、まず私は開口一番、

「あの家の雰囲気、大丈夫?」(笑)

いきなり何だいと思うでしょうが、妙な所で霊感の強い家族がいると、
どうしても聞いてしまうんですね。(笑)

「家の中も明るいし、変な感覚は無かったよね。」
「亡くなったお爺さんだって、あの家じゃなくて病院で亡くなったんでしょ?」
「大丈夫なんじゃない?」

親と姉の「霊感」を頼りに入居を決め(笑)、契約して引越し準備を始めました。


同じ市内だったので、平日仕事が終わってから、荷物を自分の車で運び入れる事数日。
夜も日が沈んでからその家に運び入れる事も多く、その度に電気を点けて
家中のあちこちに荷物を運んでおりました。


そして連休、親の手も借りて最後の荷物を運び入れた日。
一通り引越しも終わって、実家で晩御飯を食べ終わった後、母親から二言。

「今日から完全に、あの家なんでしょ?」
「そだよ」
「家に入る時に『宜しくお願いします』って言ってから入りなさいよ」

最初、何の事かと思いましたが、あの霊感母の言う事ですから・・・
従っておいて悪い事はないなと。


で、自宅に到着。
玄関に入り、家に上がる前に、

「宜しくお願いします〜、お世話になります」

と、私は真っ暗な玄関で深々と頭を下げ、そのまま茶の間へ。


茶の間の壁にある蛍光灯のスイッチを入れると、不思議な事に、
五つある蛍光管の全てがパッパッと点滅するんです。

よく蛍光管が古くなって点滅する事がありますが、そんなんじゃありません。
グロー球が痛んでいたら、そもそも点きさえしないはず。
輪型の蛍光灯五本全てが勢い良く、ランダムに点いたり消えたりしてるんです。

今まで何度も、夜に荷物の運び入れに来て電気を点けていましたが、
こんな現象は初めてです。
いつまでも点滅してるので、一度蛍光灯の紐を引いて点け直すと、
全て綺麗に点きました。


早速母親に電話。

「あのさぁ、さっき挨拶してから家ん中入れって言ったよね」
「うん」
「蛍光灯全部が点滅して、止まらなかったんだけど」
「あ〜・・・それ、歓迎してくれたんだわ。安心して寝なさい」

・・・こー言う会話が、平気で成立するんですよ。
変わった家族と言うか、何と言うか・・・(笑)


・・・待てよ、歓迎って・・・
この家に「誰か」いるって事!?
ちょ、ちょっと待ってよ、かーちゃん!(笑)


この後、私がまた引っ越すまで、この家で幾度か不思議な事が起きるのですが、
それはまた次回♪

お楽しみは、あ・と・で♪(桑田さん、大丈夫かなぁ・・・)
Yahoo!ブログのトップページに「お題」が出ている間、参戦し続けます。(笑)
ネタはあるんだ〜・・・(爆)


変な感覚を覚えて、本能に従い、戦略的撤退をした経験はありませんか?


道東はオホーツク圏、サロマ湖の近くに、某有名大学がこの界隈で発掘した物が展示されている
資料館があります。
姉と母が、ドライブ途中にその建物に寄った時。

イメージ 1


外見は、コンクリ打ちっぱなしの苔むした、妙な雰囲気。
建物の前で車を停め、


姉「・・・やっぱり戻らない?」
母「・・・そだね。」


建物の前の狭い場所で、顔では平静を装いながらも必死で車のハンドルを切り返して、
逃げるようにその場を後にしたそうですが・・・


変な所で精神感応する「霊感親子」のこの二人。(笑)
妙な雰囲気、と言うよりも「気配」を感じたのだそうで。
・・・2階の窓から、誰かこっちを見ているような・・・


後日私が行ってみた時、成る程、これは変な気配を感じるのも納得でした。
人骨こそ無かったものの、出土した色んな物が陳列されていて、館内は無人。
受付にも誰もおらず、出入りは自由、入館者名簿に名前だけ書けば良いと言う、
生活感とは全く無縁の場所でした。


