あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

稲川話

[ リスト | 詳細 ]

ま、所謂「怪談」。コワい話の苦手な方は、他の記事をご覧下さい。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ ]

見えぬ「姿」

かれこれ、今から10年くらい前になるでしょうか。
これは実際に、私が「体感」した話です。


北海道の道東オホーツク圏、遠軽から紋別へ抜ける裏道に、
鴻ノ舞と言う所があります。
ここは昔、ゴールドラッシュ、いわゆる金山で栄えた町で、
昭和中期まで金が採掘されていました。
戦後の金価格の暴落と資源の枯渇で、昭和48年に閉山。
詳しくはネットで「鴻ノ舞」又は「鴻之舞」で調べて下さい。


以来、ここは完全に打ち捨てられた町となり、今は動物以外に住むものはいません。
道のあちこちに「○○町跡」という看板があり、その殆どが草叢と化しています。
時折見られるのは、四半世紀以上経ったコンクリートの基礎、廃墟、学校跡、
そして当時使われていた溶鉱炉の巨大煙突等々。
発電所の廃墟の中や巨大煙突の傍までは、実際に私も見に行った事がありますが、
どうしても行ってみるべきか迷っていた所がありました。


当時から、一番町外れにあったと思われる場所に立てられている看板。


「鴻ノ舞墓地」


あからさまに怪しい場所なので、一人ではどうしても行けませんでしたが、
当時の職場の新人とあちこち挨拶回りしていた時に、怖いもの見たさで
一度だけ行ってみました。
(今考えると無謀ですが)


道路本線から脇に入り、20m程行くと、もう本線は見えない急カーブ。
最近通った車はないであろうと思われる、草の背が高い轍。
30m程の所には比較的綺麗な、祠ともお堂とも判らない小さな物置サイズの
木造の建物。


更に行くと道が別れ、右手の道の先は墓地。
但しそちらには行かず、引かれる様に道を真っすぐ行くと、レンガで出来ている
赤い柱の様な物が見えて来ました。


「こっちにも、昔の建物の名残があるのか・・・」


赤い柱が見えた時点で空気の妙な違和感を感じましたが、その柱から数十m程
離れた場所に車を止め、その柱の全体像が見えた時には、尋常じゃない何かを
感じました。


「・・・何かマズイぞ・・・」


ふと気付くと、その赤い柱の傍には、こう書かれた看板が立てられていました。


「火葬場跡」


赤いレンガは柱ではなく、火葬場の煙突の跡だったのです!


一気に鳥肌が立ち、尋常じゃない寒気に襲われました。


煙突の向こう側から、誰かがこちら側を覗いている様な怪しい気配がし、
いや、気配どころではありません。
姿こそ見えないものの、明らかに「それら」はそこにいました。


直後に、夥しい数の殺気だけが徐々に向かって来るのです。
その「存在」が見えなくても、不思議と私の目が、殺気の「居場所」を追いかけます。


「うわ、来る来る来る来る!」


職場の新人に車を運転させていたので、


「ダメダメダメダメ、Uターン、Uターン!」


急いで車をUターンさせ、その場を離れました。
幸い、「乗られる」事は無かったようですが・・・


本来、こう言う感覚には全く疎い私ですが、この時は本能的な恐怖を覚えました。


正直な話、「墓地で写真でも撮ってみよう」などと考えていたのですが、
カメラを構えるどころか、逃げるだけで精一杯でした。
もし私があそこで写真を撮っていたら、絶対に人外の何かが写っていたでしょう。


考えてみれば、山の中にも関わらず、そこ一帯は鳥の声も聞こえませんでした。





先程ふと気づいたのですが、何故、道の分岐点にお堂があったのでしょう?
墓地の敷地にこそ入っていなので詳細は判らないものの、本来、家がある人なら
お墓が立てられている筈。


あのお堂はもしかして、「無縁仏」の為の「納骨堂」だったのでは!?


