あぁ、徒然なるままに

ちょっと偏った趣味と、独断と偏見をつらつらと〜♪

言葉

[ リスト | 詳細 ]

最近の崩れた言葉に物申す!
記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

「学」と「楽」

ブロ友さんの「名言」つながりで、折角ネタを振って頂いたので、
「名言」と言えるかは判りませんが、ここは一つ、
私の頭の片隅にある言葉を書いてみたいと思います。

今日はいつもの私と、ひと味もふた味も、三味も四味も違うぜ!
七味唐辛子並みに、ピリ辛シリアスに参りますよ♪
のっけから雰囲気ぶち壊してどうする。>私
ふふっ、それが私のライフスタイルなのよ!(意味不明)

寂しい一人ボケツッコミはさておき。


さて、表題の件ですが、
両方とも「ガク」と音読みできる漢字ですね。

「学」という文字は、私もこの歳になると、
改めて「学ぶ」ことは、少々しんどくなって来ました。

「元々そんなに学んでないじゃないか」

という、鋭いツッコミはスルーしつつ。(<するな)

「苦学」という言葉があるように、学ぶことは決して楽ではありません。
増してや、睡眠学習とか、楽をして学ぼうと言うのは論外です。

とは言え、「勉強」も楽しいものではありません。
私も、ご多分に漏れず、小さいときはそうでした。(笑)
・・・いや、大きくなってもか・・・(自爆)

ただ、好きな分野に関しては、好奇心が後押しし、
実際に学んでみると、これがまた、追及する度に楽しくなります。
これは誰しも経験があるのではないでしょうか。

何か例を取り上げてみるとすれば、
音楽(オンガク)だと解りやすいですね。
イメージ 1

「音楽」も単純に聴くだけでなく、
「どうやってこんな音を作っているんだろう」とか、
「作ってみたい」とか「演奏してみたい」とか、
ちょっと踏み込んでみたら、否応なく学ばねばなりません。
専修課程や音楽大学があるくらいですから、
その分野は「音学」なのです。

そして、本当に学んだ方々が作り上げた楽曲を、
聴く側も学びながら聴くと、より深く楽しめます。
「学ぶ」が「楽しい」に変わるんですね。

ですので、私は「音楽鑑賞」を趣味とされている方は、
ジャンルを問わず、何かしら「学ぶ」姿勢を持っている方と
(勝手にですが)思っています。

これは音楽に限らず、他の分野でも同じではないでしょうか。


これまた例えば、私の娘は「お月様を見る」のが大好きなのですが、
イメージ 2

何故、お月様が見えるのか。
何故、お月様はいつも同じ模様に見えるのか。

月の満ち欠け、日食・月食。
その明るさや大きさ、太陽と地球と月の距離。
公転距離と軌道、質量・重力。
その他モロモロ。

それらを知っていると、身近な天体ショーが、
ものすごく絶妙な「奇跡」の上で起きている現象と言うのが
良く解ると思います。

三歳半の娘には、まだ全く理解はできませんが、
学校の理科で学ぶようになれば、
色々なことを面白く教えたいと思います。

ここで一つ、私の持論をば。

「楽をして、学ぶことなかれ。
 学ばずして、楽しむことなかれ。」


これに付随して、近々、写真とカメラネタも書こうと思います。

-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

あだ名

皆様、お元気でしょうか。
決算作業と人事・労務関係、新基幹業務システム導入と対処に加え、
怪しい勧誘電話の撃退役を、段違い平行棒でこなしている
ちょちょ山でございます。

気がつけばゴールデンウィーク。
五月病も顔を出し、現在、ネガティブキャンペーン絶賛実施中・・・のはずですが、
何故か今年は、去年よりも仕事内容がハードにも関わらず、
決して平坦ではないものの、何とか持ちこたえながら、
仕事をぬるぬると、少しずつ消化しております。
ただ、時間がなかなか取れないので、遅ればせながらも
ブロ友さんのサイトには、ポチを押し逃げしておりましたが・・・

連休でもあるし、ちょいとスキマ時間での惨状参上です♪


さて、表題の件ですが。

先日仕事中、事務所にいた女性陣が、それこそ手の空いたスキマ時間に、

「そう言えばよく、部長から『ミズノちゃん(仮名)』とか呼ばれてない?」
「でも何だか、あだ名ってあったら可愛くないですか? 『○○ちゃん』とか。」
「・・・チャン・ミズノとか?(笑)」
「それじゃあ、外国人じゃないですか。(爆)」

とか、皆で笑っている傍で、

「本名は『アグネス』とか言ったりして。」

とか、

「私は家で、娘に『おいちゃん』と呼ばれてます。」

とか言おうかと、ふと私の頭を過ぎりましたが・・・

・・
・・・

・・・言えなかった・・・


家やブログでは、ネタが滑ろうが何しようが、

「ここで言わずにおらりょうか」

と、要らんことをまぁ、べかべか、べかべかとしゃべくり倒す私ではございますが、
事ここ、家から外に出てしまうと、自分のキャラクターが変わってしまうのか、
言ったが最後、ウケたの滑ったの、どっちにしても
自己嫌悪になりそうな気がして・・・(苦笑)

・・・言えなかった・・・


私、自意識過剰なのかしら・・・


・・・えぇ、内向的な人間ですが、何か?(自棄)

謎が謎を呼んで、次回に続く。(のか?)


