ここから本文です
ラストディッチ〜盛岡で戦争収集〜
地元 盛岡の戦争物やそれ以外でも世界大戦物を集めています。

日本陸軍 将校長靴

お久しぶりです。
物は有るのですが、中々気持ち的に時間が作れず今日になってしまいました、、

本日は
日本陸軍の将校長靴です。

イメージ 1



よく見る将校のイメージ

イメージ 2



茶革だとまた違う雰囲気というか
黒の方が締まった印象


イメージ 3

手が込んだ縫い


イメージ 4

ここら辺はドイツ軍と変わりないと思います


イメージ 5

裏は鋲がなく、歩きやすそう


イメージ 6

製造は
京城岡崎町の中嶋洋靴店

京城とは、日本帝国占領下の
現韓国ソウルのことです。

またお時間がありましたら
お付き合いお願い致します!

この記事に

今回は日本海軍の帽子入れです。

イメージ 1



将校が艦内に持ち込んだ際、
型崩れしないようにハードケースでできております。
陸軍は厚紙箱物が多い気がします。

特に他に説明の仕様がないので
画像だけパパッと

イメージ 4


イメージ 2


イメージ 3



使われた形跡があまりないです。
カラーは2色あり、この様な濃いカーキ
あとは軍艦色のグレーです。

素材がよく分からないので
ジェラルミン?詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

この記事に

日本海軍士官軍帽



今回は日本海軍の士官軍帽です

イメージ 1



士官用の立派な造り

イメージ 2



ツバの革も状態がいいです

イメージ 3



前章

イメージ 4



織り出し部

イメージ 5



ボタンも
海軍用ボタンです

イメージ 6



マネキンに丁度曹長服を着せてたので

イメージ 7



海軍物はまだ集めて
1年程なので陸軍物より全然物が無いですがまだ有るのでその内アップしたいです

この記事に


今回はナチスドイツの
M31型水筒です

イメージ 1



イメージ 2


ドイツ軍の必需品で、今でも水筒は本国でも手に入れやすいそうです

その辺は日本軍と同じですが
ドイツ軍水筒はパーツ類が多い為
再組み合わせ品も多いです

製造番号ESB44のマッチング品

イメージ 5


イメージ 3


イメージ 4

裏側

イメージ 6


コップも付いていて
かなり便利ですね
ヨーロッパアンティークといった所

イメージ 7

この水筒は鉄製になっていて、

今まで使用していた
アルミニュウムは航空機の材料として、1942年頃 に切り替わったようです。

塗装が赤いのは防錆処理だとお聞きしました。


次回もよろしくお願いします!


 

この記事に

開くトラックバック(0)

日本海軍三種士官略帽



新年明けましておめでとうございます!
忙しく、放置してましたらもう2月に入ろうと(汗

今回は
日本海軍三種士官略帽

イメージ 1

通気穴の荒さがなんともですが
中田商店の図鑑の実物も同じ

イメージ 2



前章の絹織り出し

イメージ 3



粗い通気穴

イメージ 4



その他

イメージ 5


イメージ 6

自分には
実物か不明な品で、これに関しては
なんとも言えません

次回もどうぞよろしくお願いします?

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事