鴻ノ舞金山は、戦時中の徴兵で労働力不足となり、朝鮮人や中国人を連れて来て
労働力とした、所謂「タコ労働」の黒い歴史もあります。


私に向かって来た夥しい数の「殺気」が、地元の人ではなく「タコ労働者」の「怨念」なら
辻褄が合いますし。


鴻ノ舞だけでなく、この辺りの土地には、石北方面へ鉄道を通す為の労働力として
「タコ労働者」を使い捨てしたと言う、そんな黒歴史が少なからずありました。


鴻ノ舞から逃げて来たタコ労働者を、湧別川河川敷で捕らえてリンチして殺したとか、
留辺蕊方面では、常紋トンネルで人柱にされたタコ労働者の人骨が出たとか、
その土地毎の逸話は、調べれば沢山出てきます。



先程の火葬場の煙突跡ですが、ネットで調べたら、現地へ行って写真を撮って来た人がいました。
すごい!私はもう、あそこには行けません・・・

過ぎる人影・・・

私は札幌在住ですが、今日は真夏日。
一方、北見では36.5℃ですって。
溶けますね・・・
明け方は16.2℃だったので、半日で20℃以上の温度差。
体が弱い人には、こたえるでしょうな・・・
北見には過去に8年程住んでいた事があるので、
夏の暑さと冬の寒さは、よく解ります。


そんな時には、涼しくなるお話を・・・(こじ付けとも言う)

私は普段、変な霊感は無いんですが、ごく稀に「人外の存在」を見たり聞いたり、
感じたりします。


今回は「見た」話を。


-------------


学生時代、札幌で某オンボロアパートに住んでいた時の事。


本を読んでいた時に何かが視界に入り、ふと顔を上げると、
電源が入っていないパソコンのモニター越しに、
私の後ろを通り過ぎていく人影が見えました。

「・・・あれ?」

一人暮らしで、部屋には無論私一人。

窓の外の人影が・・・?
そんな筈もありません。
夜にカーテンを閉めて、しかも私の部屋は2階です・・・


-------------


私の住んでいたアパートは階段と玄関が共同で、各部屋の戸が明かり取りの
刷りガラスになっていました。

ある日の夕方、そのガラスの前を横切る人影が。
隣人が帰って来たのかと思いましたが、一向に戸を開ける気配がありません。

いや、それ以前に、横切った時に足音が聞こえませんでした。
直立のまま、ス〜ッと・・・

古い上に安普請の為、足音はきしみと共に必ず聞こえる筈。
にも関わらず。
考えてみると、玄関を開ける音も階段を昇る音も聞こえませんでした。


-------------

この2つの徘徊する影の正体は、今も判りません。


確かにオンボロアパートでしたが、特に曰く付き物件と言う訳でもありません。
当時私が住んでいた部屋は、今は空室になっているようですが、
アパート自体は今も現存します。
何せ古いですから、人が入らないのも無理はないでしょうけど。



この影を見た時は「おや?」くらいしか感じませんでした。
本当に「人外の存在」を感じたら、こんな程度じゃ済みません。

今回は大して怖くはありませんでしたが、次回はもうちょっと気合を入れて
書いてみようと思います。(苦笑)

相手は何物?

私の前の職場の同僚(一児の母)は、ちょっと霊感が強いらしく、
時々「見えて」しまうそうで。


ある夜、茶の間から廊下に出た時、玄関の中に立つ男の姿が。


見た事のない男の姿に、その人は迷い無く叫びました。


「ドロボー!」


その瞬間、男の姿はスッと消え・・・
その時初めて、男の姿が「人外の存在」だった事に気付いたそうです。


見える人には、本当に「人」と同じように見えるんですねぇ。

しかし、泥棒呼ばわりされた幽霊と言うのも、何ともはや。(笑)

扉を蹴り開ける足

私の姉は教職をしていて、その同僚の先生が実際に体験した話。


北海道A市のすぐ近く、Y町の小中学校にて。


日も暮れかかり、部活動の時間も終わって、残っていた生徒も先生も
帰り支度をしていた時の事。


置いて来た忘れ物を取りに、先生一人と生徒数人は音楽室へ。
夕暮れ時なので廊下も薄暗く、すぐ終わるからと電気もつけないで
皆ワイワイと音楽室の前まで到着。


生徒の一人が、音楽室の扉を「ていっ!」と蹴り開けるフリをして見せました。
音楽室の扉は、よくある鉄製の重い防音扉。
そう簡単に開くはずもないのですが、蹴り開けるフリをしてから一呼吸置いた後、
独りでに扉がバーンと大きな音を立てて、勢い良く開きました。


仮に全体重を乗せた蹴り方をしても、そんな重い扉が簡単には開かないのに、
直立の姿勢で、爪先で軽く蹴飛ばすフリだけで勢い良く開いてしまったのです。
しかも1テンポ、ズレて。