イメージ 1

自宅向かいの中学校の桜の木。
今年もまた会えました。


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

罰ゲーム

朝、出勤時に地下鉄の入り口でよく会います。

「○●実現党」

水色の「のぼり」を立てて、自分も突っ立って。
学校・会社に向かう人々に、ただひたすら

「いってらっしゃい」

・・・まぁ、党名からして、

「○●の科学」

の信者であることは間違いないと思うのですが・・・

いや、他人に害を及ぼさなければ、誰が何を信じようと
あたしゃ知ったこっちゃないんですがね。

ただですね、信者の方々。

仕事が集中して、身も心もボロボロになりながら、
目の下にアイシャドウ隈取を宿し、重い足取りでトボトボと、
生きて行くために仕方が無く、
「職場」と言う「死地」へ赴く私に、
こう声をかけないで頂けますでしょうか?

「逝ってらっしゃい」(←誤植に非ず)

思わず、

「イヤだ!」

と反応してしまいましたよ、おいちゃんは。
全くもう。(本当)

「○●」「サイエンス」と謳う以前に、
「○●」なんでしょうか、この方々は?


許されるなら、問いたい。

粉雪の舞う寒空の下。
のぼりを掲げて立ち尽くし、壊れたロボットのように
ただひたすら「いってらっしゃい」と繰り返し、
誰にも返事をされぬまま、一瞥すらされぬままに、
世間からの無視率100%の、寂しきこの方々に。

「罰ゲームですか?」(斬)

さて、クイズです。
「○●」にはどんな文字が当てはまるでしょうか?

正解は、56億7千万年後に!

・・・弥勒菩薩が来ちまうな〜・・・

イメージ 1


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

しわす

何ででしょう、イヤに寒さが身に沁みる・・・
去年の今頃、こんなに寒かったですかね?
一度積もった雪はほとんど溶けてしまいましたが、
風のまぁ、冷たいことと言ったら。

気が付けば、師走ですね。

「師走」

の語源を、皆様、ご存知でしょうか?

「師が走り回るほど忙しい」

ことを表す意味で捉える方が多いですが、本当はそうではなく、
別の意味があります。

昔の人々は、今よりずっと平均年齢が短く、
生きることと表裏一体の「死」を常に意識した哲学を持っておりまして。

「師走」=「死はす」(死は、すぐそこに「おわす」(←いらっしゃる))

から来ておりまして、数え歳で自分の歳を勘定していた当時、
しかも織田信長のような戦国時代では「人生五十年」なんて言われておりましたから、
年末年始は、自分の生きられる残り年数のカウントダウンの感覚があったのでしょう。

よく、

「正月や 冥土の旅の 一里塚」

なんて句もあるのが、それを表しています。

・・
・・・

な〜んて、ウソ八百八町

思いつきだけで書きました。(本当)
本当の意味は・・・ネットで調べて下さい。(←思いっきり丸投げっぱなし)


最近、全然写真をアップしていなかったので、
丁度去年の今頃、小樽にて遊佐未森嬢のライブに赴き、
会場の入場待ちに撮った写真をば。

イメージ 1
-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

もしもし

先日、朝の通勤途中に、向かいから歩いてきたサラリーマンの男性が、
ポケットからポロッと、何かを落としました。

数mしか離れてなかったので、すれ違いざまに「何だろう」と落ちたものを見てみると、
なんと、銀色に輝くクレジットカード。

すぐさまカードを拾い上げ、Uターンして先の男性を追いかけ、

私 「もしもし、こちらのカードを落としませんでしたか?」

男 「・・・ああぁ、すいません、ありがとうございます!」

カードは無事、持ち主に帰りました。

カードの種類や名前は見ていなかったので判りませんが、
左上隅に、青地に黄色で「T」のマークがあったのは判りました。
イメージ 1

・・・うみゅ、DVDはツタヤで借りるんだね。(笑)


しかしどうなんでしょ。
普段クレジットカードを、裸でポケットに入れておきますかねぇ?

これは私の勝手な想像ですが。
スマートフォンのケースの内ポケットに挟んでいたんじゃないでしょうか。

地下鉄のカードを挟んでいる人をよく見かけますし、
財布に入れるより、いつでも手にしているスマートフォンのケースに入れておけば、
何かしらの支払いのときに直ぐ出せるからであろうかと。

その男性がカードを落としたときも、手をポケットに入れる直前でしたから、
スマートフォンが逆さまになったときに、ケースからポロッと。

「ながら族」の皆様。
始終、スマートフォンばかりいじっていると、こう言うことが起きますよ?


・・・と言う話を、帰宅してからカミさんにしたところ、

妻 「今時『もしもし』って、声かけるんだ」

と、爆笑されてしまいました。


・・・あ、聞くポイントはそこなの?(苦笑)


-------------

「にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
アート写真ブログランキング参加用リンク一覧
\?\᡼\? 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事