「出土品だもの、人の想いがあるんだろうな〜・・・こりゃ、あの二人も嫌がるわ」


展示物を見ながら館内を一巡りして、別段何もおかしい所はありませんでしたが、
一箇所だけ・・・


一階の受付奥にあるトイレにて。
車に戻る前に用を足して行こうと戸を開けて、硬直してしまいました。


「・・・!」


中は電灯もついて明るく、時間も真っ昼間。
別に誰か、「何か」がいた訳でもなく・・・
しかしそれ以上、中には入れませんでした。


「・・・棲んでる。絶対何かいる・・・」


普段、そんな霊感とかとは無関係のこの私がですよ。
用を足すどころか、何も出来なかったんです。
トイレの入り口で、ただ立ち尽くしてる私。


「・・・二人が感じた気配はこれか・・・」
全身ざわざわと、鳥肌が立っていきます。


決め手は、トイレの中の手洗い場の鏡でした。
絶対に、自分の後ろに誰かが立ってるのを見てしまいそうで・・・
結局、踏み込む事すら出来なくて、退散しました。


特に変なものを見たとか、何か憑いてきたとか、そんなのではありませんが、
この時ばかりは本能が警告しました。

「そうしろと囁くのよ、私のゴーストが。」

Yahoo!ブログのトップページに「お題」が出ていたので、参戦。(笑)

これは実際に私が経験した事です。


夏休み、久々に母を長距離のドライブに連れて行った時の事。


網走から斜里方面へ向かい、そこから根北峠を経て、標茶方面へ向かう道路。
根北峠の手前には、大戦期に作られた物資搬送用の陸橋が、今も現存しています。
この陸橋は完成間際に終戦を迎え、結局一度も使われる事がありませんでした。


この陸橋、実は噂で「建造中にタコ労働者を人柱にした」とも言われており、
辺りに民家が少ない場所と言う事もあって、じっくり観察する人も余りいません。


その陸橋は峠に向かう国道のすぐ傍にあり、空き地に車を停めて、私は一息、母は一服。
陸橋は幾年月の天候に晒され、上の方からボロボロとコンクリートが崩れ落ちていました。
危険なので一定の距離から入らないように看板が立てられ、ワイヤーも張られています。
デジカメを持っていた私は、ワイヤーの中には入らないもののギリギリまで近付いて、
その陸橋を見上げるように構え・・・


すると、少し離れた所にいた母が、
「撮っちゃダメ!やめな!」


母の絶叫より早く、私は何回かシャッターを切ってしまいました。


「どうして撮ったの!?」


霊感の強い母曰く、陸橋の上の崩れている所から、何物かが凄い表情で、私のいる場所を
見下ろしているのが「見えた」そうです。


後でその撮った写真を確認してみようとすると・・・
カードエラーの連発。
先に撮っていた写真も含め、全てデータ化けして見られなくなってしまいました。
ごく最近買った、一番新しいメディアだったのにも関わらずです。


幸い、予備のメディアを持っていたので、それから後の撮影は問題ありませんでしたが・・・


帰宅してからパソコンでリカバリを試みてみましたが、単に「消えた」と言うレベルではなく、
復元すらままならない程に、殆どの画像が壊れていました。
ただ一枚だけ残っていた画像がありましたが、それも不思議な画像でした。


変な物が写っていた訳じゃないのですが、まるでスライディングパズルのように
モザイク状にズレていたのです。

イメージ 1




パソコンやデジタルカメラの写真を知っている人は判ると思いますが、JPEGの画像は
データが壊れてしまうと、エラーの起きた所から下が色化けしたり、灰色に潰れてしまいます。
そうならずに「ズレ」てしまうと言う現象は、普通ではありえません。


そのメディア自体も何度もフォーマットをしてみたんですが、とうとう使えなくなってしまいました。
メディアの初期不良と言われればそれまでですが、色々な意味で余りにもタイミングが良すぎます。


やはりあの場所では「撮ってはいけない」と言う警告だったのでしょうか・・・?

「乗られた」話

前回の稲川話にて書きました「タコ労働者」に付随した、曰く話からの実体験をば。


北海道の上川〜網走間では、明治時代に囚人やタコ労働者によって建設された軍用道路、
所謂「囚人道路」があります。
この囚人道路、今でも国道や道道として現存していますが、その建設の経緯や詳細は、
ネットで調べてみて下さい。


この囚人道路だった現国道・道道の一部、北見〜網走間の道路で、国道を通るより近い
緋牛内〜卯原内区間の道道があります。
この緋牛内側の道道入り口の少々手前から入る農道がありまして、信号で止められる事も無く
ショートカットが出来る事もあり、我等地元の人間は、この農道を良く通ります。


この農道、やはり通行量が多いからかキチンと舗装もなされていますが、
実はこの農道の出口(道道との交差点)の傍には、先程の囚人道路時代の名残、
「鎖塚」があります。