皆絶句して、その場に立ち尽くします。


隣にいた別の生徒が、ポツリと一言。


「・・・今やったの、お前?」
「・・・いいや、足、当たらなかったもん・・・」


その時、その生徒の後ろに立っていた先生は見てしまっていました。

生徒と生徒の間の「空間」から現れた、別の誰かの足首だけが、扉を蹴飛ばす瞬間を。


「うわあああぁぁぁっ!」


全員絶叫して、職員室になだれ込みます。
「せ、センセ、今、今っ・・・!」


その「足」を見てしまった先生曰く、足首が履いていた上靴らしきスニーカーですが、
今の生徒が履いている物とは明らかに違う、相当昔のデザインだったそうです。


その音楽室、「何かしらの気配を感じる」との事で、私の姉も放課後に一人では
行きたがらないのですが・・・


-------------


その学校には、某警備会社の監視システムが導入されていまして、
先日、深夜にその音楽室の準備室にて、動態感知のセンサーが作動しました。
校長も警備会社も、警察も現場に駆けつけましたが、調べても変な所は一切無く、
皆、首を傾げたそうです。


センサーが、蛾か何かの虫に反応したとも思われましたが、虫は入っておらず、
場所的にも季節的にもありえないとの事でした。
棚か机の上に乗せておいた物が落ちた訳でもなく、結局、原因は今も不明のままです。

あ、いきなり脱線しますが。(笑)


この季節となれば札幌は、よさ「故意」「騒乱」祭り。
道路封鎖までして、只今絶賛大迷惑中!
今年も何か問題起こして、バッシングが来るのでしょうか?
毎回、朝早くから近所迷惑な騒音まみれの練習で苦情が相次ぎ、
今年から音量は75dbまでと制限まで食らったそうじゃないですか。
守れなかったグループは出場停止ですって。
委員会も、ようやく重い腰を上げましたな。


ま、そんな話はどうでも良いんですが。
閑話休題。


今日明日と、初夏どころか真夏日に手が届きそうな勢いで、
一気にチューブが冬眠から目覚めそうな季節になりつつありますが。
(ど〜いう例えだぃ)


そうなるとやはり、稲川淳二氏もそろそろ冬眠から目覚めるのでしょう。
(ある意味こじ付け)


私、このテの話は結構好きでしてね。
全部を信じる訳じゃありませんが、どう考えても理屈に合わない
不思議な事が起きる、そんな事はあると思うんですよ。
実際に体験している事もありますし。
今回は、そんなお話をば。
(前置き長いよ)


----------------


今の職場に転職してから、最初の夏。


事務所の玄関は内側が自動ドアなのですが、何故か人がいないのに
勝手に開く時が良くありました。
私が廊下を歩いている時にそれを見たのも、1ヶ月に数回。
勿論廊下は、自動ドアのセンサーからずっと離れています。


割とセンサーも過敏な場合がありますから、天井付近の溜まった熱気が
揺らいだ時に、誤動作するのだろうと思ってました。
実際、虫が飛んだだけで動く事もありますからね。


そして後日。


基幹システムの誤動作で、前日に入力した受発注伝票を再入力する事になり、
部長と経理の女の子と私の三人で、止む無く休日出勤。
何とか夕方前に作業も終わり、帰り支度をしていた頃。


あちこちの戸締りを確認して、ふと玄関に目をやると、
また独りでに自動ドアが開きました。


「・・・今、勝手に開きましたよね・・・」
「うん・・・」
「・・・」
「ま、まぁ、以前も何回も勝手に開く所見てるから、単に誤動作なんじゃない?
 熱気の揺らぎとか虫とかでも、簡単に開くらしいし」
「あ、そうなんですか?」


そう言って安心させ、更に私は最後の一言を飲み込みました。


「今、秋なんだけどね」


そう、時はもう11月の下旬。あと一月もしないで雪が降るような季節。
揺らぐような熱気も無く、飛び回る虫ももういません。


しかもこの自動ドア、土曜の午後や日曜・祝日は、中からは出られますが
外からは暗証番号を入れないと開きません。
なのに、人影も無いのに自動ドアは開きました・・・
我ら以外の「何か」が出て行ったんでしょうか?


建物自体はまだ建って数年、何の曰くもありません。
でも何故かこの年だけ、自動ドアが勝手に開く所を、私だけでなく何人も、
何度も目撃しているんです。
センサーの修理や調整をした訳でもなく、翌年からはこの現象は
パタリと無くなりましたが・・・


・・・何か「人外の存在」が出入りしていたんでしょうかね?

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事