強制労働で殉職した囚人の人骨が出土した場所であり、人骨と共に、逃走を防ぐ為に
足にはめられた鎖が出土した事から「鎖塚」と名付けられました。
あの故・宜保愛子さんも、霊視でやって来た所です。


まぁ、余りにも有名な所なので、例え霊能者じゃなくても、誰しもが悲しい歴史を
語らざるを得ない場所ではありますが・・・
それはさておき。




ある日、北見で買い物をし、日もとっぷり暮れてから網走への帰路に着いた時の事。
大体、夜8時過ぎ位でしたでしょうか。


「どうするかな、ちょいと近道するかな。」


陽が高いうちなら兎も角、「鎖塚」の前を通る事になるので、いくら走り慣れてるとは言えど
夜はやはり躊躇します。
前や後ろに別の車がいるなら、躊躇わずに走るんですけどね。(笑)


生憎、この時は前後に車は無く、私一人。


「ええぃ、通っちまえ。」


どうせ道の途中で対向車にも出会うだろうと思い、農道に入りました。


余談ですが、この農道の緋牛内側の端、北見側から見れば農道入り口になりますが、
この入り口すぐの所には、いかがわしいホテル(と言うよりモーテル?)があります。
・・・使った事が無いので、良くは知りませんが。(笑)
それはさておき。


そのホテル入り口前を通り過ぎ、辺りは漆黒の闇。
この農道は舗装こそされているものの、当然周りは畑だけ。
民家は遠く、街灯も無い為、見える光は自分の車のライトのみ。


カーステレオを大きめにかけ、真っ暗な農道を一直線に走っていると、
突然チカチカと、車内に閃光が走りました。


「!?」


実はこの閃光、電波を感知してLEDがチカチカ光る、携帯電話に付けていた
アクセサリーの光でした。
真っ暗な車内では、事の他明るく見えたのです。


「あ〜、びっくりしたぁ。
 ・・・でも、着信音は鳴らなかったしなぁ・・・
 カーステレオもかけてたから、着信音が聞こえなかったかな?」


携帯を確認すべく、ハザードランプを点けて車を停め、


「これでワン切りだったら、腹立つな。」


そう思いつつ携帯を手に取り、ボタンを押すと、


ピピピッ!「履歴/メッセージはありません。」


・・・あれ?
念の為、もう一度・・・


ピピピッ!「履歴/メッセージはありません。」


・・・何で?


着信の電波も無いのに、何故アクセサリーが光ったのでしょう?


妙な空気を感じつつも、深く勘繰ったら余計に泥沼になる感じがして、


「・・・うん、見なかった事にしよう♪」


こう言う時は、変に感覚を研ぎ澄まさずにいる方が吉。
所謂「知らぬが仏」ってヤツです。
携帯を助手席に置き、私は再び車を走らせます。


気にはしないで置こうと思いつつも、カーステレオの音を半分上の空で聞きながら、
頭じゃ色んな事を考えてました。


「着信無いのに、何故光る?」
「もしかして、車に『何か』が『乗った』んじゃないか?」
「もうすぐ鎖塚・・・これでまた光ったら洒落にならんぞ・・・」


何故かこの時、鎖塚前でもう一度光りそうな、変に確信めいた予感がありました。


それから大体、2〜3分。
緩い下りのカーブの先、鎖塚が見えて来ました。


「・・・」


その鎖塚の前を通り過ぎる直前、再び車内に閃光が!


「うわ、やっぱり光ったぁ!」


鎖塚を通り過ぎてすぐ先、道道に繋がるT字路交差点での一時停止。
そこで携帯を確認するも、


ピピピッ!「履歴/メッセージはありません。」


思わず叫んでしまいました。


「・・・くそ〜、やっぱり乗られてた〜!」


予想通りの展開になった事で、早く帰りたい気持ちと恐怖心が入り混じり、
すぐ近くに死亡事故現場もある事から「事故っちゃかなわん」と焦る心を抑えつつ、
嫌な汗をかきながら安全運転で峠を超え、網走に向かいました。


見慣れた街の明かりが見えて来るまで、怖くてルームミラーを見られなかったですよ。
えぇ、ホントに。
これが変に「霊感」の強い人なら、後部座席に座っている「誰か」を見ちゃうんでしょうね。



今思えば、農道の途中で「誰か」が「乗って」、鎖塚で「降りた」んでしょうか・・・?
ええぃ、人の車をタクシー代わりに使いおってっ!(笑)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事